盤屋さん改めTARACO社長のブログ

2012年6月 4日

一字違いで大違い

[テーマ:徒然なる日常]


一人寂しく食べる孤食という言葉を、
テレビやニュースで、 しばしば耳にしています。

飽食という言葉は、上の孤食以上に、
わたし的には、よく耳慣れた言葉になっている気がします。

美味しいもの、珍しいもの、高級なもの ・・・・・

食べることには、やはり関心が高いもので、
夜のゴールデンタイムは言わずもがな、
朝のテレビでも、料理番組が組まれていますし、
多分観る機会があれば、自然に観てる自分がいると思われます。
  
  
しかしまた、 どんなにお粗末な食べ物でも、
空腹で、お腹ペコペコ状態で、口にできた時には、
どんなごちそうより、うまいと実感する自分がいるのも事実です。

更に、気の置けない家族や仲間と、
和気あいあいの楽しい会話を交わしながらの食事とくれば、
その美味しさは 2、3倍それ以上に膨らむことも知ってます。
        
「美味しい」 ものを食べるのか、
「美味しく」 食べるのか、
一字違いで大違い。

美味しいもん食べることに躍起になるんやのうて、
美味しく頂くということも、 忘れんようにな。

実は、よく祖母に言われていたことなんです。
             
           
              


金→循環→日々→食

[テーマ:徒然なる日常]

12.05.21_002.jpg 

昨日の朝、私の携帯から観測用レンズなしで撮影した、
会社裏手から見えた金環日食の画像。

天気予報は曇りだったし、
丁度会社の朝のあわただしい清掃の時間帯で、
今の社会というのか、自分の心持を象徴し皮肉られてるような、 
金 → 循環 → 日々 → 食べる ・・・みたいな 「金環日食」 という用語からして、

さしたる興味をもてなかったはずの  私だったのですが ・・・

その金環日食の始まる直前が、
丁度、会社に出社する車を走らせている時間帯で、
その運転車中から見えた登戸駅の道路を橋渡しする陸橋の上、
東京の世田谷へと繋がる水道橋の上、
そして多摩川の土手のサイクリングロードの上・・・・

視界を遮るものがない場所という場所には、 人ひと人。

それもどの人も皆んな、
なぁんか ちょこっと うれしそな・・・・、
わくわく  ウキウキ感  漂わせる雰囲気を漂わせてるようで、

そうなふうに 感じたもんだから、

一応 自分の生きている間で、もう二度とない天体ショーだしぃー、
まぁ ちょこっとでもその臨場感を共有できれば  なんて 思いまして、

掃除の合間に、当然 観測用レンズなしで撮影した金環日食画像です。

実際には、ニュースで見られるリングが綺麗に見えていました。
              
            
            

幸福、満腹いっぱいの食事

[テーマ:徒然なる日常]


最近の幸福感じた我が家の食卓。

  ****************************

さばの塩焼き、厚焼き玉子、きんぴらごぼう、しらすおろしに 豚汁。
これに、熱っつ熱の大盛りごはん。

日本人ならでは、 得も言われぬ し・あ・わ・せ を感じずにはいられませんでした。

  ****************************

ケチャップたっぷり 懐かしのナポリタン。

具材は、玉ねぎ。
多めのピーマンに、 ソーセージ。
粉チーズ、タバスコ 必須。
食後、とうぜん口の周囲は、ケチャップでべったり。

ふと無性に食べたくなるんです。
たまりません、たまりません。 これっこれ を連発しました。

  ****************************

熱っつ熱の分厚い手こねハンバーグ。
トマト、きゅうり レタスのサラダ。  マヨネーズ。
これも熱っつ熱のコーンクリームスープ。
で、白いごはん。

家庭ならではの分厚いハンバーグは、やっぱり食べ応え満点。
ハンバーグを食べた どぉぉぉ って、満腹の実感に浸りました。

  ****************************

毎日の家族の食事メニューに始まる、食材・食器の準備から調理、後片付け。
その創意工夫は、尋常一様では治まらないと、
最近になって、ようやく すこぉーし 思い致せるように なれました。

母親や、 家内には、  深く 頭を垂れるばかりなりけり。
                 
               
             

探しモノは、 ・・・・何ですか?

[テーマ:徒然なる日常]

私は、どうもモノへの執着心が強いんだな、と思わずには入られない。
ついつい勿体ないと思っては、  なににつけ捨てられずにいる。

結果、身の回りというか、
デスク周辺は、いつとはなしに雑然としていて、

老化のモノ忘れも手伝って、
モノ探しに取られる無駄な時間が  ・・・・結構、多い。
 
それこそ、勿体ないと言えるのかも 知れない。

家内や次男のスタンスを観察していると、 

「 用済みの使わなくなったモノを整理もせず、
一杯にとっておく方が、時間、空間において勿体ない。 」

という信念で動いているようだ。
   
   

********************************************************
   
           
今思い出せば、
子供の頃、
お爺ちゃんと 一緒に入った湯船の中で、

「 光道、 お風呂に入るとき、裸で入るから気持ちがいいんやで。 」

これも、私のモノへの執着を捨てることを、
かんでふくむように諭した言葉ではなかったかと、  

                    今頃になって、思いだされるのであります。
            
            
            
             
        


遺伝子 で .....

[テーマ:徒然なる日常]

私にとっては、かわゆす かわゆすの孫のひよりです。

お土産に買ってもっていった不二家のケーキ。

爺ちゃんの私が  よりによって選びました。
 
容器や飾りで、こんなの 好きかなっ?
こんなら食べてくれるかな?

チョコ、食べさせて大丈夫なの か な?
チョコ好きかな? 

久しぶり、ホント久しぶり、
ケーキなんってものを買うのに、  あれやぁ これやぁ と悩んだのでありました。
    
で、  結果 .....

  どっかのお爺の遺伝子をもろに受けて、  
       
           なんでも  おいしそうに食べよる。 食べよる。 
         
120409_DVC00027.jpg
120404_PHOTO026.jpg
               
              
                
               

やっぱり、心に残った宣誓

[テーマ:徒然なる日常]

震災から一年。
 
それまで ・・・・  少なからず  私においては、 
今日があって、明日がやって来る。
余程の事情でもない限り、そう思って暮らしてきました。
  
夜になれば、  「 おやすみ 」
朝になったら、   「 おはよう 」
充実感のあるなしとは別に、
こうしたリズムが、ごく普通の生活意識として、
私の心の中に、 根付いていました。
 
****************************************************

春の選抜高校野球の石巻工業の岡部主将の宣誓の抜粋から、

・・・・ 

人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは
苦しくてつらいことです。

しかし、日本がひとつになり、
その苦難を乗り越えることができれば、
その先には必ず大きな幸せが待っていると信じています。

だからこそ日本中に届けましょう  感動、 勇気、 そして笑顔を。
見せましょう、 日本の底力、 絆を。
         
・・・・・

大きな希望の灯をともす原動力を、高校球児から頂きました。
  
****************************************************
   
不幸を治す薬は、ただもう希望より外にない。 

その希望の象徴、  それは子供の笑顔。

昨今の子役ブームは、

そんな世の中の気質を反映してるのかなって、  

一人思っています。
            

I understand ! 電気スタンド!ガソリンスタンド!

[テーマ:徒然なる日常]

 
努力の努という字をながめると、
奴隷の 「奴」 に 「力」 と分解できます。

よって、「努力」 するということは、
低い低い心になって、
力を積み重ねないことには、
「努力」 とは言えないんだ 成果は上がらないんだと、
一人勝手に自己流の解釈をしては、
そうであらねば ・・・ どうにもならんと、考えてやってきました。

こんな解釈ができるのも、
漢字文化の日本に生まれてきたからか ・・・ とも思ってきました。

しかし、英語の 「理解」 するという ・・・・ understand も分解すれば、
under (下に) + stand (立つ、位置する) となることにふと気付きまして、
相手を理解しようとするなら、相手より下に位置しなければ、
上から目線では、到底 何事も理解できるわけがないと思えたら ・・・

日本も欧米もない 同じ人間。

やはり同じようなことを考えているのかなぁ、 なぁーんて思えてきて

一人悦に入る、  私がいます。
           
 

いそいそ でありたし。

[テーマ:徒然なる日常]

「 いそいそ 」 の意味を検索すると、
心が浮き立ち、喜び勇むさま。
うれしいことなどがあって、動作がはずむさま。

「 いそいそ出かける。 」  「 朝からいそいそとしている。 」


日々常々、この 「 いそいそ 」 をモットーに、
仕事と言わず 諸事全般にあたりたい、 あたらねば と
自分自身に ことある毎、言い聞かせ、言い聞かせし、
心がけているつもりなんですが ・・・・・。


まっ、 
三歩歩いて振り返った途端、
すーーーっかり忘れちゃっては、
ちょっとした見解の相違で 熱くなっては、
言わんでいい事まで言い散らかさないと
気が済まないでいる自分に気付かされます。

気のながぁーい、
気の大きい人になりやぁ  との、祖母の一言が胸に凍みます。
               
                 
                 

仕事納めの日に ・・・・

[テーマ:徒然なる日常]

今日は、久しぶりに懐かしい人の訪問を受けました。

TARACO ホームページ生みの親 石原さん。

足掛け5年ぶりの再会だったので、
老けたか 太ったかしてると想像してたのですが、
あご髭を蓄えたことぐらいで、
ほとんど変わってないというのが実感でした。

懐かしい話題から 最近のよもやま話まで、
食事をしながらの談笑に、時の経つのを忘れました。

5年の空白も会えば、
まるで昨日のことのように感じられるのは不思議な感覚です。
子供の頃は、1年と言えば長い感覚でしたが、
人間50年以上やっていると、
最近では、あっという間に感じられるのと似ている気がします。

懐かしい人と再会できて、よい一年の仕事納めになりました。

あらためて、現在の自分が、
これまで多くの人たちに支えられてきた結果として、
ここにあることを気付かされました。

新しい年がやって来ます。
皆さんにとって、素晴らしい年となりますように ...... 合掌
              
              
 

お祝い電報

[テーマ:徒然なる日常]

先週末は、甥 ( 実妹の次男 ) の結婚式。

妹の家も 我が家も、男の子というか野郎ばかり授かりまして、その数5人。
実父である祖父は、小柄で 160cmに届かないのですが ・・・・
孫たち全員両親よりも大きくなりまして、皆 170cm超。
中でも、今回結婚の甥は 一番大きく 180cm超のまさしくアイアンマン。

そして今回で、5人中3人が既婚となり、皆25歳待たずに結婚するという ・・・・ 
早婚といおうか、早業といおうか。

そんな甥の結婚式に宛てた祝電が 以下。

会場で、受けたか受けなかったかは ・・・・・・・  皆さんのご想像にお任せ致しやす。

************************************************************

○×△□ 拓也 様

拓也くん、結婚おめでとう。

今回の市長選は本当に厳しかった。

私の大阪都構想の実現は言うまでもなく、
新しい国家構造の樹立に邁進する覚悟と決意です。

あなたも、新婦○○さんと手に手をたずさえ、
愛あふれる家庭の樹立に邁進してください。

大阪市長 橋下 徹


・・・という電報がもらえる大きな男に、
結婚を機に益々はずみをつけて頑張ってください。

拓也の伯父
株式会社コムデック
代表取締役 
多羅尾 光道
                   
                  
               

真優

[テーマ:徒然なる日常]

2011-11-21-11.27.21.jpg

長男夫婦に授かった、二人目の孫娘は  「 真優 (まゆ)」 。

ママが 「 はるか 」 で、長女が 「 ひより 」 と
ハ行並びで 来ていたので、
次女は 「 ふ ・・・・・・・ 」 で始まる名前ではないかいな と、
「 ふみか 」 「 ふたば 」 「 ふうこ 」 ・・・・ と、
勝手に楽しみながら思い巡らしていたところに、

「 真優 (まゆ)」 と命名の連絡をもらいました。

「 真優 (まゆ)」 という名前から、
自分のことを気づかうよりも、
人さまのことを気づかうことの方が   ちょっぴり多い ・・・
そんな優しい娘に育ってほしいと願う  爺ちゃんの 私です。

そんな娘に育って欲しいと願うなら、
まずは自分から率先して、種を蒔かねば ・・・・ 叶うべくもないと、
しっかり人さまのお役にたてる仕事をせにゃならんと
あらためて肝に命ずる 爺ちゃんの 私です。
                  
                   


お泊り土産 ( みやげ )

[テーマ:ビジネス], [テーマ:徒然なる日常]

11.11.19_05.jpg

本日、母子共に お陰さまで、無事 産院を退院できるらしい。

孫娘の ひより とお別れの時が近づいてきたようです。

家内 と ひより は、 べったべったの にわか親子 のようでした。

わたしは、自分の子供たちの時と同んなじで、
仕事が中心のいつもと変わらぬ生活パターンのまま。

ひよりに、なにか特別と言える程のことはしてあげられていません。

そこで、TARACOノウハウを使って、
今回のお泊りで、家内が撮影した可愛い写真に、
コメントを付記したフィルムラベルを作成し、
板厚5mmのアクリル板に貼り付けた、お泊り記念土産を制作。

まっ ・・・・  

じぃちゃんの私が、孫の ひより にしてあげられることって、
こんぐらいなことぐらい  ・・・・ ってな、 ところでしょうか....。

制作時間   小 1時間。 水洗い可です。
                      
                   


授かりました

[テーマ:徒然なる日常]

11.11.15_005.jpg
2年前の初孫誕生に続き、昨日 長男夫婦に、私にとっては二人目の孫娘誕生。
どんなに科学が発達し、医学が進んだと言っても ・・・・
私の心中、 無事授かって有難い (合掌) と言う
感謝の喜びから、感激が静かに胸に込み上げてきます。

はるかちゃん ・・・・・・ ありがとう。 ありがとう。 ありがとう。
             
11.11.15_003.jpg
初めてママと離れて、
我が家でお泊りとなった お姉ちゃん の ひより。
心配して電話してきた長男の思いとは裏腹に、

踊ってます♪  絶好調です♪

よい子にしてましたよ。
              
                


女房の一言

[テーマ:徒然なる日常]

420x310_11.11.14_004.jpg

つい1週間前のブログで、
不注意から 万力 ( バイス ) で、太もも ( 大腿筋 ) したたかにぶっつけて、
数分も経たぬうちに、あまりの鈍痛に悶絶。 のたうちまわって ・・・・・ 会社ん中で、大騒ぎ。
              
あれから 1週間。
ようやく 膝 (ひざ) に回復の兆候。
通常生活に支障がなくなってきだしたと感じだした、 昨日の風呂上がり。

太ももの打撲箇所は、はてさてどう・・・かと確認の為、
ジャージの裾を巻くしあげてみたら、
ぶっけた、ぶっけた と大騒ぎしていた太ももとは ・・・・・ 全く別の、
写真通りで、膝 そのものを したたかにぶっつけてた らしんです。
                
あれれれれ ・・・・・ 打撲箇所すら分からなくなってきた  私。

傍で、その呆然として傷跡をながめる私を 見るとはなしに見ていた女房殿の一言。
                  
「 はぁ    この先 ・・・・・   思いやられる。」

それを聞いてついて出た 私の一言。

「よろしくお願いします。」 .....。
              
420x310_11.11.14_003.jpg            
            


最後の親知らずの話

[テーマ:徒然なる日常]

私は、お陰さまでと申しましょうか、
進化の遅れた旧人類に近いとでも申しましょうか、
親の知らない頃に、親知らず4本全て生え揃い、
そして、親の知らぬ間に虫歯となって、内3本を抜歯しました。

残っている最後の右上一番奥の親知らずが、
かみ合わせの右下奥にあるべきはずの相方の親知らずを失って、
はや30年近く経ち、最近とみにぐんと下がってというか、
隣接する奥歯より、明らかに5mm以上長く降りて来ておりまして、
舌で口腔内の右奥上をまさぐりますと異常な突起物と化した、
その右上奥の親知らずに、いちいち触るようになりましたし、
目視でも、容易にその突出ぶりを確認できるようになりました。

加齢と共に、いろいろ、なんじゃかんじゃ、そちこち、
若い頃にはあり得なかった異常生体の現象が露わになってきました。

因みに、30年近く前に歯医者で処置してもらった、
右下奥の親知らずの語るも涙の抜歯物語を書こうと思いましたが、
そんな私の物語を代弁してくれるサイトを見つけましたので、
下記に紹介させて頂きます。

こんなサイトを見ては、チョー面白がってる ・・・・私です。
50代のおっさんが喜ぶサイト、興味あれば、クリックして見てチョ!
              
