盤屋さん改めTARACO社長のブログ

サッカーワールドカップで

[テーマ:徒然なる日常]

                
昨夜のサッカーワールドカップでの日本代表の大活躍、
感動と共に、たくさんの勇気をもらいました。

PK戦で、惜しくも負けちゃったけど、
本当に、ご苦労さま、  ありがとうございました。

次回こそ、ベスト8入り、がんばってください。

サッカーの試合諸々の感想については、
にわかサッカーファンの私が語っったところで、
おもしろくもなんともないので、
それは、サッカーに精通している方々にお任せするとして・・・・

今回ワールドッカップで、
私がたいへん勉強になったことには、
ウルグアイの、パラグアイが挙げられます。

今回ワールドカップでの、
日本の思わぬ大活躍から、
連日の各国代表の好試合の激戦を観戦するに及んで、

ウルグアイの首都は、パラグアイなんですよって言われても、
ワールドカップ以前の私なら ・・・・ そう、なんやぁ〜って認めちゃうくらい、
ウルグアイについても、
パラグアイについても、
それが国名なのか、都市名なのか、
おそらく南米にあったとして、
南米のどこに位置しているのかも、
全くなにも知りませんでした。

今は便利な世の中で、
インターネットで、Googleで検索すれば、
Wikipediaに、両国のことが詳しく記載されてあり、
確認させてもらいました。

バカが、またひとつ賢くさせてもらった、
私にとっての、また違った趣のワールドカップでありました。

祖母ちゃんの思いで・・・

[テーマ:徒然なる日常]

               
早食いで、大飯ぐらいは、
わたしの子供の頃からの特技?自慢?だったと言える。

若い頃は、大いに飲んで、大いに食わねば、
男じゃねぇだろの、若気の勢い、思い上がりがあった。

しかし、最近 ・・・ 祖母ちゃんに言われた言葉が
なんとはなしに、思いだされては、 気にかかる。
                
                 
光道、

人は生まれた時から、生涯の食べる量が決まってるんやで。

大食いは、生涯の食い分をあせって食べてるから、早死にするで。

食べ過ぎたら、胃の病気になるやろ。

食べ足りんで、胃を患う人はおらへんで。

おいしい思たら、余計、人さんに分けてあげるんやで。

そしたら、もろた人、喜んで食べはるやろ。

それ見て、あんた(私のこと)、うれしなるやろ。

そしたらな、うれしなった、あんたの寿命も、伸びるんやで。
              
             
この夏で、50歳半ばになりなんとする私。

優しかった祖母ちゃんのことが、

こんな形で思いだされる年代?生活?健康状態?になりました。

ふり返って・・・

[テーマ:50歳のIT]

             
先週一週間、ふり返ってみれば ・・・・
多分、日々の発生業務を消化しつつ ・・・・
しかし、わたしの記憶の大半は、
ひたすら ?新製品タラコケーブルラミネート銘板? の
ホームページ作成にかかずらわっていたという印象が強いです。

HP開設時から、数年前まで、
ホームページだけは、外部制作にずっと依存してきていたのですが、
昨年から、本格的に自作するようになりまして、
今回の新製品サイトの建て付けで、
已然、素人なりではありますが、素人なりにも、
少〜し、見えてきた感がでてきたって、   ゆんでしょうか ・・・・

少なからず、
HP作りこみに対しての最低限の技量が、
ようやくにして、少〜し身についてきて、
1年前だと、もうサイトの作りこみだけで、
いっぱい一杯の精一杯だったものが、
まっ、少し見せ方や、訴え方に工夫配慮できるようになった ・・・って感じ。


わたしのこんな感想ですが、多分どなたも体験されていて、
なんとなく共感頂けるかと思ってるんですが ・・・・

なんか新しい事はじめると、 ・・・ 壁にぶつかりますよね。
一言で言っちゃえば、うまく思ってる通りにできない。

やめちゃお、止めちゃおという心倒す、弱い自分の誘惑の声を
なんとか、かんとか折り畳んで、仕舞いこんで、
その壁をのりこえようと心起こしては、
あーでもない、こーでもないと自分なりの工夫をくりかえしていると、

ふと、気がつけば ・・・・
あんなに意識していた壁が、消えてなくなってしまってる。
ヤッター、うれピー。

まっ、しっかし、そこは人生、よくしたもんで、
次の壁なるものが、眼前をふさいでいるんですけど ね。
ブブブブ・・ブゥーーー。

でも、カット&トライを繰り返しているうちに、
少しっつ自信がついてきて、
? 50歳のIT ?の楽しさが、
少〜し味わえるようになってきたというのが、正直な今の心境です。

鬼籍の晴れ男

[テーマ:徒然なる日常]


