盤屋さん改めTARACO社長のブログ

心眼の焦点

[テーマ:徒然なる日常]

               
わたし、つい先日(7月28日)、54歳になりました。
                
人生、一度も入院というものを経験せず、
54歳まで生きてこれたことは、
両親並びにご先祖さまに、ただただ感謝する外ありません。

しかし、年相応、ぼつぼつ、もの忘れがひどくなってきてまっし、
既にもう、1年程前からは、老眼鏡のお世話になってます。

まっ、老眼鏡のお陰で、文字の読み書きには、
少しも不自由せず、日々過ごさせて頂いてますが....。

しかし、例えば、商品出荷の最中とかに、
老眼鏡を、何気に外して置いた場所を忘れてしまいますと ・・・
要は、一たび、老眼鏡が行方不明になりますってぇ〜と・・・
小さな文字に焦点が合わず、結果、仕事にならず で・・・

最近人気の女性芸人同様 ・・・・

「 裸眼の焦点が合わないと ・・・・ なんだか、妙に、イライラする〜。」
ってな、ハメに陥ってしまいます。

で ね。

裸眼で思ったのですが、
心の眼を 「心眼」 って言いますよ  ね。

で、ね。
私なんか心眼の焦点が合わなくなると、
裸眼の焦点が合わないなんて、全然、目じゃない、
途端、たいへんなことになるなって ・・・・・。

「心眼」 のピントがずれると、

頭が真っ白になって、自暴自棄になったりしてる な って。
心が冷静さを失って ・・・
焦ったり、慌てたり、怒ったり、悲嘆にくれたり、思いあがってみたり・・・

そんな状況の時、心眼の焦点が合ってない時なんだ  てね。

心眼の焦点をずらさないよう、
これからの人生、常に慎みを忘れず、
「 明るく ・ 正しく ・ 大らか 」 に生きてゆかねば ・・・・

そんなふうに思った?決意した?覚悟した?
54歳の誕生日付近で、 ありました。

調布の花火大会

[テーマ:徒然なる日常]

                 
昨夜は、毎年恒例、多摩川は、調布の花火大会。

こちらは、打ち上げ会場の調布の対岸なんですが、
JR南武線の中野島駅から徒歩3分と近いこともあってか、

例年、多くの人出で賑わいます。

会社の裏の狭い通路に、三脚たてて撮影

 ・・・・・・ 蚊に喰わたのが、たまにキズ。
                     
10.07.25_051.jpg

10.07.25_052.jpg

10.07.25_059.jpg

10.07.25_060.jpg

拙い画像から、

ドドーーーん、

ドーーん の爆裂音が聞えましたら、  うれしい限りです。

不思議なご縁 ...に感謝

[テーマ:ビジネス]

                
わたし共のような、名もなき小さなメーカが、
全国各地のお客さまと商売をさせて頂けるのは、 ・・・ やはり、
コンピュータの進化とインターネットの普及のお蔭に負うところ、甚大です。

そして、タラコ商品を通じて、
不思議なご縁が、全国各地にできますことは、
わたし達にとって、かけがえのない無形の財産と言えるかと思います。

タラコ銘板の設置場所へわざわざ出向いて行ってくださって、
写真を送って頂きました。

言葉もありません。
人の世のありがたさを、しみじみ味わせて頂きますし、
自分達の仕事の、ものすごい励みになります。

キタデンキさん、ありがとうございます。
                  
10.07.16_DSCF0051.jpg

10.07.16_DSCF0055.jpg

10.07.16_DSCF0060.jpg

10.07.16_DSCF0061.jpg

10.07.16_DSCF0062.jpg

10.07.16_DSCF0063.jpg

撮影場所 : 神戸 中突堤 メリケンパーク ポートタワー展望5階(最上階)

案内パネルの音声アナウンスの言語選択に、タラコのオペレーションパネルが
使われています。

パンフレット作り

[テーマ:50歳のIT]

                     
生涯学習です ・・よ ね。

確か ・・・デヴ夫人が、60歳超えて、
はじめてテレビ番組で、自転車乗りに挑戦した際、
はげしくスッ転んで、慌てて駆け寄って、
「恐くありませんか?」 と尋ねては、中止させようとしたスタッフに、

 「新しいことにチャレンジする気持ちが
     なくなることほど、恐ろしいことはございませんわ...。」 

みたいなことをおしゃったのを聞いて、流石と感心したのを思いだしながら、

週明けから、時間みつけては、パンフレット作りに精を出してます。
                     
そんな私のパンフレット作りの ・・・・ 

?コンセプト? って言うか、

モチベーション維持の合言葉 ・・・・
                
                        
               
       「愚直でいいじゃないか。」  ・・・・・でし。
                      
                      
10.07.14_パンフレット1.jpg

ゲリラ豪雨

[テーマ:徒然なる日常]

                 
今朝 ・・・・って言えばいいんでしょうか、
本日未明、まだ外は暗い 4:00過頃、
我が家のベランダのトタン屋根を激しく叩く、
いわゆる? ゲリラ豪雨 ?の雨音で、
驚かされて、目が覚めました。

去年の梅雨は、
シトシト、シトシトと長雨が続いた挙句、
さぁ、これから夏本番という7月も末になって、
再び梅雨に逆戻りの? もどり梅雨 ?と言う
耳新しい季節用語を覚えた、
肌寒い日が長く続いた梅雨でした。

で、今年の梅雨と言えば、
例年になく、ムシ暑い梅雨ですが ・・・・

その原因は、
梅雨前線が例年より南下、
日本列島を越えて、太平洋上の位置で停滞し、
列島上空には、北の方からの寒気が入り込んできていて、
地上では、海側から入ってきた湿った空気が、
ヒートアイランド現象で、温められて滞留、
上空は冷ったくって、地上は湿って暖っかい。
よって、非常に不安定な気候なんだそうである。