                      

私にとっての節電効果の効能のひとつ

[テーマ:徒然なる日常]

大震災後の節電習慣から、
会社にあっては、小まめに電灯を消して回る習慣が身に付きました。
3カ所の電灯においては、蛍光灯管を撤去してもあります。

更に、今、マスコミで話題の片づけの魔法に乗じるかのように、
先だっては、倉庫の不要物を 3年ぶりに大整理大処分したお陰で、
すっかり片付いて、進行禁止Uターン箇所が、自由に行き来できるように。

それで調子に乗ったわけではないのですが・・・・

不要な蛍光灯を消すために、
電灯から垂れ下がったひもスイッチを引いて消してゆくのに、
上ばかりに気を取られて、カシャ、カシャ、カシャと
前方不注意のまんま、スピード加速で進んで行きまして・・・・

片づけ前なら、進行禁止、Uターン箇所であった処が、
自由往来できるようになったという想定のまま突入してしまいまして、
作業台から突き出た万力 (バイス) に、
大腿筋 (太もも) を したたかぶつけてしまったのでありました。

ぶつけた瞬間は、
太ももの筋肉の弾力性・クッション性からか・・・
それとも加齢からくる神経の衰え鈍りからか・・・・
さしてなんとも痛みを感じない・・・・ってな感覚でしたが、

数分経ぬうちに、
どうにもこうにも我慢のしようがない程の鈍痛が襲って参りまして、
まるで恐竜の断末魔のように痛がる私は、
幼稚園児に返った如く、笑いこらえるママに、、
慌ててジーンズ下げて、メッチャメッチャに腫れ上がってきてないか
「見て、見て、ねぇ見て・・・」 と
太ももあたり指しては、半泣き顔で確認してもらう始末。

しかし、外見的にはなんら異常認められず、
4日経った今でも、全く青タンの発症すらしていませんが・・・・

身体機能的には、
事故直後から膝 (ひざ) の曲げ伸ばしがチョー出来なくなり、
車のサイドブレーキペダルを踏んで解除するにも、
両手で太ももを持ち上げてサポートして、
ようやく足もち上げて、サイドブレーキ解除の操作をするあり様。

直後から3日目までは、歩くのにも用心、用心、ご用心の状態で、
ちっとでも踏み込もうものなら、
膝の制御 全く不能で、誰かに後ろから膝カックンされて、
下手こくとその場に崩れ落ちそうな感覚に襲われる状況。

あれから、4日経った今、
ようやく膝を自力で、元の半分位の高さまで
持ち上げられる迄に回復してきまして・・・・・

とは言っても、正座は、まだまだとんでもの状況です・・・・

つくづく、しみじみ思いますことには、
大腿筋が、大腿筋が、
こんなにまでも膝の曲げ伸ばしに関与していたのかという
何を今さら、いい年こいて、とお叱りを受けることなのかも分かりませんが、

私にとっては、大きな大きな発見となったのでありました。

これも、私にとっては節電の賜物のひとつと言えそうです。

まっ、くれぐれも、皆様におかれましては、
私のようなアホな事故を引き起こさぬよう、
前方と言わず、四方八方周囲に警戒怠らず、生活下さいませ。
                       
                
                


ちび台風が やってくる やってくる。

[テーマ:徒然なる日常]

11.08.30_18.01.55.jpg

もうすぐしたら、二人目の孫誕生。

お姉ちゃんのひよりを、出産の間、我が家で預かることに。

すごく楽しみでもあり、

ちょっぴり不安でもあったりも し ・・・・・・

はてさて、どうなることかしらん。

にぎやかになることだけ  それだけは、 もうもう間違いありません。
            
                

なぞなぞ

[テーマ:人間の学としての経営], [テーマ:徒然なる日常]

小便を引っ掛けられて、
悲嘆するどころか、大笑い。

馬鹿、阿呆と悪口雑言 浴びせられても、
怒るどころか大喜び。

突然、頭突きを食らわされても、
自分の痛みはそっちのけで、
相手の頭を気遣っている。

さて、 これは誰のことでしょう?







答え。。。。。。赤ちゃんのお母さん

お母さんって、 あらためて素晴らしいもんですね。

私が、

こんなお母さんの心持ちの百万分の一でも、

見習うことができれば、

もっともっと周囲を喜ばすことができるんですよ  ねぇ....。
             
             

私の場合・・・

[テーマ:人間の学としての経営], [テーマ:徒然なる日常]

お酒を絶って一年が経ちました。
私の場合、どんな変化が現れたかと言いますと、
ポッコリとびでていたお腹が凹みました。
ウェストのサイズは、さして変わっていません。
ただ極端にとび出していたお腹が凹みました。
焼肉に代表される油っこい食べ物を欲しがらなくなりました。
おそらく健康的になっているのでしょう。 たぶん。

両親が年老いて、突発的な事態が起きた際、
酔っ払っていて、何もできなかったでは、
後悔しきれないと思ったことと、
またこれまでに既に他の人と比べて、
相当量のお酒を俺は飲んだよなぁという自戒の念から、
ひとつお酒をやめてみましょうかという軽いノリで始めましたが、
一年続いて、思いもよらぬ効果を獲得し、
親を助けるはずが、自分が救われているという結末で、
なんともなぁ・・・って感じです。

55の夏

[テーマ:徒然なる日常]


今月は、私の誕生月で、55になります。

暑い時に生まれた子だなと、自分で思いますし、
実際、暑い日 ( 7月28日 ) の暑い時間 ( 午後3:00 ) に生まれたと
もうかれこれ30年前に他界した母親から、
折に触れ聞かされてきたものでした。

そんな母親に、よく言って聞かされてきたことが、
この年齢になってくると、心に浸みて甦ってきます。

***********************************

「 自信をもつことは、大事なこと。」

「 でも ( 過信して ) 自惚れたら、あかん。」

「 自惚れは、(人生の) 行き詰りの入口に立ったようなもん。」

「 一歩進んだら、人を見下す高慢チキになるで。」

「 高慢チキな人間に、人さまは 近寄ってきてくれません。」

「 高慢から、更に一歩進んで、傲慢になったら、人さまから見放されます。」

「 自信がもてたんは、ご先祖の徳に、周囲の方々のご恩のお陰なんやで。」

「 ゆめゆめ、自分でしてやったりとは、思わんでくれな。」

「 心低くして、感謝の心を忘れずに生きてゆくんやで。」


生来、自惚れの強い息子を、
よくよく心配していてくれてたんだと、
今頃の今更になって、あらためてつくづく思わされます。

そんな母は、55を待たず、54歳で亡くなっています。     合掌


義父の3回忌法要から

[テーマ:徒然なる日常]


今月は、義父の3回忌法要の月にあたります。

義父のことを思うと ・・・・ あぁ、優しい親父だった 

という思いが、なにをおいても心を過ぎります。

そこには、わたしが、優しい という字が好きだという思いも込められています。

それは、優 という字が、

人のことを憂う (=心配する) と書いて、

優秀とか優勝の 優 という字になるんだ。   という 我流の解釈と、 

それ以上に ・・・・

祖母が、折にふれては、

「 光道、 優しい人になりやぁ。 」

と私を見るたびに、よく言ってくれてたのですが、

それは、 きっと ・ ・・・・ 

自分のことより、人さまのことを心配する時間の方が多い?長い?

そんな人物、大人になって欲しいと言う、

おばぁちゃんの願いだったんだなぁ ・・・ と、

今、自分も 孫 をもってみて、少し分かるようになってきたからです。
           
         
しっかし、義父のような ・・・ また、ばあちゃんが願ったような ・・・・・

優しい人 には程遠い、自分のことばかり心配している

そんな私が、今ここに、こうしていることに気付かされます。
           
         
3回忌を機に、今日から心新た、 優しい人を目指します。 

そう、天国の親父や祖母に、誓った 3回忌法要になりました。
                
                   

iPad ・・・ 我が家では

[テーマ:徒然なる日常]


DVC00075.jpg

これも ・・ ・ ・ 
      いわゆる ・・・ ・ ・ 
            iPad のアプリの ひとつって ・・・・・ ・ ・

                            ゆんでしょうか........。  

喜べば・・・

[テーマ:徒然なる日常]


喜べば、
喜びごとが 喜んで、
喜び連れて 喜んでやって来る。

こんな標語がふと目にとまって、
なんだか勇気をもらいました。

床屋代

[テーマ:徒然なる日常]

今年になって、気分一新と小遣い節約を兼ねて、思い切ってトライした丸刈り頭。
さすがに3ケ月経過で、そこそこ伸びて参りまして、そろそろ床屋へ行かねばと、考えていた矢先の大震災。

こんな私ですが、なにか被災された方々へ してさしあげられることはないものかと思うに至り・・・・床屋代を義援金に。

で、一回の床屋代と相殺できる4,000円弱のバリカンをネットで購入しまして、自分で ? ? ・・・。
まっ、結局のところ、父の手を借り・・・今回も、  自分なりに、そそここ思い切っての、坊主に。

ですが、  
あなどれません、今のバリカン。素人でも、プロ顔負けの仕上がり。
時間も 後片付けを入れて、30分とかからず、もうもうすっかり気に入ってしまいました。

これからの人生、ずっーーと坊主頭で通しそうな、予感 ・・・が し・ま・す。  南無/合唱

[テーマ:徒然なる日常]

             
日本語の 「わ」 で漢字を調べますと、
和 ・ 環 ・ 輪 ・ 倭 ・ 話 ・・と出てきます。

倭は、日本。

明るい会話の 「話」 が循環の 「環」 の元となり、
温かい人の 「輪」 に発展し、社会の平和の 「和」 につながる。

「わ」 って、いいじゃん。 ・・・・なぁ〜んて ネ。
      
そんなことから、何気ない日本語の 「わ」 という音が好きになりました。
              
因みに、わたしの長男の娘。
いわゆる初孫の名前は 「ひより」 と申します。

”ひらがな” 表記なんですが、
漢字で当てたら 「日和」 になるのでしょうか?

長男一家に確認はしていません。、

思いこみが年と共に強くなるジジイの私は、一人勝手にそうと解釈し、
日々、人の心を和ませる、そんな娘に成人してもらいたいもんだ...。

話のオチか・・・・なんて ネ。

でも、そう願うのなら、まず自分から実践して
周囲の人の心を和ませる 「種」 を蒔かなきゃダメだわなぁ・・・。

腹を立てて、蔵を立てた人はいないと亡き母によく言われましたが、
私、ちぃ〜とも治っておりませんなぁ〜。

徒然に 「わ」 という文字から感じたお話でした。

丸坊主にしてみました。

[テーマ:徒然なる日常]

             
新しい年が明けたと思いきや、その1月もはや、下旬となりました。

世の中と言えば、恵方巻に始まる節分、
そしてバレンタインデーへと、  既に 2月満々の気分。

毎年感ずることとは言え、
月日のたつのは、あらためて本当に速いと実感する、今日この頃。

私事で恐縮ながら、昨年夏より、ふとした切っ掛けでお酒を飲まなくなって、
気がつけば・・・・いつのまにやら半年。

タバコを禁煙して、かれこれ10年近く。

で、もういっちょ気分を新たに変えてみようと・・・、

年明早々、生まれて初めて、頭を五分刈りにしてみました。

タバコも止めて、酒も断ってる。

その上で頭を丸めましたんで、

きっと高貴なお坊さまの風貌漂うであろうと期待してやってみましたが、
              
           
豈図らず(あにはからず)、

長い刑務所暮らしから出所した元囚人のよう ・・・とは、周囲の評価。
              
             
まっ思い通りに、人生いかんもんですなぁ〜。

それ故に、人生は、面白んです。 

・・・なぁ〜んつって言えるようなら、少しは気品も漂うてもんなんでしょうか。
          
まだまだ人生修養が足りないことを痛感しつつ、

今年も、何事によらず一所懸命な毎日が続きそうです。
                       
                   

遅くなりましたが、あらためて今年もよろしくお願いします。

皆さまにとって、素晴らしい年でありますように。

墓参で、暁烏敏先生

[テーマ:徒然なる日常]

                          
10.08.16_022.jpg
                   
   このお盆、亡き母の墓前に、

   長男夫婦、初曾孫まで一緒に、墓参できました。

   長男夫婦が、多羅尾の墓を掃除してくれました。

   前にいる、じいちゃん(父)、大喜び。

   それより誰より、今亡き母が、

   仲睦まじい長男夫婦と、元気な初曾孫の顔が見れて、

   一番喜んでいるように思われてなりませんでした。

10.08.17_016.jpg
                   
     十億の子に 十億の母あれど
           わが母にまさる母あらめやも

   柄にもなく、母が亡くなった当時、覚えた

   暁烏敏 (あけがらす はや) 先生の歌が思い出されました。

10.08.16_005.jpg

  私にとっては、かわゆい、かわゆい孫のひーちゃんです。

  今回、  メッチャ、 私、 人見知りされました。

  みんな曰く、

  私のような大きな顔、見たことないから ・・・・なんだそうな。    合掌

心眼の焦点

[テーマ:徒然なる日常]

               
わたし、つい先日(7月28日)、54歳になりました。
                
人生、一度も入院というものを経験せず、
54歳まで生きてこれたことは、
両親並びにご先祖さまに、ただただ感謝する外ありません。

しかし、年相応、ぼつぼつ、もの忘れがひどくなってきてまっし、
既にもう、1年程前からは、老眼鏡のお世話になってます。

まっ、老眼鏡のお陰で、文字の読み書きには、
少しも不自由せず、日々過ごさせて頂いてますが....。

しかし、例えば、商品出荷の最中とかに、
老眼鏡を、何気に外して置いた場所を忘れてしまいますと ・・・
要は、一たび、老眼鏡が行方不明になりますってぇ〜と・・・
小さな文字に焦点が合わず、結果、仕事にならず で・・・

最近人気の女性芸人同様 ・・・・

「 裸眼の焦点が合わないと ・・・・ なんだか、妙に、イライラする〜。」
ってな、ハメに陥ってしまいます。

で ね。

裸眼で思ったのですが、
心の眼を 「心眼」 って言いますよ  ね。

で、ね。
私なんか心眼の焦点が合わなくなると、
裸眼の焦点が合わないなんて、全然、目じゃない、
途端、たいへんなことになるなって ・・・・・。

「心眼」 のピントがずれると、

頭が真っ白になって、自暴自棄になったりしてる な って。
心が冷静さを失って ・・・
焦ったり、慌てたり、怒ったり、悲嘆にくれたり、思いあがってみたり・・・

そんな状況の時、心眼の焦点が合ってない時なんだ  てね。

心眼の焦点をずらさないよう、
これからの人生、常に慎みを忘れず、
「 明るく ・ 正しく ・ 大らか 」 に生きてゆかねば ・・・・

そんなふうに思った?決意した?覚悟した?
54歳の誕生日付近で、 ありました。

調布の花火大会

[テーマ:徒然なる日常]

                 
昨夜は、毎年恒例、多摩川は、調布の花火大会。

こちらは、打ち上げ会場の調布の対岸なんですが、
JR南武線の中野島駅から徒歩3分と近いこともあってか、

例年、多くの人出で賑わいます。

会社の裏の狭い通路に、三脚たてて撮影

 ・・・・・・ 蚊に喰わたのが、たまにキズ。
                     
10.07.25_051.jpg

10.07.25_052.jpg

10.07.25_059.jpg

10.07.25_060.jpg

拙い画像から、

ドドーーーん、

ドーーん の爆裂音が聞えましたら、  うれしい限りです。

ゲリラ豪雨

[テーマ:徒然なる日常]

                 
今朝 ・・・・って言えばいいんでしょうか、
本日未明、まだ外は暗い 4:00過頃、
我が家のベランダのトタン屋根を激しく叩く、
いわゆる? ゲリラ豪雨 ?の雨音で、
驚かされて、目が覚めました。

去年の梅雨は、
シトシト、シトシトと長雨が続いた挙句、
さぁ、これから夏本番という7月も末になって、
再び梅雨に逆戻りの? もどり梅雨 ?と言う
耳新しい季節用語を覚えた、
肌寒い日が長く続いた梅雨でした。

で、今年の梅雨と言えば、
例年になく、ムシ暑い梅雨ですが ・・・・

その原因は、
梅雨前線が例年より南下、
日本列島を越えて、太平洋上の位置で停滞し、
列島上空には、北の方からの寒気が入り込んできていて、
地上では、海側から入ってきた湿った空気が、
ヒートアイランド現象で、温められて滞留、
上空は冷ったくって、地上は湿って暖っかい。
よって、非常に不安定な気候なんだそうである。

だから、局地風が原因で、地上の暖気が急上昇すれば
あの積乱雲を、予測が困難で、かつ突発的で、
更には、時に同時多発させるということで、
局地的な? ゲリラ豪雨 ?が発生するんだ そうな ・・・・。

局地的ということを、実感させられましたのは、
我が家の自宅から会社は、4km程離れているのですが、
自宅近辺は、さすがに今朝のゲリラ豪雨で、
路面が雨でビッショリ濡れていまして、
そちこちに水たまりの禍根がありましたのに、
会社に近づけば、路面は乾いていて、
水たまりが見当たらないというあり様。