我が家にとって、今日という日は、
昨年77歳で他界しました、家内の父の一周忌法要の日。

先週から、こちらも梅雨入り。

今日という日のお天気を、
家族みんな、毎日の天気予報を確認しあっては、
大変気にしておりました。

そして、先週前半の天気予報では、ご多分にもれず ・・・・ 雨。

で、昨晩の天気予報で、曇/雨.... び ・みょう。

一応、家族みんなの願いとしては、
雨は、もっとも、勘弁、・・・ィヤだ。
かと言って、カンカン照りも、礼服だけに困る。

適当に曇って、暑からず・・・が、第一希望。

お恥ずかしい限りですが、まぁまぁ、実に勝手なもんです。

で、鬼籍に入ったおじいちゃん。
何を隠そう? 晴れ男 ?だったんで、

「じいちゃん、明日、雨はなしよ・・ 」 ってお願いする始末。

で結果 ・・・・・

私は、朝から雨だと予想していたのですが、

家族思いだった鬼籍のじいちゃん、
またまた、あの世でも、家族のこと思って働いてくれたのか ・・・

曇り。

奇跡です。

じいちゃん、ありがとう。   感謝/合掌

キャッチコピー

[テーマ:ビジネス]

                    
「すべてを変えていきます。もう一度。」

今、話題騒然で、予約殺到の iPhone4 のキャッチコピーです。


「世界中のありとあらゆる情報を整理し尽くす。」

情報発電所を標榜する、Google の構想を示す社是?ミッション?
ともかく、この一言で、Google という企業が、
どこを目指しているかイメージさせる素晴らしいキャッチだと、私は思います。


こんなことを書くというのも、
新製品のタラコケーブルラミネート銘板を市場に出すにあたって、
そのキャッチコピーで、頭を悩ませているからです。

どろくさ〜いキャッチでいいから、
ユーザーの心に響くキャッチにしたいもんだと ・・・・

そこで、今思いついているもので、
多分に、今回の新製品で、使ってみたいと考えているものに ・・・・
                    
                    
「既成概念に囚われない、斬新なケーブル銘板」

うぅぅぅぅぅ     今一歩か なぁ〜 ・・・・・・。

アダモ、カッコ!

[テーマ:50歳のIT]

                   
高校生の次男は、

わたしの、ICT社会への仲介案内人である。

昨晩、夕食を済ませ、風呂から上がってきたら、

ふらりと、2階から下りてきて、

食卓に腰かけて座ってる次男がおりまして、

一人悦に入ったように ・・・・・iPhone ながめながら、

「 アダモ、カッコ。   アダモ、カッコ ・・・だなぁ。」

と呟いておりましたので、私は・・・

あの80年代 「俺たちひょうきん族」 で一躍人気を博した、

「ペーイ」 と叫びながら暴れ回る、

謎のアフリカ原住民 「アダモちゃん」 の事だと思ったのですが、

しばらく様子を伺っておりましたらば、息子の言うところのアダモは ・・・

DELL社製の 超薄型ノートパソコン Adamo のことで、

平均 9.9mmの厚さで、エレガントなデザインを

愛用の iPhone の画面で見ては、

「 アダモ、カッコ ・・・ 」 とため息を連発していたんでありました。

アダモ ・・・・って、そうなんやぁ〜、ネタ帳にメモっとこ。

そんなこと思った、デジタルデバイトなりそこない親父の私でありました。

今年の梅雨入りは・・・・

[テーマ:徒然なる日常]


昨夜から、ずっと雨が降ってます。

こちら(東京地方)も、梅雨入り... でしょうね。

今年は、春からの天候不順の影響で、

あじさいの色付きが遅れていると聞いています。
                       
                       
そんな今年の梅雨入りを聞いて ・・・・

あの東国原さんの、

宮崎県における ・・・

口蹄疫に端を発する、今次の宮崎県内非常事態宣言下での、

おびただしい数の牛や豚の殺処分に、その埋却作業が

ニュースで放映されるのをしばしば目にしているだけに...。

そこに、追い打ちをかけるような梅雨入りだなぁ ・・・と思ってしまいます。
                  
                    
どうか一日も早い口蹄疫の終息を、

ただひたすらに、心から祈るばかりです。

雨天の中の作業、何とぞ、事故の無いように。         合掌

チコっと、チコっと ね ・・・・

[テーマ:徒然なる日常]

F1000258.jpg

私にとっては、どこから、どう見たって、

なんとも、 かわゆ〜い、 かわゆ〜い孫娘の寝顔写真であります。

息子のお嫁さんが、私宛、添付メールで、

 ・ ジェイ (←私のこと)、ひよたんの画像を添付しました、見れていますか?

のメッセージ付きで送ってきてくれました。

そんな心使いをしてくれる、息子のお嫁さんに

ありがとうって思わずにはいられません。

無許可で画像アップしたこと、

十年も経たないうちに、孫娘本人から、

 ・ ジェイ、 爆睡写真なんかアップして、ヒド〜イ!