だから、局地風が原因で、地上の暖気が急上昇すれば
あの積乱雲を、予測が困難で、かつ突発的で、
更には、時に同時多発させるということで、
局地的な? ゲリラ豪雨 ?が発生するんだ そうな ・・・・。

局地的ということを、実感させられましたのは、
我が家の自宅から会社は、4km程離れているのですが、
自宅近辺は、さすがに今朝のゲリラ豪雨で、
路面が雨でビッショリ濡れていまして、
そちこちに水たまりの禍根がありましたのに、
会社に近づけば、路面は乾いていて、
水たまりが見当たらないというあり様。

先日の東京板橋の、
大きなニュースにもなった? ゲリラ豪雨 ?の時、
翌朝の多摩川は、きっとかなりの増水だろうと、
自分なりの予想をしていたのですが、
あにはからず、多摩川は、思ったほどの増水ではなく、
不思議、不思議と思った記憶が思い出されました。

宮崎県はじめ、全国の皆さん、
大過なく無事、この梅雨をのりきれますよう、
胸に手を合わせ、静かに祈るばがりです。

参議院選挙

[テーマ:徒然なる日常]

                  
参議院選挙が近づいてきました。

選挙区選出議員、及び比例代表選出議員の
個人票 と 政党票 を、誰に、またどの政党にするかを
日本国民の一人として、自分なりの結論を出さなくてはなりません。

選挙が近づいてくると、
恒例の、各党党首討論のテレビ番組での様子を、
見るとはなしにニュースで見てしまいます。

まったくの政治、政界とは音痴の私の、
最近の選挙に関する所感は、
各党共々、自己主張があまりにも強すぎて、
投票すべき政党、候補者の選択に、
正直、迷うのではなく、 困ってしまいます。

いっそ候補者名に、
岡田 武史(サッカー日本代表監督)、
東国原 英夫 (現宮崎県知事)、はたまた 
大河ドラマの坂本 竜馬 のような候補者と
自書して投票しようかと思ったりもしますし、

政党に至ってや、
中国共産党とは書くわけにいかないので、
(明治維新の板垣退助の)自由党と自書しようかと、
真面目に思ったりしているありさまです。

日本という国が、火急の岐路に立っていると感ずる今、
国家国民を論ずるような見識も経験もない私としては、
会社や家庭を、国家や国民に置き換えて、あるいは見立てて、
判断基準にしているところが、多分にあります。

会社でも、家庭でも、
テレビの公開討論会の如く、
あんなに各自が、
自己中心的としか思われない自己主張をしあったら、
本来なら、火急の事態に直面して、
心一つにして、事態に対処する方向へと
まとまっていかねばならないところを、まとまる気配すらみられず、

こんな調子では、挙句 ・・・
倒産や離婚につながるのではないか ・・・と危惧してしまいます。

参議院選挙を目前にして、
市井の人間の私が、 ・・・そんなこと、徒然に感じてます。

一所懸命の一生懸命

[テーマ:50歳のIT]

                    
下のバナー、
今月で54歳になりなんとする、私の渾身のIT作品です。

脳みそから、変な汗?汁? 滴らせながら、
新製品のタラコケーブル銘板を訴求する
ホームページのトップ画面に配置されるバナーなんです。

スマートじゃないけれど ・・・・・

一所懸命、真摯に、必死こいてる営業感が醸し出せていましたら、

あな、 うれしいや ・・・・です。
                    
10.07.03_HP_TOP_Bunner_r1.gif
                         
さぁ〜て、このタラコのノウハウの結晶の新製品 ・・・・・

これから、如何なりますことやら、

楽しみでもあり〜

恐ろしくもあり〜

というのが、只今の偽らざる心境です。

笑顔で 「ハイ」

[テーマ:「チーム TARACO」の話]


やはり笑顔って、  いいですよ ね。

飛行機の機内、客室乗務員さんに、
ものを頼むと、笑顔で返事をしてくれます。

もう、その笑顔の返事だけで ・・・
たったそれだけで ・・・

「 (この女性) 俺に気があるんじゃないか」 って・・・・

まっ、 

そこまで〜 

思いこむ アホは、 私ぐらいとしても ・・・・
                
             
人に喜んでもらいたいと思っている人に、
何かものを頼むと、さわやかないい返事になって
返ってくるんものなんではないでしょうか 。

相手に喜んでもらいたいと願う気持ちの大きさは、
返事の仕方ひとつで、わかっちゃうものなのかもしれません。

名前を呼ばれて、 笑顔で 「ハイ」。

その場の空気が、いっぺんに明るくなったことがあります。

たったひとつの返事が、
その場の空気を明るくもすれば、一気に暗くもする。

笑顔で 「ハイ」。

私、 心がけなければいけないと ・・・・ 思ってます。

プロフィール
  • 「多羅尾 光道(たらお みつみち)」
  • (株)コムデックの代表取締役社長。
1956年7月28日生(A型)
趣味:犬の飼育(ダルメシアン2頭飼育中)
小学2年迄、大阪
小3から小4迄、愛知県岡崎
小5から現在迄、川崎
中学2の1970年、父/光隆が、同地にて、タラオ電機(現コムデック)創業
1980年から1999年 和泉電気(現IDEC)勤務
2001年 代表取締役就任
カレンダー
  • 2010年7月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
テーマ
アーカイブ
コメント
  • 心眼の焦点
     └ Anonymous (2010.08.08)
     └ 多羅尾 光道 (2010.08.09)
トラックバック

盤屋さんの社長のブログ TARAKOのこんなところで活躍 犬が好き!人が好き!看板犬"もも"のブログ アイデアのタマゴを育てます。 TARACO