先日の東京板橋の、
大きなニュースにもなった? ゲリラ豪雨 ?の時、
翌朝の多摩川は、きっとかなりの増水だろうと、
自分なりの予想をしていたのですが、
あにはからず、多摩川は、思ったほどの増水ではなく、
不思議、不思議と思った記憶が思い出されました。

宮崎県はじめ、全国の皆さん、
大過なく無事、この梅雨をのりきれますよう、
胸に手を合わせ、静かに祈るばがりです。

参議院選挙

[テーマ:徒然なる日常]

                  
参議院選挙が近づいてきました。

選挙区選出議員、及び比例代表選出議員の
個人票 と 政党票 を、誰に、またどの政党にするかを
日本国民の一人として、自分なりの結論を出さなくてはなりません。

選挙が近づいてくると、
恒例の、各党党首討論のテレビ番組での様子を、
見るとはなしにニュースで見てしまいます。

まったくの政治、政界とは音痴の私の、
最近の選挙に関する所感は、
各党共々、自己主張があまりにも強すぎて、
投票すべき政党、候補者の選択に、
正直、迷うのではなく、 困ってしまいます。

いっそ候補者名に、
岡田 武史(サッカー日本代表監督)、
東国原 英夫 (現宮崎県知事)、はたまた 
大河ドラマの坂本 竜馬 のような候補者と
自書して投票しようかと思ったりもしますし、

政党に至ってや、
中国共産党とは書くわけにいかないので、
(明治維新の板垣退助の)自由党と自書しようかと、
真面目に思ったりしているありさまです。

日本という国が、火急の岐路に立っていると感ずる今、
国家国民を論ずるような見識も経験もない私としては、
会社や家庭を、国家や国民に置き換えて、あるいは見立てて、
判断基準にしているところが、多分にあります。

会社でも、家庭でも、
テレビの公開討論会の如く、
あんなに各自が、
自己中心的としか思われない自己主張をしあったら、
本来なら、火急の事態に直面して、
心一つにして、事態に対処する方向へと
まとまっていかねばならないところを、まとまる気配すらみられず、

こんな調子では、挙句 ・・・
倒産や離婚につながるのではないか ・・・と危惧してしまいます。

参議院選挙を目前にして、
市井の人間の私が、 ・・・そんなこと、徒然に感じてます。

サッカーワールドカップで

[テーマ:徒然なる日常]

                
昨夜のサッカーワールドカップでの日本代表の大活躍、
感動と共に、たくさんの勇気をもらいました。

PK戦で、惜しくも負けちゃったけど、
本当に、ご苦労さま、  ありがとうございました。

次回こそ、ベスト8入り、がんばってください。

サッカーの試合諸々の感想については、
にわかサッカーファンの私が語っったところで、
おもしろくもなんともないので、
それは、サッカーに精通している方々にお任せするとして・・・・

今回ワールドッカップで、
私がたいへん勉強になったことには、
ウルグアイの、パラグアイが挙げられます。

今回ワールドカップでの、
日本の思わぬ大活躍から、
連日の各国代表の好試合の激戦を観戦するに及んで、

ウルグアイの首都は、パラグアイなんですよって言われても、
ワールドカップ以前の私なら ・・・・ そう、なんやぁ〜って認めちゃうくらい、
ウルグアイについても、
パラグアイについても、
それが国名なのか、都市名なのか、
おそらく南米にあったとして、
南米のどこに位置しているのかも、
全くなにも知りませんでした。

今は便利な世の中で、
インターネットで、Googleで検索すれば、
Wikipediaに、両国のことが詳しく記載されてあり、
確認させてもらいました。

バカが、またひとつ賢くさせてもらった、
私にとっての、また違った趣のワールドカップでありました。

祖母ちゃんの思いで・・・

[テーマ:徒然なる日常]

               
早食いで、大飯ぐらいは、
わたしの子供の頃からの特技?自慢?だったと言える。

若い頃は、大いに飲んで、大いに食わねば、
男じゃねぇだろの、若気の勢い、思い上がりがあった。

しかし、最近 ・・・ 祖母ちゃんに言われた言葉が
なんとはなしに、思いだされては、 気にかかる。
                
                 
光道、

人は生まれた時から、生涯の食べる量が決まってるんやで。

大食いは、生涯の食い分をあせって食べてるから、早死にするで。

食べ過ぎたら、胃の病気になるやろ。

食べ足りんで、胃を患う人はおらへんで。

おいしい思たら、余計、人さんに分けてあげるんやで。

そしたら、もろた人、喜んで食べはるやろ。

それ見て、あんた(私のこと)、うれしなるやろ。

そしたらな、うれしなった、あんたの寿命も、伸びるんやで。
              
             
この夏で、50歳半ばになりなんとする私。

優しかった祖母ちゃんのことが、

こんな形で思いだされる年代?生活?健康状態?になりました。

鬼籍の晴れ男

[テーマ:徒然なる日常]


我が家にとって、今日という日は、
昨年77歳で他界しました、家内の父の一周忌法要の日。

先週から、こちらも梅雨入り。

今日という日のお天気を、
家族みんな、毎日の天気予報を確認しあっては、
大変気にしておりました。

そして、先週前半の天気予報では、ご多分にもれず ・・・・ 雨。

で、昨晩の天気予報で、曇/雨.... び ・みょう。

一応、家族みんなの願いとしては、
雨は、もっとも、勘弁、・・・ィヤだ。
かと言って、カンカン照りも、礼服だけに困る。

適当に曇って、暑からず・・・が、第一希望。

お恥ずかしい限りですが、まぁまぁ、実に勝手なもんです。

で、鬼籍に入ったおじいちゃん。
何を隠そう? 晴れ男 ?だったんで、

「じいちゃん、明日、雨はなしよ・・ 」 ってお願いする始末。

で結果 ・・・・・

私は、朝から雨だと予想していたのですが、

家族思いだった鬼籍のじいちゃん、
またまた、あの世でも、家族のこと思って働いてくれたのか ・・・

曇り。

奇跡です。

じいちゃん、ありがとう。   感謝/合掌

今年の梅雨入りは・・・・

[テーマ:徒然なる日常]


昨夜から、ずっと雨が降ってます。

こちら(東京地方)も、梅雨入り... でしょうね。

今年は、春からの天候不順の影響で、

あじさいの色付きが遅れていると聞いています。
                       
                       
そんな今年の梅雨入りを聞いて ・・・・

あの東国原さんの、

宮崎県における ・・・

口蹄疫に端を発する、今次の宮崎県内非常事態宣言下での、

おびただしい数の牛や豚の殺処分に、その埋却作業が

ニュースで放映されるのをしばしば目にしているだけに...。

そこに、追い打ちをかけるような梅雨入りだなぁ ・・・と思ってしまいます。
                  
                    
どうか一日も早い口蹄疫の終息を、

ただひたすらに、心から祈るばかりです。

雨天の中の作業、何とぞ、事故の無いように。         合掌

チコっと、チコっと ね ・・・・

[テーマ:徒然なる日常]

F1000258.jpg

私にとっては、どこから、どう見たって、

なんとも、 かわゆ〜い、 かわゆ〜い孫娘の寝顔写真であります。

息子のお嫁さんが、私宛、添付メールで、

 ・ ジェイ (←私のこと)、ひよたんの画像を添付しました、見れていますか?

のメッセージ付きで送ってきてくれました。

そんな心使いをしてくれる、息子のお嫁さんに

ありがとうって思わずにはいられません。

無許可で画像アップしたこと、

十年も経たないうちに、孫娘本人から、

 ・ ジェイ、 爆睡写真なんかアップして、ヒド〜イ!

って怒って嫌われそうで、 ・・・・・・ チコっと、チコっと ね、

アップするのに勇気が要った、 

かわいらしい おじいちゃん なんですよ。

あらためて、言葉って大事だな。

[テーマ:徒然なる日常]


情報のやりとりに、
むか〜し昔の、その又むかしは、のろしを使っていました よ ね。
そんなに昔でなくたって、伝書鳩を使ったりもしていましたよ ね。

コミュニケーション(情報伝達)の手段が、
人類史上、今程に発達普及したことは、かつてなかったと、
こんな無学な私にでも、言い切れちゃいます。

いつでも、どこでも、誰とでも ・・・・
携帯電話から、モバイル端末から、
いとも簡単に情報伝達ができてしまいます。

便利になって、ありがたいし、良かったなぁ〜とすんごく感激する反面、
やはり失ってしまう大切なものもあるんじゃないか、 ・・とね。
へそ曲がりのオヤジの私は、 つい思っちゃうわけですよ。

情報伝達の手段が乏しかった頃は、
今よりも、たぶん ・・・察するだとか、慮(おもんぱか)るだとか、
阿吽(あうん)の呼吸だとか、以心伝心だとか ・・・って言われる
そんな人としての感性が、今よりもはるかに発達してたんではなかろうか。

遠く離れて一人住む年老いた親のこととか、
さんざ迷惑をかけた恩師のこととかに  ・・・・思いを馳せる。
そして、久しぶりの再会を果たせた時、
多言は無用で、言葉以上の深い情報伝達が適ったのではないだろうか。

少なからず、今は、昔ほどにそんな感性? 感受性?を使かわずに、
生活してることの方が、だんぜん多いだろうと思うわけです。

情報が洪水のように反乱してるように、
情報伝達するのに、もっとも手軽な言葉も反乱して ・・・・

安易に、できてない心で、見たまま感じたままを、
しゃべくり散らかしてる  自分自身に ね。

 ・・・・ ふっと、思い至ちゃうわけなんです。
                
               
一つの言葉でけんかして、
一つの言葉で仲直り、
一つの言葉で頭が下がり、
一つの言葉で笑い合い、
一つの言葉で泣かされる。

一つ一つの自分の言葉を大切に、
優しい言葉を使うよう心がけたいもんだなぁ〜 と、

息子の嫁さんとも、気軽に連絡がとりあえて、
ホントに便利な世の中で、生活できることに感謝しつつ、

あらためて、言葉って、ホント大事って思う、私がありました。

同世代

[テーマ:徒然なる日常]

                
わたしの幼馴染の中で、唯一 ・・・
小学校 ・ 中学校 ・ 高校 ・ 大学 と全てが同窓というのが、ISくん。

そのISくん、今朝で、かれこれもう3度目でしょうか・・・
駅に向かう出勤途中を見かけたのは。

いつも犬連れの私とは、道路を挟んだ反対側の舗道を歩いていて、
しかも、なかなか厳しい表情で急ぎ足に歩いているので、
これまで声をかけませんでした。

そうそう、やはり幼馴染みのOHくんも
しばしば朝の駅への出勤途中を見かけては、声をかけますが ・・・
いつも気付いて声をかけるのは、私の方で、
彼も、なにか深く考え事をしてるかのようです。

そんな彼らの姿から、
今、50〜55歳迄で、
大手の会社にお勤めで、
中間管理職的なポストにおられる方は、
自営業の私なんかとは全く異なったストレスの中に身を置いて、
日々、それぞれの職務をこなされているように想像します。

会社の現業が、拡大成長していればいいのでしょうが、
成熟期、衰退期、過当競争期に入った段階での、
上から下からの摩擦軋轢に加えて、
定年を見据えた立ち位置の確保という年代だけに、

たいへん難しいのではないんだろうかなぁ...と。

会社勤めを辞して、もう10年。
浦島太郎のような私の、

そんな彼らへの想像は、
実は、的外れの妄想なのかもしれません が....。

私 : 「IS」

IS : 「おぅ、タラオ。 ダルメシアンは・・・(元気か)」

私 : 「この後、散歩だよ。 好きなもんで。」

IS : 「そっか、じゃな」

私 : 「おう、 いってらっしゃい」

私の呼びかけに気付いたら、ニッコリ顔、
わざわざ道路を渡って、近づいてきてくれて、二言三言・・・

そしてまた、反対の舗道の流れに 戻っていっちゃったのでありました。

アニマルコミュニケーター

[テーマ:徒然なる日常]

                
私が何度か目にしたテレビ番組では、

欧米の白人の女性でしたが ・・・

あたかも、犬や猫と会話して、 とゆうのでしょうか、
テレパシーで心通わして、 といった方が的を得てるでしょうか ・・・・

ともかく、 ペットの感情や思いを、
その女性は、テレパシーでのやりとりみたいな感じで、
飼い主に、そのペットの切実なメッセージを仲介、
意志の伝達をしている番組をご覧になったことはありませんか。

こんな風に、人と共に生活する、犬や猫といったペットと
テレパシーを使って、意志伝達できる人のことを ・・・

? アニマルコミュニケーター ? と呼ぶんだそうで、

その意志伝達の交流そのものは、

?アニマルコミュニケーション? と言うそうです。

で、何を隠そうアタクシには、
そのアニマルコミュニケーターとしての、  

 ・・・・・ 実は、隠れた能力が、あったんです ねぇ〜。

                   
100523_480_067.jpg
                  

愛犬の凛 : ○×▽◇■◆△※○。×▼※*

アタクシ : *※〜〜@\\\\


100523_480_068.jpg

愛犬の凛 : 。。0 ×◇◆△※※★0。。。▼※*

アタクシ : 〜*〜*(○)*〜///
                         
                         
なぁ〜んて ネ。  すみません。  

おわかりの通り、真っ赤なウソです。  すみません。

人との会話、人との心の交流も、

已然、ままならないアタクシなのに ・・・・・

しかし、ペットと心通わて、意志伝達しあえたなら ・・・・・

一度でいいですから、体験してみたいものですネェ〜。

ひょっこり

[テーマ:徒然なる日常]

                    
昨日、ひょっこり長男が、
突然、会社に立ち寄ってくれました。

八王子の方の工事現場から会社に戻る途中、
会社近くを通ったから ・・・・ って。

正直、うれしかったです。

18,9歳から家を出て、会社の寮に住んで、
今では、自立して所帯主。

なかなかお互い、お忙しで、顔見る機会が少ないので、
やっぱ、顔見せてくれただけで、うれしいんだけれど ・・・・

息子も息子で、
親のこと、おじいちゃんのこと、会社のこと、
気にかけてくれていて、
忙しいだろうに、わざわざ立ち寄ってくた、
その息子の気持ちが、なによりも、私としては、うれしい。

男同士、実のところ、顔合せたところで、大した会話はありません。

でも、わたしは、お互い心ん中で、

 俺も (親父も)、しっかり働いてっから、

 お前も、しっかりな働かせもらえ!

って、確認し合えたと思いました。

あんちゃん、また近く通ることがあったら、立ち寄ってくれや。 by 親父より

ハイ・ボール

[テーマ:徒然なる日常]

               
わたし、ハイ・ボールを愛飲してます。

去年あたりから 、
でしょうねぇ・・・
あの小雪さんのCMで、ハイボール人気も完全に定着した感 ありますよね。

昨今、そのハイボールブームの立役者となった
サントリーのマーケティング戦術が、テレビ番組で取り上げられ、
はじめ、お酒の人気ブロガーに声をかけて、集まってもらっては、
ハイボールの試飲会を催して、その感想をブログにアップしてもらって、
WEBからブームに火を着けていったという話を知りました。

ニッチな、しかし尖がった発想と着眼点に、流石〜と感心したものでした。

私の大学生の頃は、丁度、ウィスキーの全盛期で、
スナックやパブのウィスキーのボトルカードを何枚ももっていることが、
結構、俺様的なステイタスになっていた世代です。

で、その当時から、わたし、ハイボールを愛飲していました。

因みに、ハイ・ボールという名前の由来は、
私の憶測的には、炭酸ガスの泡がたちのぼってゆくところから、
ノートパソコンやファミリーレストランと同じ和製英語と思っていたんですが、
いくつか由来はあるようですが、ちゃんとした英語のようで、
ハイはハイで、高いに由来し、
ボールは、ボールで、球に由来し、
私の憶測も、由来のひとつにひっかかっているみたいです。

和製英語と思っていただけに、
今回、ブログにすることで、ググって検索して調べてみましたら、
意外や意外の結末となりまして・・・・

実は、私的ブログのオチとしては、
和製英語のハイ・ボールに因んで、
キッキング・マイ・ボールという名前の
強烈なパンチ効いたカクテル、

作ったらいんじゃな〜い?

それって、売れませ〜ん!