って怒って嫌われそうで、 ・・・・・・ チコっと、チコっと ね、

アップするのに勇気が要った、 

かわいらしい おじいちゃん なんですよ。

あらためて、言葉って大事だな。

[テーマ:徒然なる日常]


情報のやりとりに、
むか〜し昔の、その又むかしは、のろしを使っていました よ ね。
そんなに昔でなくたって、伝書鳩を使ったりもしていましたよ ね。

コミュニケーション(情報伝達)の手段が、
人類史上、今程に発達普及したことは、かつてなかったと、
こんな無学な私にでも、言い切れちゃいます。

いつでも、どこでも、誰とでも ・・・・
携帯電話から、モバイル端末から、
いとも簡単に情報伝達ができてしまいます。

便利になって、ありがたいし、良かったなぁ〜とすんごく感激する反面、
やはり失ってしまう大切なものもあるんじゃないか、 ・・とね。
へそ曲がりのオヤジの私は、 つい思っちゃうわけですよ。

情報伝達の手段が乏しかった頃は、
今よりも、たぶん ・・・察するだとか、慮(おもんぱか)るだとか、
阿吽(あうん)の呼吸だとか、以心伝心だとか ・・・って言われる
そんな人としての感性が、今よりもはるかに発達してたんではなかろうか。

遠く離れて一人住む年老いた親のこととか、
さんざ迷惑をかけた恩師のこととかに  ・・・・思いを馳せる。
そして、久しぶりの再会を果たせた時、
多言は無用で、言葉以上の深い情報伝達が適ったのではないだろうか。

少なからず、今は、昔ほどにそんな感性? 感受性?を使かわずに、
生活してることの方が、だんぜん多いだろうと思うわけです。

情報が洪水のように反乱してるように、
情報伝達するのに、もっとも手軽な言葉も反乱して ・・・・

安易に、できてない心で、見たまま感じたままを、
しゃべくり散らかしてる  自分自身に ね。

 ・・・・ ふっと、思い至ちゃうわけなんです。
                
               
一つの言葉でけんかして、
一つの言葉で仲直り、
一つの言葉で頭が下がり、
一つの言葉で笑い合い、
一つの言葉で泣かされる。

一つ一つの自分の言葉を大切に、
優しい言葉を使うよう心がけたいもんだなぁ〜 と、

息子の嫁さんとも、気軽に連絡がとりあえて、
ホントに便利な世の中で、生活できることに感謝しつつ、

あらためて、言葉って、ホント大事って思う、私がありました。

同世代

[テーマ:徒然なる日常]

                
わたしの幼馴染の中で、唯一 ・・・
小学校 ・ 中学校 ・ 高校 ・ 大学 と全てが同窓というのが、ISくん。

そのISくん、今朝で、かれこれもう3度目でしょうか・・・
駅に向かう出勤途中を見かけたのは。

いつも犬連れの私とは、道路を挟んだ反対側の舗道を歩いていて、
しかも、なかなか厳しい表情で急ぎ足に歩いているので、
これまで声をかけませんでした。

そうそう、やはり幼馴染みのOHくんも
しばしば朝の駅への出勤途中を見かけては、声をかけますが ・・・
いつも気付いて声をかけるのは、私の方で、
彼も、なにか深く考え事をしてるかのようです。

そんな彼らの姿から、
今、50〜55歳迄で、
大手の会社にお勤めで、
中間管理職的なポストにおられる方は、
自営業の私なんかとは全く異なったストレスの中に身を置いて、
日々、それぞれの職務をこなされているように想像します。

会社の現業が、拡大成長していればいいのでしょうが、
成熟期、衰退期、過当競争期に入った段階での、
上から下からの摩擦軋轢に加えて、
定年を見据えた立ち位置の確保という年代だけに、

たいへん難しいのではないんだろうかなぁ...と。

会社勤めを辞して、もう10年。
浦島太郎のような私の、

そんな彼らへの想像は、
実は、的外れの妄想なのかもしれません が....。

私 : 「IS」

IS : 「おぅ、タラオ。 ダルメシアンは・・・(元気か)」

私 : 「この後、散歩だよ。 好きなもんで。」

IS : 「そっか、じゃな」

私 : 「おう、 いってらっしゃい」

私の呼びかけに気付いたら、ニッコリ顔、
わざわざ道路を渡って、近づいてきてくれて、二言三言・・・

そしてまた、反対の舗道の流れに 戻っていっちゃったのでありました。

プロフィール
  • 「多羅尾 光道(たらお みつみち)」
  • (株)コムデックの代表取締役社長。
1956年7月28日生(A型)
趣味:犬の飼育(ダルメシアン2頭飼育中)
小学2年迄、大阪
小3から小4迄、愛知県岡崎
小5から現在迄、川崎
中学2の1970年、父/光隆が、同地にて、タラオ電機(現コムデック)創業
1980年から1999年 和泉電気(現IDEC)勤務
2001年 代表取締役就任
カレンダー
  • 2010年6月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30
最近の記事
テーマ
アーカイブ
コメント
トラックバック

盤屋さんの社長のブログ TARAKOのこんなところで活躍 犬が好き!人が好き!看板犬"もも"のブログ アイデアのタマゴを育てます。 TARACO