で今回ブログの記事の ?締め? にしようと思ってたのですが、

その和製英語でなくなっちゃって ・・・・・・・・・ 

ホント、困るじゃな〜い。

一家団欒から

[テーマ:徒然なる日常]

                     
ふとね、
朝に夕に、家で食事してる時に...思うんです ね。

家族揃って一家団欒、
楽しく会話しながらの食事ってのは、
やっぱり人間だけに与えられた特権ではないか...ってね。

テレビで、
サル山に、エサをばら撒くと、
ボス猿筆頭に、エサを奪い合い、
しばしば仲間同士で激しい争いに発展している映像を、
何度か目にした記憶があります。

私は、犬が好きで、犬を3匹飼っていますが、
人との共生が長い犬でさえ ・・・少なからず、

そう少なからず ・・・・我が家の愛犬共の食事風景は、

サル山の奪い合いとまでは行かなくても、
毎回の 「食」 からは、生存競争の本質を垣間見せくれます。

やはり、お互いの顔を見て、一同会して、
楽しく食事できるのは、人間だけではないのかなぁ...。

ふっとね、そんなこと思ってしまうんですね。

「食」 という生きる上で、
必要不可欠な日常行為において、
家族が会食 (一家団欒) してきたことで、
お互いに 「食べ物」 を分け合うことができて、
人の内に、「思いやり」 という心を育んだのではないでしょうか。

ふとね・・・感謝すること

[テーマ:徒然なる日常]

               
わたし達の住んでいる日本は、
日常生活の住み心地のレベルの高さは、
きっと世界のトップクラスじゃないかと思うんですよ ね。

ほとんど海外へ行ったことない 私が言うのも変なようですが・・・

ふとね・・・・

わたしの身近なところで、
日々、昨日も、そして今日も、
お客さまからのご注文の大切な商品を、
なんの心配のかけらもなく、
あたり前に、宅急便の業者さんに託して、
お客さま宛に出荷発送させて頂いているわけです。

しかも、普通の混載便で、日時と場所を決めれば、
まぁ、つつがなくあたり前のように指定通りに・・・
お届けしてもらえるんですよね、これが。

電車やバス・・・といった公共の交通機関も、
まぁ、時間通りに運行されるのが、あたり前みたいになっちゃってて、
それを信用して、生活やビジネスが進行してる。

水や、電気や、通信と言った生活基盤を支えるインフラなんてのは、
もっとあたり前で、あって当然、つながって当然の前提で暮らしてます...。

殊更に、言うようなことじゃないと言われるかもしれないけれど・・・。

こうしたしっかりした社会基盤って、
ふとね・・・・見方変えると
それぞれの仕事に従事する人と人との信頼関係の上に
成り立ってるんですよ ね。

生活用水の水汲みが子供の大きな仕事で、
その為に、学校に通えないというような国や地域があると
テレビで見聞きしたことが思い出されました。

たくさんの人の無形の信用の連携の上に、
わたし共の仕事が成りたっていることに思いをはせ、
そんな中で、生活できていることに、
ふとね、あらためて、感謝する次第です。

風力発電機 と 私

[テーマ:徒然なる日常]

                  
昨日のブログの延長になりますが、
ともかく、休日は、人ごみ、渋滞を 極力避けて、
安・近・短 で楽しむことを 心情とする 我が家 において、

このゴールデンウィークで、
記念に残る イベント は、同じ神奈川県とは言え、
我が家から、およそ100km程離れた三浦半島を、
ドライブ周遊してきたことがあげられます。

■ 三浦風力発電所

100505_281_Wing_1.gif

                       
三浦半島先端、宮川公園に設置された2基中の1基の前で、私。

・ 設置 : 1997年 ( 平成9年 )
・ 定格電力  400kW × 2基
・ ミーコン社 ( デンマーク ) 製
・ タワー高さ : 35m
・ ローター ( プロペラ ) 直径 : 31m
・ 発電量 ( 2基合計 ) : 年間約120万kW 
                        
宮川公園は、海に面した丘の上にあって、
対岸に城ケ島をのぞむといった景観。

ゴウンゴウン、ゴウンゴウン ・・・ と地鳴りのような音を立てながら、
翼が回転している様は、メッチャ印象深かったです。

会話が主食

[テーマ:徒然なる日常]

                   
休日は、人ごみ、渋滞を 極力避けて、
安・近・短 で楽しむことを 心情とする 我が家 において、

このゴールデンウィークで、
記念に残る イベント は、
同じ神奈川県とは言え、
我が家から、およそ100km程離れた三浦海岸は、
三崎のまぐろ を食べにでかけたことがあげられます。

■ マグロ赤身 と ビンチョウ の 東丼

100503_420_037.jpg

■ マグロ中落ち丼

100503_420_045.jpg

                                             
でも、家族水入らずの、

一家団欒での少し遠出しての会食は、

楽しい会話が主食で、

おいしい料理が副食になりました。        ごちそうさま

コーヒーブレイク

[テーマ:徒然なる日常]


サーバー機が、年中無休で、
寸分の狂いもなく稼働してくれています。

しかし、ハードディスクの寿命を勘案して、
3年以内には、新しいマシンと入れ替えなければなりません。

コーヒー飲みながら、入れ替え時期のことを思いました...。

で、ブラックの缶コーヒーを飲んでいました。

飲みながら、次には、こんな真っ黒い液を入れたのに、

体内で濾過されて、透明になって出てくる・・・・

人間の身体の不思議、素晴らしさに思いがとびました....。

                  
心臓から送り出される血液は、1分間に5リットルなんだそうです。

24秒で、全身を一周するそうなんですね。

確か60兆だったか、ごめんなさい・・・・間違っていたら、

ともかくすごい数の全身の身体中の細胞くまなく、

酸素を送り届け、細胞から排出される不要なゴミを引き取り、

腎臓で濾過されて、再び心臓に戻るのだそうです。

心臓の鼓動は、一日10万回。

呼吸は、3万回なんだそうです。

ちょっとでも狂うと、不整脈だ、やれ過呼吸だと大騒ぎされてしまいます。
                        
                   
「 人さまの、少しでもお役に立てる人になってくださいよ。」

今亡き母の、私への口癖でした。
               
             
今日も、元気です。ありがたいこってす。 

さぁ、仕事に戻るぞ、集中、集中!             感謝/合掌

ふと思うと、こんな習慣があります。

[テーマ:徒然なる日常]

                         
「幸」 (しあわせ)という漢字の中に、
「辛」 (つらい)という漢字が見え隠れしません?

「辛い」を乗り越えるところに、「幸せ」が ...ある、なんて感じてます。
                   

「禍」(わざわい)転じて、「福」(ふく)となす。
の「禍」と「福」という漢字が、相似形でおもしろいと思われません?

「禍」に見舞われた時、「福」に転じさせるぞと自分に念じて、
心倒さず、心起こすように努めています。
                 

偏のひとつの心という字を図案化したと聞いています立心偏(りっしんべん)と
「真」という漢字の組合せからなる 「慎」。

私なりの勝手な解釈になるのですが、
「慎」という漢字は、真心(まごころ)と書くことになるわけで、
真心とは、一歩自分を引いて、人に譲る心で接する様、
要は、「慎む」(つつしむ)態度から生まれるのか ・・・・なんて考えたりします。
                                  

漢文学や国文学を勉強したことはありません。

あくまでも、私流の解釈なんですが、
私なりに、先人の思惑を垣間見れるような気がして、
常々から、ひとり悦に入っては、
そんな漢字を探すとはなし、無意識にチェックしてる自分に気づかされます。

わたしの大豆の効用について

[テーマ:徒然なる日常]

                
基本的に、豆、ごま、イモ類は、好きではありませんでした。

好きなものと言えば、肉。それも牛肉。 あとは麺。
                        

年齢的なものがあるのかもしれません。

しかし、家族の健康を気づかった、
長年月に渡る女房の影の努力に負うところが大きいかと思われます。

いつのまにやら、
ほんと、いつのまにやら、肉類から縁遠くなり ・・・

あんなに足繁く通った焼肉屋にも、
今年になって、1回行ったってところくらい・・・・でしょうか。
それも、しょうがないから焼肉で済ましておくか的な ・・・ 選択で。
しかも、キムチでご飯に、冷麺を主として、焼肉は添え物で。

牛肉にとって代わって、
気がつけば、大豆を口にしない日はないと感じます。

いつからか、大嫌いな納豆が大好きになり、しかも大粒。

みそ汁には、たいてい豆腐、時に油揚げのきざんだのまでも・・・。

厚揚げなんてのは、炒め物やら、煮物やら・・・今では、肉の代用でしょ。

枝豆で、ビール。
ビールとくりゃ、きゅうりに、もろみをつけて、もろきゅうでしょ。

お酒のあてに、おからや、豆腐の白和えに、目がないでしょ。

油揚げに納豆詰めて、焼いたやつなんて、・・・もう、たまらん。
そこに醤油垂らすでしょ。

よく考えれば、全部、大豆が素になってんじゃん。

コンビニのおでんでは、厚揚げに、がんもをよく買いました。

他に、ゆば、きな粉、豆乳、高野豆腐、煮豆、甘納豆 ・・・・・

大豆って、すごくないかと ・・・・・

また、こんなに大豆をいろいろと上手に調理する日本人の食文化も、
すごくないかと ・・・・

食生活が変わったことで、わたし自信のことで言えるのは、
思春期の頃から、年数回、必ず、寒くなる時期に
突発的に発症していたアレルギー性鼻炎から、
気がつけば、まったく解放されています。

大豆の効果、大きいのかなと思わざるを得ません ・・・・・・・。

J (ジェイ)

[テーマ:徒然なる日常]


100416_mago.jpg

突然の珍客、孫娘を連れて、
長男夫婦が会社にやってきてくれた。

久しぶりに会う孫娘は、
本当にお陰さまで、慎にありがたいことに、順調に成長させて頂いていた。

素直に、照れずに、ジジ馬鹿ぶりを遺憾なく発揮させてもらって、

「 かわゆす。 あぁ、かわゆす、かわゆす、 かわゆす、かわゆす、かわゆす。」
                 
                 
さぁ〜て、そこでだ。

この孫娘に、これから、私のこと、なんと呼ばせよう....○×△□、。?

そうだ!
ジジィ の ローマ字読み、JIJI の頭文字を採って ・・・・・ J (ジェイ)

我ながら、なかなか、イケてるじゃん。

孫娘が大きくなって、

「ねぇねぇ、J (ジェイ) 、私の話、聞いてくれる ・・・ 」
なぁ〜んちゃって言われたら ・・・・・ 素直に、うれピー♪

しっかし、もし、アルファベット間違って、

G と言われたら ・・・・・   
                 
                

まっ、 それはそれで、 また  うれピー  か、  なんちゃって。

とめどなく、ジジ馬鹿ぶりに酔いしれた夜でした。

染井吉野

[テーマ:徒然なる日常]

                   
毎年、毎年、桜咲くこの時期、桜に楽しませてもらってます。

去年も、そんな気持ちを、素直にブログにアップしていました。

こうして、私を楽しませてくれる桜ですが、
実は、よく知らないんですよ ねぇ。 ・・・・ 恥ずかしながら。

ソメイヨシノって桜は、
奈良県の桜の名所 「吉野山」 の桜と思っていたのですが、

あにはからず、ソメイヨシノ (染井吉野) という桜は、
吉野山の桜とは異なる産で、
もともとの 「吉野桜」 という名前だと、
吉野山の桜に誤解されるので、
わざわざ名前を 「染井吉野」 に変えたのだそうです。

大島桜 と 江戸彼岸ザクラ の雑種だそうで、
現在の東京駒込あたり (当時、染井村と呼ばれていたそうな) の植木屋さんが、
江戸時代末期に園芸用として、その苗木を売り出したそうな...。

他の桜に比べて、成長が早いそうで、10年もすれば立派な木になり、
若いうちから大ぶりな花を付けたことで、人気が出、
明治以降、急激に全国に普及し、
今では、日本の桜の80%は、「染井吉野」 なんだそうです。

ちょっとインターネットで、ググッて、読んだ記事の受け売りです。   

どうも、すみません。

便利な世の中になったよ なぁ〜って思わして頂きます。

心情の表出を、より効果的にしたもの ・・・

[テーマ:徒然なる日常]

                     
オリンピックの女子フィギュア、浅田真央さん、銀メダル。

私も、彼女の演技を固唾を飲んで応援した日本人の一人です。
しかし残念ながら、一歩及ばず ・・・で、
銀盤の神様は、韓国のキム・ヨナ選手に微笑みました。
                  
               ◆
                  
そして、浅田選手の演技終了後のアナウンサーの質問に、

「そうですね、本当に、ああ、長かったというか、あっと言う間だった」。

そして、涙があふれだし、30秒あまり続いた嗚咽。

浅田選手の、オリンピックの金メダルにかけてきた ・・・・
思い、努力、青春 ・・・・・・そんな彼女の一途な心情が慮られ、
思わずこんな私でさえ、少なからずこみ上げてくる? なにか ?を感じました。

浅田真央ちゃんの演技終了後の、この涙のインタビューが
繰り返し繰り返し、何度も、テレビで放映されるのを見ているうちに、

ふと、私は名前も知らない、あの男性アナウンサーが、真央ちゃんの

「そうですね、本当に、ああ、長かったというか、あっと言う間だった」。

 ・・・・・・・  「ごめんなさい。・・・・」

と言って言葉にならなくなって ・・・・嗚咽して、
次の言葉が出てくるまでの空白とも言える、 30秒間くらいでしょうか、

よく、その空白の間を、言葉を入れず、場を繕わず、一緒に待ってあげられたな と、

しゃべらない勇気、待てる勇気とでも言うんでしょうか、

演技直後の真央ちゃんに、しゃべらさないムードがあったのかも しれせん ・・・。

ともかくも、よくぞ、あの空白の間を作ってくれたことが、

真央ちゃんの心情を表出させ、

わたし達、見てるものに、より一層の共感を呼び起こす効果を発揮した と、

繰り返し、繰り返し、見ている内に、そんなことを思っている ・・・自分に気付きました。
                      
               ◆
                                     
人の心を揺さぶる感動に、? 多言は無用 ?ということを知らされました。

銀婚式なんです。

[テーマ:徒然なる日常]

                  
今日という日は、
なにを隠そう、わたし達夫婦にとって、結婚25周年にあたります。

当時、わたし28歳。 女房、19歳。

一人っ子の一人娘の、就職したての女房との社内結婚は、
当時、ずいぶんと会社の人たちから揶揄されもし、冷やかされもしましたが、
今となっては、なつかしい思い出です。

更に、高校生時分の息子 (長男) から、
「 ママ19の結婚はあり得ないし、想像できない、絶対、可哀想 」
とかなんとか言われた時がありました が ・・・・

そう抜かしてやがった、張本人の長男が 21か22歳で、
18か19歳のはるかちゃんと、
結婚しちゃったって言うんだから、
世の中、わかんないし、血は争えない もんだなぁ、とつくづく思わされます。

伴侶となった女房のお父さんの深い寂しさを、
わたし達親子は、しっかり心に刻んで、
今後の結婚生活を送ってゆかねばならないことは ・・・申すまでもありません。

つきなみな言い方ですが、
わたしのこの25年間の所感は、長かったようで、
あっと言う間の25年だったように思われます。

この間、女房殿は、
異星人みたいな、わたしという旦那相手に、
奮闘努力の毎日を積み重ねてきた  結果、

いつの間にやら、今では ・・・・・

ターミネーター も、

あの プレデター さえも凌ぐ ・・・・
                   
             
我が家の アドミニストレーター になられたのでありました。
                  
              
「 ママ、本当に、結婚してくれて、ありがとう。 」

若いっていうことは・・・

[テーマ:徒然なる日常]

                             
女性の精神年齢は、男性の精神年齢を子供の頃から上回っているのに、
それじゃぁ肉体年齢は ・・・・と言えば、やはり女性の方が平均寿命が長いとくる。

なんか腑に落ちないなぁ・・・と思うも、
所詮、男性は女性から生まれてきたもの ・・・ つうことで、まっ片付けられそう..かも。

しかし、なんで女性の方が長生きなのか、
長生きってことは、若い、若さを保っているってこと...か ○×△□?

若いっていうことは、何にでも好奇心があって、進取の気性に富んでいるってことって、
何かで見聞きした覚えがあります。

女性の日々の家事・育児といった生活は、とくに壮年期以降、
男性の日々の暮らしよりも、改善・改革の創意工夫の要素が多いんでしょうね、きっと。

だから、女性の寿命が、長くなる ・・・・・なんちゃって。

こんなことを書くというのも、
年始回りにこられた会社関係の方の一部の人が、
ひさしぶりに会ったわたしを見ては、社長、若くなったっ、て おっしゃる。

おせじとわかっていても ・・・・・・ やっはし、 うれピー♪

ズボラから起因する坊主に近いくらい髪の毛を短く刈った、 から ・・・・・。
以前のイメージから変わって、そう感じられるもかもしんない。

でも、自分的には、やっぱ今、パソコンに始まるIT関係のデバイスやシステムに
興味をもって、新しいことに挑戦してる ・・・・ そんな今日この頃の自分 だ・か・ら。

・・・・そ ・ だから、マジ、若くみえんじゃねぇ ...の! って思いこみたい。

自分に良いように良いように考える、その性格、こりてませんねぇ・・・・と、
周囲からまた指摘されそうですわい なぁ〜。  ブヘヘヘ

? 笑う門には福 ?

[テーマ:徒然なる日常]


新年あけましておめでとうございます。

下の写真は、2010年 元旦、生後3ケ月の初孫 を抱いてのもの。

大晦日の夜、突然の長男からの電話は、年の始まりという記念すべき日に、
今年84歳になる 私の父と、ひ孫 との思いもかけぬ初対面の場となりました。

2010_Start.jpg

写真のわたし、新年早々、これ以上できない福々しい顔をしとります。

目を細めて笑う顔は、自分で言うのもなんですが、
なんとも   ・・・いい顔してるなぁ〜と思うのは、 おバカな わたしだけ  ですか。

目を見開いた ぐるぐる目玉 は、怒った時の顔。

ぐるぐる目玉で、笑うことが適わないように、
目を細めて目じりを下げて、怒ることは出来ません よ、ね。

目を細めて、写真のような顔で、何もかも悦ぶ。
どんな運命でも笑って受け入れる。

偶然にも、ありがたいことに、
年の始まりという元旦に、この一年の自分への誓いを立てる機会を
長男夫婦のはからいでいただきました。

ありがとう。

因みに、実父が、ひ孫を抱いての感想は、? 感無量 ? との一言。

これも含めて、なんもかも、ありがとう。

さぁ、2010年の始まりだ!

ユニクロ の ヒートテック

[テーマ:徒然なる日常]

                      
先月中旬、この冬を乗り越えるアイテムとして、
ユニクロの 「あったかいわよ」 とママから教えられた ヒートテック を買いました。
長袖 Tシャツ に、 タイツの上下 をお揃で。

タイツ ・・・ なんつぅもんをはくのは、わたくし、生まれて初めて ・・・っす。

しかも、ボーダー と ワッフル の生地違いを、2セット。
なぜ 2セット一気に買い込んだかって申しますと、
私の経験 ・・・
ユニクロで、「これって、いいかも!」 と見つけた時に買っとかないと、
次行った時、なくなってるという経験が   ・・・・ わたしの場合、実に多い。

まっ、私のファッションセンスが、
無難な売れ線志向っていうことの証しでしょうか ・・・・。

                ■

で、今回買い求めた上下のカラーは、共に赤。
赤のボーダーに、真っ赤のワッフル地。

うちに着いて開封した途端、早速、ママから ・・・
「 なんで 赤 なんか買ったの ・・・。 他の色、 なかったの ・・・。」

いえいえ、最初は、グレーや黒を、カゴん中に入れておりました ・・・   
ん が、しっかし、
可愛い嫁に、可愛い孫 もできたことでっし、
この不景気の風が身にしみる厳しい冬の寒さを乗り切るためには、
体の内から燃え上がるオーラを醸し出す ”赤衣” を着用するのは ・・・

ものすごく、いいんではないか!!

と ふとヒラメキ 、そう感じたら、もう自分のなかでは、 
赤っしょ。 やっぱ 赤 しかないっしょ。 ・・・って、
頭(こうべ)フリフリ、瞬時に確信へと変わり、
生まれて初めて 赤い下着の着用へという行動に打って出たわけでありました。

ほんで、   着てみましたがな。    
g-o-o-d! こりゃ、あったかい わぁ〜。

しっかし、ママさんから  またまたイエローカード。

そのオデの真っ赤のタイツを指でつまんで、
「こんなの(洗濯物)、表に、干せません。」 だって。

さらに、お風呂に入ろうと、洗面所で、
上半身裸の ピッチピチ、そう ピッチピチの 赤タイツ下半身姿 を
家族皆んなに見られたら、 一同爆笑 で、 

誰が言ったか・・・・・・ メタボ の 江頭 2:50 なんぞと言われ、
言われた瞬間、  
既に硬直して横っ跳びしてる、期待に応えるサービス精神を発揮している始末。

これこそ、わたしが狙った ”赤衣” のパワーか ・・・・・

                ◆

とはいえ、これで、この冬、厚手のコートは不要で、
多摩川の土手を、犬連れて、楽しそうに身軽に歩いてんのは、  

このオデさま で、やんすから。

そして、その着衣のインナーは、上下お揃の真っ赤。
たまに、パンツの裾から、赤色タイツがのぞいていたら、   ゴメンね、ごめんネェ〜。

まっ、そこんとこ、大目に ヨロピク。

DVC00059.JPG

旧交を温めた友へのお礼メール

[テーマ:徒然なる日常]

イタリアの種馬ちゃん  (←有吉ヨロシク、私がつけた旧友へのニックネーム)

昨日はありがとうございました。

ここずぅーっと疲れが溜まっておったことは、昨日報告の通りで、
原因は、お伝えした通りで、はっきりしてまして、
日曜や祝日の会社通いは、息子同伴の会社通いとなります。

趣味の犬と遊んでいる分には、疲れないんだけれども、
正直とってもありがたいことに、パソコン好きの息子と一緒だと、
さながら、50歳のIT音痴の私へのIT実践講習会みたくなって、
無料教師?同好の先輩?による、
パソコンからサーバー、データベース、社内LANの理解・管理・接続・・・・○×△◇
さながら師匠と弟子二人の実地訓練の様相。

更に、ここにきて、その取り上げるテーマのレベルが上がって、
実践講習会も、熱気を帯びたハイテンションの受講の様相を呈し、
もう連日、お仕事お仕事モードで・・・わたしなりに、かなりヘバッている・・・な と。

しかし、も一人の自分が、いやいや勿体無い、ありがたいよなぁ、
無料パソコン先生の息子は、天からの贈り物か ・・・、
上手に睡眠や休息をとってしのいで、くらいついていかねば・・・。

そこへ愛犬イヴが、突然、肝臓癌?悪いもの?の疑いを宣告され、
更に、その診断を裏付けるかのように、1週間の間もなく、日毎、
みるみる腹水がパンパンに溜まってゆく状況とが重なりまして、
私に、精神的追い討ちをかけまして ・・・・

先日、1.5リッターの腹水を抜いたことは、ブログ記載通り。

しかし、これもありがたいことに、腹水中、悪いものは見当たらず、
心臓疾患へと病巣をシフトする治療の方向転換の宣告を受けまして・・・・。

そんなこんなで、先週末は、偏頭痛と嘔吐に襲われ・・・・ということに相成り。

しかし、不思議なもんで、昨日、会社に立てば、
偏頭痛も晴れ、嘔吐もなくなり、お仕事モード全開になれましたし、
心配したイヴも、どうも治療が的を得てきた感あって、
日増し大丈夫という感じが濃厚になってきました ・・・・。

そこに昨日は、イタリアの種馬ちゃんが、イタリアからわざわざ来てくれる日 ・・・
これって、天の配慮の休息か ・・・ 思い切って会おうと、

で、昨日は貴重な時間を頂戴いたしました。

体調不良のうわさの私をお気遣い頂きましたが、
貴方に会えて、楽しい時間を過ごせたお陰で、
私は スッキリ ・ バッチリ ・ ドッキリ です。

本当にありがとうございました。

「自分で作れる」という TARACOのコンセプト を、堂々巡りしては、またまたの原点回帰。
右に左に、上へ下へと ブレては、原点に戻ってくるという過程のなかで、
原位置に戻る度ごとに、最強の 「自分で作れる」 の信者・権化と化してきてます。

まっ、種馬ちゃんには、またまた、なんのこっちゃ・・・って、お怒りお叱りを受けますわ な。

そんな オデさま ではございますが、
これに懲りず、今後ともおつきあい方、よろしくお願い申し上げます。

タラ

*追伸*

種馬ちゃんこそ、少しお疲れのご様子。
御身ご自愛あれ!頼みます!!
まだ、孫の顔も見てない べ。


そんな旧友からの返信メールに興味のある方は、コチラ

続きを読む 「旧交を温めた友へのお礼メール」

たまらなし!

[テーマ:徒然なる日常]


たまらなし。

あぁ、たまらなし。

破顔.jpg

私、昨日(2009/10/04 午前0時過ぎ)? おじい ? になりました。


足裏.jpg

今年春、結婚した 長男 に、
中秋の名月の夜に、可愛い娘が生まれました。

                    
たまらなし.jpg
                    

気のおけない同世代の50代近辺の友人の中では、
一番早い? おじい ?ではないかいな ・・・・

このブログで、? おじい ?のこと知って、
驚いている友人知己も多いはず。

しかも、うちは、娘じゃなくて、息子 (23歳)の孫。

聞いてないよの友人知己からすれば、
突如、第3コーナー大外から飛び出して、
ノーマークのダークホースがゴールした感じでしょうか・・・

真に、ありがたいことには、安産 ということで、
母子共に、すこぶる健康ということですが、

やっぱ 出産 は、たいへんだ。

はるかちゃん、ご苦労さん。 ありがとう。

今年、他界した義父に、ホント、会わせたかったし、抱かせたかった ・・・・・。

この夏の総括です。

[テーマ:徒然なる日常]

                      
今年の夏は、例年の夏に比べて、
夏夏してなかった夏といった印象が、私には強いです。

猛暑日もあって、まだまだ残暑厳しい日もありそうですが、
短かった夏の残り日が消えるのも、もうそうは遠くない感じです。

その証拠に、陽の落ちる時間が、
ついお盆の前までは、7時頃まで明るかったというのに、
ここ最近、6時近辺へとだんだん短くなってきていますし、

巣立ちを終えたヒナやその親鳥たちで、
お盆の頃までは、多摩川の河川敷、
縦横無尽、ビュ〜ンビュ〜ンと飛び回ってた ツバメ達 の姿が
いつとはなしに見かけなくなってしまいました。
台湾やフィリピン、マレー半島の方へ越冬しに飛び立ったのでしょう・・・ね。

アブラゼミ や ミンミンゼミ に交じって、
ゆく夏が、つくづく惜しい、つくづく惜しいと鳴いていると教えられた、
ツクツクボウシ の鳴き声が、ここへ来て増えてきてますし、

結局、この夏が私にとって、短く感じられたのは、
例年なら、わたしの誕生日 (7月28日) 前に、
梅雨は完全に明けて、カンカン照りの真夏日に突入するのに ・・・

「戻り梅雨」 とかなんとか称して、
梅雨明け (関東甲信越地方) 宣言が、
7月20日に確か出たにもかかわらず、
その後も、ぐずぐずした天候が続いて、
この夏は、体の芯から汗かく日が少なかったことが
私にとっては、なにか不完全燃焼のまま、もの足りない気分の短い夏と感ずる、
大きな原因だったと思われます。

しかし、季節は、まったなし。
秋へ秋へと確実に向かっていってます。

さっ、気持ちを切り替えて、充実の、食欲の秋を 満喫し〜よ〜っと。

仕事モードに切替えだ!

[テーマ:徒然なる日常]


今年のお盆休みの間で、
私という人が気づいたことに ・・・

8月15日の終戦記念日に向けて、
戦争の筆舌に尽くしがたい悲惨さや、
核の廃絶を唱える番組や報道がなされていたことは、
原爆の唯一被爆国である日本として、よいことだなぁと思いました。

ただ、お盆という、そのもののについては、
帰省ラッシュの高速道路の渋滞や、
新幹線の混雑状況の報道には喧しいが、
お盆そのものの慣習や伝統について語られることは ・・・ まぁ少ないように感じました。

今年、私にとっては、義父 (享年77歳) の初盆ということがあって、
そもそも、お盆とは・・・○×△◇と、自問自答してみましたら・・・・・
いやはや、全くもって、何も知らない自分に気がつきまして、
日本の伝統的宗教行事としてのお盆は、
こんな私が平然と生きてこれたことからして、無くなっていくのかなぁ・・・と思いました。

因みに、皆さんはご存知のこととは思われますが、
キュウリのお馬さんと、茄子の牛の意味は、
「 ご先祖様、馬に乗って早く帰って来てください。」
「 そして、お盆が済んだら、牛に乗って、ゆっくり (あの世へ) お帰りください。」
という意味なんだそうである....。

玄関先に迎え火を焚いて、ご先祖さまが家に帰ってこられるのをお迎えし、
そうしてお迎えしたご先祖さまに、精進料理のお膳で出迎え、
そして、送り火を焚いて、お見送りするそうなんだ、そうな ・・・・・。
年に一度のお盆という時期に、家族親戚一同会して、
自分達のきし来し方を振り返り、
感謝の思いを祈念する ...継承すべき日本のよき慣習だなぁと気づきました。

            ◆

いずれにしても、そのお盆も、今日で終わり。

お仕事モードへ、ギアをシフトします。

今朝の地震から ・・・

[テーマ:徒然なる日常]

今朝は、地震で起こされた。

日曜の夜半にも、こちらでは、震度4の地震があったそうだが、
わが家は、法要からの帰宅の高速道路車中にあって、誰も気づかなかった。

地震で起こされた寝ぼけ眼で、テレビを着けて見ていたら、
地震で激しく左右に振れる現地カメラの映像が映し出され、
程なく、駿河湾を震源とする、静岡県で震度6弱を記録といった地震の第一報が流され、
早々に、河村官房長官の記者会見と官邸の危機管理への対応が発表されていた。

こんなことをブログに書くのも、思い出されるのが、
1995年1月17日、今日と同じく火曜日の同時刻に起こった阪神大震災。

私自信、元を質せば関西出身、
当時、勤めていた会社も大阪本社の、京都に主力工場もあって、
親戚、知己知人の多くが関西方面で起居生活していながら ・・・

その日の朝のニュースでは、
私自身も経験がなかったこともあって、ぼんやりと ・・・・
「なんか大阪の方で、大っきな地震があったみたいなぁ ・・・・」
「皆なさん、大丈夫 か ・・・・なぁ」
の軽い意識だけで、会社への出社の準備を急いだ覚えが甦ります。

阪神大震災では、悲しいかな、マスコミも、官邸も、今時ほどに震災経験がなく、
更に、政権担当経験のない社会党内閣であったことで、
今時と比べて、官邸の対応も、かなり遅きに失っした感ありの記憶が残っています。

今朝の迅速な関係機関の刻々の対応をニュースで確認しながら ・・・

阪神大震災発生当時の朝のことを思い出すと共に、
大雨台風追撃で、今朝の地震を発端に、
これ以上の大きな災害にならないようにと願う自分がおりました。

大渋滞から ・・・

[テーマ:徒然なる日常]


私という人は、行列のできるお店とかに ・・・・まっ、並んだこと、 ありません。
端的に言っちゃえば ・・・・ 「待てない」。 「待つことが苦手」。
せっかち、いらち、気短か ...もうもう、いい歳こいて、おはずかしいこってす。

ところで、世の中の大勢は、先週末から、お盆休みに入った感。

「待てない」 私でございますから ・・・
お盆休みとかの大渋滞が予想される高速道路は、余程の理由がない限り、
基本回避の、空いてると思われる都心なんぞへ出かけたりします。

渋滞に巻き込まれ、車が動かなくなるってぇと、私という人は、
当然の如く、イライラが募り、じっーーーとしていられなくなるんです。

そこで、ちぃーーーっとでも、目的地の方角に向かう、
渋滞していないと思われる別のルートを探しては、
実際、どうなるか分かんないくせに、絶対、こっちが早いと理屈を言い張っては、
一般生活道や、道なき道の抜け道らしきルートの方に突っ込んで行きます。

そして、その結果   ・・ ・ ・ ・ たいてい .。oO○

さらに、身動きできないような迷路に入り込んだり、
渋滞避けて、避けて、を繰り返してる間に、結果、ムチャクチャ遠回りして、

「高速走ってた方が、 早かったんじゃないのぉぉ・・・・?」
って、女房に不信・疑惑の視線を投げかけらることを、 まぁ常としています。

お盆休みの大渋滞ではございますが、
私みたいな短気はおこさず、皆さん、気長に安全運転で、お帰りくださいますよう、 
アホなオヤジが自戒を込めて、お願い申し上げます。

土曜の夜のこと

[テーマ:徒然なる日常]

先週、土曜の夜 (09/08/01) は、
今から遡ること40年前、私が卒業したN小学校。

この春から、そこの教頭先生になった
中学校時代の旧友/Y さんと、30年ぶり、
しかも彼とは、初めてと言っていい酒宴。

しかも、お互いが指名した宴席は、中学時代の旧友/M くんのお店。

Y さん、M くん共に、
年齢は、私が1年先輩の、中学で同じ陸上部で走った仲間。
もちろん、二人も共に、N小学校卒業生。

Y さんとは、陸上部の部長、副部長の間柄で、
中学〜大学に入学するまでの期間、
ずいぶんと二人、青春人生談義を重ねては、
時に、はげしくぶつかり合って喧嘩までした仲。

しかし、大学入学後は、彼は教職の道へと邁進、私は民間企業へ就職し、
お互い進む路が異なったこともあって、
それから今日までの約30年は、年賀状だけのやりとりしかありませんでした。

そんな Y さんと 私 を結びつけてくれたのが、
今回の宴席となった中華飯店の店主/M くん。

先日、ランチを食べにいった時、
 「 多羅尾さん、Y さんが、N小の教頭先生で、こっちへ戻ってきたんですよ。」
 「 Y さん、土曜とかに、ランチ食べにきてくれるんすよ。」

その一言が発端となって、どうしても Y さんと会いたくなり、
そして、今回、私にとっては、実に気の置けない楽しい仲間との
飲み会が実現したのでありました。

しかも、私にすれば、実は、久しぶりの我が家以外での酒席。

加えて、50代のオッサン、3人3様の異業種交流懇談会の態を成した
それはそれは、面白い情報交換の場でもありました。

面白い話はつきないのですが ・・・

50代の、気の置けない、真面目に、まじめに働く オッサン達 が集まったら、
必ず話題にあがる話のひとつに、
お互いの 「借金 と その支払期間 」 を情報交換し確認し合うという、
ある面、悲しい習性があることに気がつきました。

そして誰か (私でしたが・・・) が、
「借金は、働く発電機だよな 」 とかなんとか言って、
お互いに、なんとなくお前もか ・・・・ と共感し合って、その場が終わるんです。

50代という年代を象徴するひとつに、「 借金 」 があるよなぁ ・・・・・
40代の時に比べて、体力面での自信を喪失しつつ、
子供は、確かに成人してきつつあるとは言うものの、
まだまだ、おやじ、踏ん張って、頑張って、辛苦って、
働いて稼がなくちゃなんない世代が、 50代なんだなぁ ・・・・・

しみじみと帰りの電車ん中で、車窓から走る景色をながめながら、
一人、 思ったんでありました。


M くん、そして M くんちの皆さん、
心からの おもてなし、 ありがとうございました。

はてさて、今日という日は ・・・・

[テーマ:徒然なる日常]


はてさて、今日は何の日でしょう?

慎に申し訳けありません。

実は、私の53歳の誕生日。

昭和31年7月28日 午後3:00
大阪の小さな産院で、父、30歳、母、26歳の第一子、長男。

頭囲33cm 胸囲30cm 体重2500g 
頭の大っきな色白の未熟児寸前の赤ん坊。

真夏で気温が高かったので、保育器には入れられなかったとのこと。
真冬であれば、保育器直行の未熟児扱いであったとのこと。

今は亡き母から、よく聞かされた私の誕生当時の話です。
                         
                
幼少期、まっ当時のたいていの家庭がそうであったと思いますが、
我が家は、たいへん貧乏な時代だったそうですが、
私には、その当時の極貧生活の記憶が全くありません ...ありがたいこってす。

唯一、なんか子供心に、
幼稚園児ぐらいの年頃だったでしょうか、
父の会社の同僚の方から頂いた、
お下がり (死語でしょうか ・・) の洋服が、
どうも自分的にしっくりこないというか、
その洋服だけは、なんか着ることがはばかられる ・・・・・・
そんな風に思ったことが強く印象に残っていて、

成人してから、なにかの拍子に、その服のことを思い出し、
当時、そんな不思議な気持ちであったことを、
何気に母親に告げましたら、

なんとその洋服は、
父の同僚の 娘さん のお下がりの ワンピース であったことが判明し、

服にこだわったことがなかったはずの子供だったのに、
妙に、その服だけは、自分的になんかこう・・納まりが悪い印象が残っていて、

それは、たぶん、ズボンをはかせてもらえず、
その洋服の下、まっワンピースなわけで、
だから、即おパンツ。
しかも毛糸のパンツということに起因していたと、今になって分かった次第。

ともかくも、子供心にも、なんか着るのをはばかられた、
そんな、なんともいえない謎の思いの原因が、明らかになって、
とてもすっきりした覚えがありました。


そんなことぐらいしか私ん中には記憶がない当時の極貧生活を経て、
私と妹 二人を大学まで出してくれた両親には、ただただ頭が下がります。

あらためて、自分たちの子育てに比べ、
両親の子育ての苦労に、深く低く頭を下げざるを得ません。

おやじ、おふくろ、 ・・・・・・ ありがとう。

53度目の誕生日にして、 ようやく、そんなこと 思っています ......感謝/合掌

悼む

[テーマ:徒然なる日常]


実は、昨年末、すい臓癌の末期を宣告され、
今年に入って、入退院を繰り返しておりました、
家内の父 (私にとっては義父) が、
去る 6月23日の朝、静かに天に召されました。(享年77歳)

一人っ子の家内を、
19歳で義父から略奪するように結婚して、はや24年余り。

結婚後は、にくたらしかろうはずの 私の “ 一 の 応援団長 ” となって、
70歳間近にして、何を思ったか、パソコン を求め、以来 独学で習得し、
ほどなく、Yahoo にて インターネット も開設し、
この ブログ にも、貴重な コメント を 投稿してくれた その父 が、
今は、ない という 事実 が、
まだ、自分の中で、しっかりと実感できていないというのが、
実は、 ホントのところです。

写真が趣味の一つだった 父 は、
わたしのブログの つなぎ用の画像 が欲しいという
あつかましい求めにも、快く応じてくれて、

お気に入りの写真集 から 厳選しては、

言いも、頼みもせんのに ・・・

わざわざ 画像サイズ を
このブログ用に リサイズ して送ってきてくれるという ・・・

そんなさりげない優しさを滲ませる、大好きな親父でした。

冥福を祈る。  ........ 感謝/合掌

090703 孝宣 出航.jpg

何故、桜咲く頃が好きなのか?

[テーマ:徒然なる日常]


好きなんです よねぇ...この桜咲くこの時期が。
なんだか自然に、凛々しい心持ちになっちゃうんですよ。

サクラDVC00004.JPG

何故、わたしは.......殊に、企業家になってから、
桜咲くこの時期が、殊の外、好きになったんだろう か ?

満目の草木が、長い冬の眠りから覚めて、
一斉に芽を吹きだす、そんな季節(シーズン)の象徴だから ..。o0○

で、 一人 篤と、桜満開の、この時期に、
その答えを求めて考えめぐらしてみました。

そんな自分の思いへの、答えの一つに、
「節目」 への自覚というものがあるのかなぁ〜と思いました。

今では、コンビニの24時間営業は当たり前。
スーパーや飲食店だって、24時間は珍しくありません。

それに、年中無休ときてるから、
例えば、師走なんやら、新年なんやら、
家屋の構造の変化も起因してると言えるでしょうか ・・・・
その季節、季節の 「節目」 を象徴する風物に出会うことが、
私の子供時分を思い返すと、ずいぶん希になってきています。

野菜や鮮魚や果物も、私ん中では、季節感を失って、
いったい大根は、いつが旬?
秋刀魚なんて、今もスーパーで特売品になったりしてたり ・・・・

今日一日を終えて、明日という日のことを考える。
一年を締めくくり、新しい年に思いめぐらす。

過ぎた時間を振り返り、反省し、感謝し、
その上に立って、未来に備える。

私の子供自分、こうした当たり前だった、心の中での作業が、
今では、便利、便利が最優先となって、
確かにずいぶん便利になった反面、
前へ前へと押し流されているような毎日 ・・・・・・

私ん中の大切なものを失いつつあったことに気づきました。

新入生DVC00001.JPG

桜咲くこの季節、
明らかに、それと見てとれる、新入生、新入社員の清々しい雄姿をそちこちで目にし、
それに呼応するように、多くの企業も、新しい期を迎える時期の到来でもあり、

そこに拍車をかけるかのように、
桜の花がスタートフラッグのように一斉に散り出します。

この大切な 「節目」 を気づかせて、
毎日の生活を振り返る気づきを与えてくれるもののひとつが、
この時期の 「桜」 だったんだと考えいたりました。

私の中で、曖昧になりかけている人生の 「節目」 を自覚させ、
毎日の暮らしぶりを振り返るきっかけを、
この時期の 「桜」 から与えてもらっていたことに思い至りました。

今年も 「桜」 さん達よ、本当にありがとう。
また、来年も、よろしくお願いします。

ゴミは護身(ごみ)

[テーマ:徒然なる日常]


ゴミ箱のことを、「護美箱」 とはよく見かけましたが、

ずいぶん以前に、「ゴミは、護身」 という標語を見かけて、

あれ!美しいの 「美」 じゃなくって、身体の 「身」 なんだ・・って思ったことが、

なんとはなし、私の記憶にいつまでも残っていたのですが、

そうしましたら、こんどは、「廃棄物は、拝棄物」 という標語に巡り合いまして...

偶然、「ゴミの護身」 と 「廃棄物の拝棄物」 とがつながって、

 「ゴミは、はじめからゴミだったんじゃなかったよな。」

 「私の身の回りの役に立ったものであったわけなんだよな。」

そんな私たちの身(の回り)を護ってくれたお陰で、

はじめ美しかったものが、そうでなくなっちゃったわけで、

それを処分するとき、何気なしに無造作に捨てるのではなくて、

そのゴミの来し来し方を思い起こし、ゴミじゃなく護身だったことを振り返り、

拝む態度で処理させてもらう。

そうした考えって、ワンガリ・マータイさんの 「もったいない」 に一脈通じる風で、

無駄のない慎みある生活へとつながる身近な環境問題の指針になるなぁ・・・

ふと一人、篤と思い至ったのでありました。

なのはな.JPG

如何ともし難く...。

[テーマ:徒然なる日常]


今から、10年近く前、
親友のKと一緒に、
ランチのちらし寿司(丼)を食べていて、
隣のKが、いちいち、ちらし寿司のネタに箸をつける前に、
近眼の眼鏡を頭の上にあげちゃぁ、顔にどんぶりを近づけて、
なんか寿司ネタを確認するような仕草をした後、
頭に上げた眼鏡を元に戻しては、
うまそうに・・・ 安心したように・・・ ランチのちらしを食ってたんで、

「 Kちゃん、さっきから、なにやってんの...。」 って聞いたら、

「 オデ、どうも老眼みたいで、ネタ、よく見えなくって、
    何食ってんのかわかんなくって、こうすっと、おいしくいただけるんです。」

こん時、Kに対する思いやりのかけらもなく、
今から思えば、慎に失礼ながら、その場では、お腹をかかえて大笑いした有様。

そして更に、当時、気のおけない連中が集まった時には、
必ずと言っていいほどに、こん時のKの話を持ち出しちゃぁ、
その場の話題のネタにまでもしていた始末 ......。。oO○

もうホントウに、情けない、お恥ずかしい限りで、
今となっては、反省、幾たび、重ねたいの心境。

「 Kちゃん、御免な。」


で、そんな殊勝な反省の態度を示すきっかけとなったのは、
うすうす去年あたりから、じょじょに認識しだしてはいたのですが、

完璧、今年(2009年)に入ってからは、
わが身においても、
自分の視界の 30cmあたりのもの、
具体的には、パソコンの画面の文字が、
日によってではあるけれども、
目から、離そうとも、近づけようとも ・・・・・・

そう、焦点(ピント)を合わすことが叶わなくなり、

老眼鏡の助けを借りずにはいられなくなったという次第。


ところで、その 「 老眼鏡 」。

確か、英語では、「 Reading Glasses 」 と、

まっ、わたし流、英語解釈で言えば、 「 本、読む時のメガネ 」。

私的には、欧米人の優しいユーモアあふれるセンスを感じたもんでした。

そこいくってぇと、日本の 「 老眼鏡 」。

もっ、なな、なんて直截的な 「 年老いた眼用のメガネ 」 って、

なんて面白くない言い回しなんざましょ ・・・・・・・・○×△□!BBBBoo

なぁ〜んつって思ってしまう、
このオイラのひがみ根性こそ、年喰ってきた証拠なんだろうか ...。oO○

あらためて ..... 「 如何ともし難く。」

浅間山噴火

[テーマ:徒然なる日常]


会社事務所正面の駐車スペースに
昨日から、たまたま駐車しておいた、女房の愛車 ミニカ。

2009 02 02 001.JPG

今朝、出社しましたら、なんとそのミニカの車体一面、
白い粉じんに覆われておりまして...

2009 02 02 002.JPG

これを発見して、まず私の頭ん中をかすめた、慎に失礼な推理は、
誰かが、会社事務所の階上から、 セメントを播いた...の か。

2009 02 02 003.JPG

いやいや、昨晩は風速10m強の強風が吹きあれてた...よ な。
公園の砂塵...か、いや、これはセメントじゃないか。

2009 02 02 004.JPG

まさか、今朝のニュースの浅間山の噴火の粉塵が、
ここまで飛散してきた・・・・・・うっそ〜、なわけないよ な。

で、近くの駐車場を見てきましたら .....へぇ〜そうなんやぁ。。o0○


自然って、やっぱすんごい。

一筋の雲から

[テーマ:徒然なる日常]


2009 01 08 002.JPG

写真は、一昨日(2009/01/08)の朝。
会社裏手の多摩川の土手で撮影。

2009 01 08 006.JPG

対岸は、東京都は調布市の市街。
この辺りでは、多摩川が東京と川崎の境を分けて流れてます。

2009 01 08 003.JPG

写真の一筋の雲は、多摩川とまさしく並行して走っています。
犬連れで、毎朝通る土手ですが、こんな雲を見たのは、初めてです。

2009 01 08 001.JPG

銀行の待ち合い室に置いてあった、
川崎市多摩区の歴史を扱った写真集で、
昭和30年代当時の冬、この辺りの多摩川で、
老若男女が、スケートを楽しんでいる写真を見たことがあります。

今の多摩川で、川面が凍るなんて、とても想像がつきません。

生活排水の温度が上がったであろうこと、
それよりなにより、朝、はく息が白くなる日が・・・

この冬あったかなぁ..○×△□?

わたしの子供時分、
ハァハァ白い息吐きながら、
元気一杯、登校した記憶が残っています。

やっぱし、地球は温暖化の方向に向っている ・・・よなぁ .。o0○

一筋の雲見ながら、そんなことを徒然に思いました。

ママは、サボテン

[テーマ:徒然なる日常]


前回ブログで、

子供たちがまだ小さかった頃の、

「パパは、ドラエモン」 の話を思い出しましたら、

やっぱし、わたし的には、その話と対となる

「ママは、サボテン」 の話を切り出さずにはいられません。


2008 12 26 サボテン.JPG


今から十数年前の中堅管理職当時のサラリーマン時代。

ずぅーーーーっと、中堅管理職のまんまでした .が....。

日本の会社の営業組織の慣習上、

私の立場は、売上に始まる計数造りの実質責任者っていえば、

わかりよいでしょう  か..。


まっ、上から、重石をどんじゃかどんじゃか載せらて、

実働部隊の下からは、その重石の軋轢でつきあげられる。


で...ででで、そこで、その緩衝・緩和としての ノミニケーション。


平日は、仕事で帰宅が遅い上に、

会議があれば ・・・当然、飲み会。

月末計数達成なら ・・・・必然、飲み会。

本社から、エライさんがみえたとかいっちゃぁ ・・・勿論、飲み会。

ほいでもって、お客さんとの接待は ・・・・ハイ喜んでで、飲み会。


まっ、まっ ・・・・おわかりの通りで、帰宅時間は、たいてい深夜。

ひどい時は、午前様。


で、ででで ・・・・・週末は 「パパ、ドラエモン」 の状態。


そんな暮らしが続いた ・・・・ある日、

珍しく家族で夕飯を囲んだ時、

ママさん、優しく もの静かに ・・・ 曰く

「パパさぁ、わたしのこと、サボテンだと思ってるでしょ。」


「はぁ〜〜〜○×△□?」

「1年に1回水やっとけば、

     ひとりで勝手に綺麗な花、 咲かせるって...

               そんな風にわたしのこと、思ってない...。」


「 えっ、ええーーーーー・・・・・・・・・ 」

瞬間、息が詰まって、言葉が出ませんでした。


醜くゆがんで苦笑する、

アラフォー男がそこにたたずんで居たのを、

子供たちは、決して見逃しはしませんでした。


「ふ〜ん、ママは、サボテンだったんだ...。可哀そう...。」


「  ・ ・ ・ ・・・・ 」

パパは、ドラエモン

[テーマ:徒然なる日常]


2008 12 12 002.JPG


仕事を終えて、

会社から家にたどり着いて、

風呂に入って、

ご飯食べて、

就寝までのわずかな時間、

テレビのスイッチ入れて、

そうねぇ ・・・・・ だいたい3分もあれば ・・・・

たいてい、こんな風に ・・・・ わたし、仕上がっちゃいます。


そうそう家内から、 

「 パパは、おやすみ3分で困る 」 って、

わたしが、毎晩、家内より先に寝息を立てちゃうから、

先越されて、眠れなくなるから、

たまには、先に寝ないで ・・・・ って苦情を言われるんですが....

まず、守れたためしがありません。


まっ、そうねぇ、  そうなんですよねぇ。

若い頃から、わたしは ・・・・・・ こんな風。

寝虫って、言われたこともありましたっけ。


で、毎夜毎夜の、こんなわたしの寝姿を

「 パパって、土左衛門 (どざえもん) みたい。」 って言ったのを、

子供が聞き間違えて、

「 うちのパパは、ドラエモン。ママ、そう言ってたモン。 」

そんな子供が小さいころの思い出話を、

こんな自分の寝姿の写真から、

思い出したのでありますた....マル

聞きまつがいの思いこみ

[テーマ:徒然なる日常]



お客さまからの問合せやら、

注文品の加工やら、

そうそうそう、突然の来客やら、

一日のなかの繁忙な時間帯の中での、

それは、でき事でありました。


電話をとった家内から、

「HエンジニアリングのM内さんから ・・・・電話欲しいって。」

「電話番号のメモ、机に置いといたから・・・。」

「で、メモの内線番号、直接言ってって...。」


細事に追われ、時間と格闘の最中、

実は今日あたり、TELタッチ入れようと思ってた、

大口件名のキーマン/HエンジのM内さんの方から ・・・・ すわっ!電話!!

  こりゃ、以心伝心・・・よき兆候 ・・ってか!

営業マンの本能が騒ぎ出します....ブヘヘヘへ。
                
2008 12 13 001.JPG
         
そそくさと受話器をとって、

メモの電話番号を ・・・ ピッピッ ・ ポッポッ ・ パッっと

数回コールのあと、

女性のアナウンスがあって ・・・・

はやくはやく、内線でしょ、

内線言うんでしょ...って、はやる気持ちを抑えながら..。

で、 「直接、内線番号を ○×△..... さい。」 と。

私、もうこの時点で、おわかりの通り、

完全聞き間違いの思いこみ状態で、

内線番号を受話器に向かって、

いい声で、そういい声で、活舌よろしく、発音伝達して、

そいでもって、相手先の音声認識装置に認識させて、

M内さんの部署につないでもらわなければいけない....と。


世界のナベアツにも似て、

1回目 : 「3343 (サン ・ サン ・ ヨン ・  シャン)」

何の応答もないので、

おいおい、無視かよ ・・・・ と、

いい声、いい声、特別に いい声で っと..。


2回目 : 「サン ・ サン ・ヨ  ン・・・・....。」

だいたい、この 「 ヨ 」 の頭出だし当りで、

自分のやってることの、おバカに気付いたように思いました。


音声認識なんかで、

内線振り分けなんて、するわけないだろう が....と。


足元で、キョトンとしている犬たち。

周囲の人間は、私の、この一人ボケに

どうも気づいてないことを確認して.....よしよしと。



で、何事もなかったように、冷静を装って、

内線番号の 3・3・4・3 を、

指でプッシュしたこと、    言うまでもありません。

柿食えば・・・みたいな〜

[テーマ:徒然なる日常]


「柿」 のおいしい季節となりました.....ねぇ。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」 とか、

「二日酔いには、柿」 とかって、言われてます よ ・ねぇ。


081019 001.JPG


でも、実は、私の場合、

最近まで ・・・・・ん、まっ正直、

あまり 「柿」 という果物は、好きじゃありませんでした。


ここ最近の 「柿」 って、

以前より、グググっと甘くおいしくなったんじゃ ・・・ありません?

少なからず、種なしの 「柿」 は、私を 「柿」 好きにするのに、

大いに貢献したことは、間違いありません。


081019 002.JPG


「柿」 って、「ゴボウ」 同様に、

日本人しか食べないんじゃないかっ ・・て、

イアリア料理や、中華料理、まっ洋食全般と言ってもいい、

これまで、私ん中では、食べたり、料理やお菓子になったりしたのを

まっ、みたことないよ う な ・・・・。


で、Googleで 「柿」 で検索したらば、

いやはや、どうも日本に限らず、あちこちの国でも、食されているみ たい・・な。


「 秋深し、柿 が鳴るなり法隆寺 」  違うか。

まっ、でも、自分的には、

「柿」食べて、舌鼓を打っている今の季節は・・

「秋深し・・・・」 みたいな〜〜〜。

荒尾の梨、マジ やばいっす!

[テーマ:徒然なる日常]


下の写真、

女房の実家から頂きました、熊本県は、 「 荒尾 」 のジャンボ梨。

朝出かける前に、女房から、

「今日の夜ご飯の後に出すからね。」

で、 

「行って参りま〜す。。」


荒尾のなし 011.JPG


荒尾のなし 009.JPG


で、

夜ご飯の後、生まれて初めて頂きました。


食べる前、 私のイメージ ・・・・

まっ、こ〜んなに、デッカイ 梨っすから ・・・・


たぶん大味っす。 

きっと大味っす。

カスカスとは言わないまでも ....水々しくは、絶対ないっす。

こっちで売ってたとしても、 .... まっ、買わないっす。
                
              

どっこい、冷蔵庫で、冷えたやつを出されて ・・・・・

パクッと一口 ・・・・・・

 「マジ、 ヤバいっす。」

 「ブッチャケ、 うまいっす。」

 「おいし〜いっす。」

 「生まれて初めて、こんなおいしい梨、食べたっす。」


自分的には、

食べやすく小さく、いくつにもカットして、

フォークで刺した、お上品な食べ方より、

ザクザクっと、4つ切で、直に手にとって、

すいかみたいに頬張って、食べる方が好きっす。

その方が、 「断然 、うまいこと請け合いっす。」  


果汁がほとばしちゃって、  「もっ、ムッチャ、あまいんす!」

しかも、あの上品な梨の甘さが・・・っすよ。。。。

もう、口ん中、いっぱい、一杯っす。


こいつは、マジ おいしかったっす。 

ひっさしぶりに、感動したっす。


来年と言わず、またすぐ食べたいっす。



な〜に、贅沢ゆってすんか ・・・・・  「確かに!」

子供自慢から見えてくるもの

[テーマ:徒然なる日常]


親友の下町くんの一人娘が、先日、結婚した。

下町(以降、下ちゃん)くんとは、先だっても、
名古屋くんだりで、杯を酌み交わしたっちゅうに、
全く、一人娘の縁談の話なんぞ、そん時は、おくびにも出さず、

全く、突然の、彼からのメールで、
「某月某日 娘M 結婚します。」
「ついては、祝電頼む。」 と。

更に、芋洗坂係長風 の 猪熊(以降、猪ちゃん)くんから、
下ちゃんからのメールを追いかけるように、

「既に連絡がいってたら、ゴメン。」
「某月某日、下町くんの愛娘Mさんが結婚されます。」
「つきましては、祝電の方、お願いします。」

友達思いの猪ちゃんみたいな奴がいて、
下ちゃんは、幸せな野郎だ・・と思いました ね。

そんな下ちゃんと猪ちゃんの2人とは、
3人揃ってというのは、なかなか最近ないけれど、
どちらか1人となら、しばしば杯を酌み交わします。

同年代のオッサンが、酒飲みながら話す話っちゃぁ・・・ねぇ、アンタ。

まっ、仕事の話。
でっ、会社の話。
ほいでもって ・・・・・やっぱ、仕事・・に関する  お話。

最後に、子供と親の話で、ちょこっと女房の話 ってか....。


そんな、ちょこっとする家族の話でも、

猪ちゃんとオデは、テレもせず・・・・

我が子の子供自慢の話ができる、親バカ同志。

とっ ころが、下ちゃん。

まぁ・・・進んで、娘の話なんか・・・   

しないよねぇ〜。

したことないよねぇ〜。


そも、娘の話を、のばそうとしないで、締めようと・・・・

するよねぇ〜。

そこいくと、 猪ちゃん。

娘自慢だよねぇ〜。

もっ、五月蠅いぐらい・・・・ヘヘヘ。

そこへもってきて、負けず嫌いのオデも、

息子二人、ポケットに入れて持ち歩きたい ・・・なぁ〜んて、

言うよねぇ〜〜。



そんなそんな、一人っきゃいない娘なのに、

娘の自慢どころか話すら、あまりしたがらない下ちゃんから、

娘Mさんの結婚式を終えた翌日、写メを頂戴致しました。


 題 : M結婚

 祝電ありがとう!式で読み上げてもらいました。
 おかげで無事に行ってしまいました。
 ちなみに泣いてません、念のため。 下町
       −END−


この娘さんの写真をお見せできないのが ・・・・全くもって、残念。

下ちゃんの娘、 メチャ美人。

こんなに奇麗だったんだ・・・・聞いてねぇよ〜。

あいつ、娘のこと、実は、可愛くって可愛くって、しょうがなかったんだ・・・。

そんな下ちゃんの気持ちが、ヒッシヒッシと伝わってくような
幸せそうな若いカップルの結婚式の写真が2枚。


ででで、 最後は、聞いてもいやせんのに・・・自分から、

「泣いてません」 だって、

しかも、 ごっ丁寧に  「念のため」 つき....アホか!


お前、心ん中で、

大泣きこいてんの、

もう、バレバレですから〜〜〜〜。

台風13号一過の朝

[テーマ:徒然なる日常]


台風13号、本州沖を東進。
太平洋側中心に大雨。

こちら (川崎近郊) では、
今日、運動会やら文化祭 ・・・ といった催しが予定されるなか、

昨夜のニュースでは、
やれ大雨に、暴風雨、土砂災害 ・・・と警戒に喧しく、
はてさて、明朝のお天気は ・・・ 一体全体どうなることやら....o0○

皆がみんな、気をもんでいましたが ・・・ 私に限っては、犬の散歩。
で、蓋を開けてみましたら ・・・・


DVC00006 001a.JPG


あぁ〜、ありがたや、ありがたや。
早朝こそ、雨がそぼ降っていましたが、
8時もすぎましたら ・・・・ 西の空の方から、雲間をかきわけ、青空が。。。。


DVC00004 003a.JPG


多摩川の土手をおりて、
二ケ領用水添いを歩く頃 (8時半頃) には、
気温がグンと上がったなと感じたら ・・・・


DVC00005 002a.JPG


木々の間から、
来た、来た、 来た〜って感じで、
あたりを一段と明るくする、陽光が射してきて、いや刺してきて、


DVC00003 004a.JPG


ホント、絵に描いたような、
これが、台風一過の朝ですよ!を現出してくれたのでありました。

さぁ、会社に帰って、今日もいちんち、ハリキッて参りましょう。

残暑なく・・・ゆく夏の総括

[テーマ:徒然なる日常]


わたしは、夏が好きなんだなぁ・・・
しかも、暑い暑い晴天の真夏日が好きなんだなぁ・・・
頭のてっぺんから、水あびしたみたいに、
大汗かくのが、実はとっても気持ちいいと思ってんだなぁ・・・

お盆休みが明けた途端、こちら(川崎北部)の方は、
天候不順も不順、連日、大雨洪水警報で、
「大気が不安定」という天気予報のお決まりの台詞に、
もう耳にたこができてまして、
実際、夕方からの雷鳴轟く集中豪雨と、
更には、深夜未明の地響き伴う雷鳴には、もうさすがに閉口してる始末。


2008 08 29 ヘリ1.JPG


そんな天候不順続きの多摩川の朝の上空。


2008 08 29 ヘリ2.JPG


ヘリコプターがホバリングして、
何度も何度も旋回したり、
かと思えば、上流下流を行ったり来たり・・・・


2008 08 29 ダム1.JPG


こんな写真からでも、
ゴォォォォ、ゴォォォォって濁流の音が、
聴こえてきませんか・・・


2008 08 29 ダム2.JPG


ゴォォォ、ゴォォォ、って・・・・


2008 08 29 増水1.JPG


毎日生活の中で、身近に接している多摩川だから、
その豹変ぶりに、自然の力の凄さをひしひしと肌で感じさせられます。



今年は、お盆休みまで、まんまん真夏日で、
早朝といえど、もっ!朝のはよから、暑いこと暑いこと・・・

私の子供の頃は、お盆にもなれば、
朝夕、殊に早朝は、ひんやりとして、
あぁ、そろそろ夏も終盤に近づいてゆくんだなぁ・・・と、
季節の移ろいを感じたもんだけれど、

地球温暖化がわざわいしてるのか・・・
お盆になっても、早朝の暑さ・・・まだまだ冷めやらぬ!と思ってた矢先。

突然の連日の天候不順。
朝晩も、一気に涼しくなりましたし、
曇天の中から、たまにのぞかせる晴天も、一気に秋空模様 ...ですか。


2008 08 31 003.JPG


今年は、
あんなに暑い晴天続きの真夏だったのに、

お盆休みが明けてからは・・・一気に涼しくなって、


はてさて、

残暑厳しき・・・のご挨拶のが使えない夏でもあったの ・・か なぁ・・・・。

これも、それも、地球温暖化の影響....?○×△□

北京オリンピック傍目八目

[テーマ:徒然なる日常]

あらためて、
北京オリンピック出場の日本代表選手他の方々、
毎日、ほんとうに素晴らしい感動をくれて、 ありがとうございます。

スポーツニュースのダイジェスト版で、
順位の結果を聞いてしまう方が多いのですが、
たまたまライブで観戦できた、
昨日の男子競泳のメドレーリレーなんかは、
ゴール直前まで、手汗握って、熱く熱く応援してしまいました。


オリンピックになると、
日本という国家や民族をすごく意識してしまうのは、 私だけ・・か?

専門的なことは全くわからないので、
コメントすることが適いませんが、
オリンピック・イヤーになると、
民族紛争的なニュースが増えるような気がするのは、 私だけ・・・か?

地球温暖化を考えるとき、
地球に住まう 人に限らず 生きとし生ける物みな、
地球というひとつ屋根の下に住まう
家族 (一家、兄弟) なんだという意識は、  すごく大切ですよ・ ね....。


さて、今回の北京オリンピックで、
まだ終わっていませんが、真っ最中ですが・・・
傍目八目のスポーツ音痴の私が感じたことと言えば、

日本人の? 連覇 ? が多いことに、
すごく感銘を受け、励まされています。

4年に一度のオリンピックで、
優勝することだって、
否、出場することにおいてだって、

ムッチャ、クチャ難しいことなのに・・・


そこで、再び選ばれて、
その上、再び勝つということは、

どんなに難しく厳しいことか ・・・私には、言葉にできません。


企業人として、
利益を出し続けることの難しさを、
少〜しだけわかっている  私という経営者に・・・

おこがましい発言をお許し頂くならば・・・


皆さん、一度の勝利に慢心することなく、
勇気を奮い出して、オールリセットして、
また一から全てを組み立てなおして、
精進なさったんでしょう...ね、 きっと。

ただただ、頭が下がります。

ホント、感動をくれて、ありがとうございます。
皆さんから、勇気をもらっている、私という人間がいます。

そして、確か、野村監督の著書にあったかと思います。
次の言霊を思い出します・・・

「失敗」 と書いて 「成長」 と読むことにしている。

湯船につかって・・・ふと思ったこと。

[テーマ:徒然なる日常]


ほぼ毎日のことですが、

一日の働きに疲れて、我が家へ帰る。

我が家へ帰って、風呂に入る。

暑い毎日、汗まみれの身体、

湯船に浸かって、その疲れた体をやすめる。


で、ふと思いました ・・・。

人間って ・・・、

気持ちいい時、

気分がやすらいだ時、

なんとも言えぬいい気持ちん時、

安心しきって満足した時、

目が細まって、鼻歌がついて出てくるなぁ。

う ・・・む、確かに  目ぇ細めるなぁ ...。o0○


目ぇ細めて、怒ること出来ないなぁ ...。o0○

怒る時は、目ぇ見開くなぁ。

ぐるぐる目玉になって、怒やしつけてる....よな。

ぐるぐる目玉では、笑えないか....ハハハ


幸せのシンボルのお多福さんの目は細い・・・か。

えびす大黒の目も細く笑って明るいよなぁ・・・。


最近の俺って、目ぇ細いかなぁ。

目を細めて、何もかも悦ぶ。

そんな大人になんなっくちゃなぁ ・・・・ ダメじゃん。


湯船につかって、天井見上げながら ・・・・ ふと、思ったこと でした。

極限

[テーマ:徒然なる日常]

会社の近所のいつもの床屋さん。

やっとのこと時間 (床屋さんの空きと自分の時間の都合)
をみつけて、昨日の夜、行ってきました。

因みに、わたしは、パーマ屋さん(←今は、美容院?美容室?)へは、
行ったことありません。

別に、胸張って、言うこっちゃ〜、 ありませんが ・・・・。


で、会社近くの行きつけの床屋さんで、

主人: 「長さは・・?」

オデ: 「ぼうず ・・・。」

主人: 「ええっ。。」

オデ: 「頭めんどくさいのと、大汗かくから、
        坊主にしたいと思ってるんだけど ・・・、坊主だと、
           すぐオッパピーになって、メンテ大変っすか・・ ね?」

主人: 「まぁ・・・。」

オデ: 「じゃぁ、スポーツ刈り ・・・・・・も、
         結局、坊主とおんなしっすよ・・ ねぇ。。」

主人: 「はぁ・・・。」

オデ: 「ほんじゃ、オッパピーにならない長さで、
           極限まで短く ・・・ご主人の腕前、見してください。」
         



2008 07 24 010.JPG



あぁ〜、スッキリしますた。

太陽エネルギー

[テーマ:徒然なる日常]


当社は、創業以来、毎朝の社内清掃が、慣例となっています。

朝7:00から8:30位まで、
ゴミ出しに始まって、掃除機がけ、雑巾がけ、
トイレから机の上まで、ガッチリ清掃します。

この時間を利用して、パソコンのウィルスチェックもしてしまいます。


2008 07 15 007.JPG


で、何を言いたいかと申しますと、
この時期の朝の清掃は、全身から汗が噴き出ます。
床を雑巾がけしておりますと、
俺、泣いてやなんか、いませんから・・・って言い訳しなくちゃなんないほど、
床の上に、ポタポタ、ポタポタと大粒の汗がしたたり落ちます。


2008 07 15 008.JPG


で、掃除の後は、
下世話な話題で申し訳けありませんが、
汗だくになった、シャツやら、パンツやら、靴下やら・・・
もう全〜部まとめて、洗たくしちゃうわけであります。


2008 07 16 001.JPG


で、当然、乾しますわな。
写真の通りです。
恥も外聞もなく、50年も人生生きて参りますってぇ〜と、
道路に面したところに、
そっ、前述のシャツやら、パ〜ンツやら、乾しちゃうわけでありまして・・・。

で、言いたいことは、
太陽のエネルギーって、スゴイ!

この時期の真夏日と言われる日なら、
どうでしょう・・・お昼過ぎには、乾いちゃう。

冬もそうだし、梅雨であったれば、
これって、乾いたって思っても ・・・・ いい?
ええ〜い、ままよ!乾いてるってことにしとこ!!

・・・・・なぁ〜んてネ。


今日のようなお天気ならば、
もう全く迷う必要がありません。


だって、パリパリに乾いてるんですから。


この太陽エネルギーを発電に活かそうと考えた、
日本企業の先陣の、その開発力に、
深く厚く敬意を表すると共に、
我々も、そんな人類に貢献できる仕事を残したいなぁ・・・と、


洗たく物のパンツをとりこみながら、
一人想う私という、こんな経営者もおるのでありました。。。。oo○○

巣立っちゃいますぅ〜

[テーマ:徒然なる日常]


道路を挟んで、
会社右斜め前にあるスナック 「 麻耶 」の
その入口の軒先テントの中にできた燕の巣。

一つ前の6月22日のブログでは、
その燕の雛たちは、まだ産毛もポワポワ( 6月18日撮影 )で、
なんといったらいいのか、鳥のヒナヒナしてました。

下の写真は、6月25日撮影のもの。
今年は、巣から脱落する雛もなく、全羽が無事成鳥に。


2008 06 25 005.JPG


下の2枚の写真は、6月26日撮影のもの。

やっさもっさしながら、
なんとか全羽、巣からこぼれず、納まってます。

こうなってくると、誰がみても、
もう巣立ち間近を予感させてくれますよね。


2008 06 26 004.JPG

思わず一言 「 巣立っちゃいますぅ〜。」

2008 06 26 003.JPG


で、下の2枚は、明けて6月27日の写真。

巣の中には、2羽しかいません。
左側から撮影。


2008 06 27 001.JPG

右側から撮影。 ね、2羽でしょ。

2008 06 27 002.JPG


ほんで、今日、6月28日撮影の写真。

やっぱ、もぬけの空。
つわものどもも、夢のあと。


2008 06 28 001.JPG


「 み〜んな、巣立っちゃいました〜!」

あすたから、そう、あすたからは、
近頃の朝夕習慣になっちゃった、
燕の巣の偵察をしなくてすむと考えたら ・・・・

うれすいような、少しさびすいような ・・・・

燕 と カラスイケイケ と ・・・

[テーマ:徒然なる日常]


毎年恒例、
会社の右斜め前、
道路を挟んだ反対側、
スナック 「 麻耶 」 の入り口の
照明と壁とのすき間に、
毎年、? 燕 ? が巣作りします。

去年も、おそらくこの時期のブログ (ももブログの方だったか・・) に、
私のことだから、この話題はとりあげているはずです。


2008 05 27 007.JPG


その「 麻耶 」 の看板の向こう側、
新緑の木立が見えますよね。
「 麻耶 」 と道路を挟んだ反対側、
下布田公園の木立です。


2008 05 27 009.JPG


この木立の一角に、
カラスの巣があります。
一昨年は、カラスに燕の巣が襲撃され、
以来、その年は燕が巣に戻ってくることはありませんでした。


2008 06 15 017.JPG


カラスのお父さんです。
いや、お母さんです......○×△□
まっ、どっちでも、いっか。
ともかく、例年通り、カラスも巣作りしています。


このカラスのお蔭で、
今年の「 麻耶 」 の燕の巣作りは、
例年に比べて、遅々として進まず、
巣に居たか・・と思えば、見えなかったりで、

会社周辺の商店街の他の店舗の軒先では、
もうとっくに巣作りが終わって、
一回目の雛たちの巣立ちも終わった巣もあるっちゅうに ・・・・
今年は 「 麻耶 」 から巣立つ燕たちは見れないかもなぁ ・・・・・と
「 麻耶 」 のマスターとカラスをながめながら話してたんですが ・・・・


2008 06 18 001.JPG


心優しきマスターの執念が、
燕を呼び寄せたかして、
下の写真の通り、無事、
雛たちが巣から顔を出すまでに成長しました。

しかし、マスターとカラスと燕の知恵比べ、
上の「 麻耶 」 の写真に見える通りで、
「 麻耶 」 の入り口の軒先テントには、
カラス避けのCDが何枚もぶら下げてあって、
このCDは、燕避けにはならないかして、
カラスは来ないけれど、
燕はちゃんと巣の出入りをしています....魔可不思議。


2008 06 18 003.JPG


2008 06 17 004.JPG


ところで、昨今のこの近辺のカラスは、
人間慣れを通り超えて、人間摺れしていて、
例えば、ほんのちょこっと、自転車から、
お母さん (人です) が離れた隙に、
自転車の買い物カゴにのせてある、
食材満載のスーパーのレジ袋を平然と荒らしたりしよります。


「 ゴキブリホイホイ 」 という素晴らしい商品がありましたが、
「 カラスイケイケ 」 という、カラスが近づけない商品を発明したら、
大ヒット間違いないまいだろうなぁ ・・・・ と

自分のビジネスの立ち位置 (製造業) をついつい忘れて、
儲かりそうなこと、儲かんねぇかなぁ〜ってことへと
発想が安易に流されてしまっている
そんな自分に気づかされます・・・・? 反省幾度重ねたい ?

つばめ 2008 から、今年もまた、種々学ばせて頂きました。

梅雨の象徴に ・・・ ござんす。

[テーマ:徒然なる日常]


写真は、皆さんご存知の紫陽花 (あじさい) です。


2008 06 06 006.JPG


朝に夕に、会社周辺を犬連れで散歩しますってぇ〜と、
この時期、皆さんとこでも、同じでしょうが ・・・・
             

2008 06 06 007.JPG


もっ、そこかしこで、紫陽花が咲いてます。
この時期のブログの多くに、紫陽花の花のことが、
とりあげられているだろうかと思います。

もっと、きれいで、上手で、素敵な紫陽花の写真は、
そっち方面のブログで、お楽しみ下さいませ。


2008 06 06 008.JPG



でぇ、わたしらしい、も一つのこの時期の象徴についてが、下の写真。

やはりこの、梅雨の時期となりますと、
紫陽花同様に、自宅近くの路上に ・・・・・・ わいてでてくるんです。


車のヘッドライトに照らせれて、
うごめいているものは ・・・・ そう、ガマガエル。 ときに、ウシガエルも。


2008 06 15 018.JPG


今日の写真では、残念ながら、1匹ですが、
これが横に列をなして、10匹近くで移動するさまは ・・・・ 圧巻です。


ピントがぼけてるのは、
やはり、今年はじめて、一年ぶりに出会っちゃった?みっけちゃった?驚き、喜び?
その心の動揺がま〜んま、シャッター押す指に乗り移ったか ・・・・・・


2008 06 15 019.JPG


ここいらの、この時期の夜の王者みたいです。
ノッソ ノッソ、ノッソ ノッソ と、垣根の奥へと、
そのお姿をば、お隠しになられました。


2008 06 15 020.JPG


もう何十年も前、初めて遭遇したときは、
路上に、子犬か子猫が、うずくまっているのかと思い、
少しく通り過ぎたにもかかわらず、車内の緊急家族会議で、
これは、やっぱ捨て置けないということになり、
わざわざ車をとめまして、車から家族全員おりまして、
こやつ(そん時は、ウシガエル)の至近距離まで、
まんまと歩み寄ってしまいまして、その正体がわかった瞬間 ・・・・・

正しい ? 一目散 ? とは、このことをゆうんだったのかという、
その一目散で、車に逃げ帰ったことが今も愉快に思い出されます。

これって、デカクねぇ!

[テーマ:徒然なる日常]



今年、 「 イチゴ 」 大豊作 じゃねぇ。

私、間違いないと思いますよ。

気候ってんでしょうか、陽気ってんでしょうか、
そいつが、「 イチゴ 」 の栽培に適してたんでしょうかねぇ。。 。 。  。

写真は、今朝の朝食に も でてきました 「 イチゴ 」


いちご皿.JPG


こんな形のいい、大っきな 「 イチゴ 」 を
そうそう頻繁に口にした年は ・・・・ 今までなかった。

ありがたいこってス!

愛犬を含め 「 イチゴ 」 大好き家族なんだけれども、
例年を思い返すと、だいたい、たいていは、小粒系の ・・・
もしくは、これジャム用にした方が いんじゃねぇ ・・・ みたいな系の

それでも、十分喜んで、いただいてたんですが ・・・・

そんな 「 イチゴ 」 を、口にしてる印象の方が
自分の中では、勝ってるんですが ・・・


いちご手.JPG


今年に限って、
色といい、形といい、粒の大きさといい、
いま迄なら、誰かの誕生日とかの特別な日のみ、
食卓に上るような 「 イチゴ 」 が、
ちょいちょい登場してくれます。。。。

重ねて、ありがたいこってス。


つうことは、ですよ。
ですよ ・・・・ ですよ 。。 。  。 やっぱし。


そう思ったら、思わず 写メ 撮ってる自分がおりました。

正真正銘

[テーマ:徒然なる日常]


写真は、我が家の中2の次男坊です。

典型的末っ子の次男キャラ。
どこっがって言えないんだけれども、
なんともいえない愛嬌がある。

小っちゃな頃から、
あん(兄)ちゃんのすること、なすこと
よぉ〜く、よく観察して育ちましたし ・・・

そこに愛嬌も手伝って、

まっ、
父親の私から、
叱られた、怒やしつけられた回数は、

あん(兄)ちゃんときと比べたら、
そりゃもう、10分の1くらい。

あんちゃん曰く ・・・
「 のぶ(次男)は ラッキーだぜ。
 (お父さん、)俺みたいにお前のこと怒んないもんな。」 ...とか。


取付作業中1.JPG


そんな次男坊も、
最近、食べて寝て、朝起きると、
昨日より、またちょっくら大きくなったんじゃねぇのかい、ってな調子。
今年中には、父ちゃんの背丈を追い抜きそうな勢い。


取付作業中2.JPG


身体がでかくなっただけと思っておりましたらば・・・
先日、家の中の大工仕事を手伝わせましたら、
いっちょめぇに、面倒な大工仕事を
そこそこ こなすようになっておりまして


取付作業中3.JPG


まっ、
ご覧になっての通りでおま。


取付作業中4.JPG


次男の大工仕事の介助をしながら、
こいつ、身体の真の力ついてきたなぁ ・・・・と


ハハハ、私、完全無欠の親バカです。


取付作業中倅足.JPG


で、この足がまた、たまんなく可愛いと思っちゃう。


テヘヘヘヘ、正真正銘の親バカです。

地球誕生・・・

[テーマ:徒然なる日常]

今から ・・・

およそ ・・・ 46億年前 の ・・ 地球誕生の瞬間。


080210ブログ地球誕生0.jpg


微惑星の衝突・合体の繰り返しによって、

原始地球は、誕生したのであった。

                  
080210ブログ地球誕生1.jpg


地球表面は、マグマ・オーシャンとよばれる、

厚い マグマ の海へと化したのだ。

                  
080210ブログ地球誕生3.jpg


マグマ・オーシャンができたことにより、

重い金属鉄は、ずぶずぶと地球の中心部へと

沈んでいったのでありました。

                    
080210ブログ地球誕生4.jpg


 ・・・・ こうして ・・・

   地球の 核 (コア) は創られたのでありました。。。。



                
                  
                        
                  
                  
                    

「 パパ〜 何やってんのぉ ・・・・

  みっともないから、お店ん中で、写メ 撮んの、やめてくれる・・・。」
                
                  
080210ブロク地球誕生5.jpg


「 ハイハイ・ハイ ・・・・・ (今、これからが、いいとこだったのにぃ〜)」

私の宝物であり、生き甲斐であり。

[テーマ:徒然なる日常]



080210ブログ宣猛勉.jpg


中学2年の学年末試験ということで、
珍しくも、倅 (次男) 、猛勉中。。。

そんな倅が ・・・・

倅 : パパ質問。 歯にいいのは? シッ素 ?だよね。

父 : うんうんうん、そうそうそう。
    贅沢を避けて、質素な暮らし方をすれば、
    健康に恵まれて、虫歯にもならずに過ごせるんだよ。

母 : チゲェ〜だろ!

父 : すす ・ すんまそん。


この後、勿論、正しい答えを教えたこと、言うまでもありません。





倅 (長男) は、電気工事の職についています。
職業柄、よそ様のお宅の床下や天井裏に入っての、
配線作業を生業とさせて頂いております。

そんな倅が ・・・・

倅 : パパ、? カマドウマ ?って知ってるよ・ ね。

父 : ?...○×△□? マラドーナの弟か?

倅 : ちっ・げぇ〜よ。
    大ゲジとペアででてくる? カマドウマ ?だよ。

父 : わしゃ、そんなもん知らん。 何じゃ、それは。


こうして、私は、そんなもん知らんでも、
なに不自由なく、人として 生きてけるのに、

ある日を境に? カマドウマ ?の正体を
知ってしまったのでありました。


それは、床下に棲息する生き物の一種らしく、

倅いわく、床下に入って、倅が床下をば、
匍匐 (ほふく) 前進したらば、
そいつは逃げるどころか、向かってくるそうな ・・・・

更に、信じられないことに ・・・・

ニュージーランドでは、そいつをペットとして、
飼育するお方もおいでになるそうな ・・・・


ここまで読んで頂いて、
もっと詳しいことをお知りになりたいと思われた

わたしと同類の、ご奇特な方は ・・・

「 巨大カマドウマ 」 で検索して、

その画像を見付けて下さいませませ。。。。。。イヒヒヒヒヒヒ

やっぱし地球温暖化

[テーマ:徒然なる日常]



080210ブログ写真000 1.jpg


上の写真は、

一昨日 2008年02月09日(土曜) 16:00頃

川崎市多摩区中野島の多摩川サイクリングロードから

多摩川の向こう岸 東京都は調布市の市街を望む。。。。

私の体感気温の予想では 2〜3℃

夕刻より北風、強く吹き始め.... .. ノ ノ ノノノノノノノノノ

空、ご覧の通り、午後から、いちだんと 暗雲 たれこめる。

雪が降っても、全くおかしくない空模様。。。......




080210ブログ写真0002.jpg


確か ・・・・、天気予報

18:00頃から雪が降り出して、

都心でも10cm位?積雪も 予想 され る...と、 か...○×△□?


その予報通り、17:30頃から ・・・ 霙 (みぞれ)降りだす。








080210ブログ写真 0003.jpg


18:30頃から ・・・ 畏れ多くも、かしこくも ?予報 見事に的中!?


当方の 「 ・・・ゆったって、そ〜んな雪積もるわけねぇ〜よ!」 ・・・ の

甘〜い予想を あざ笑うが如く、

じゃんじゃん みるみる 降り積もる雪 ・・・ また雪。。。oo○○○

あっという間に、車道の上にも、積雪 。。。。。oo○○



今思えば ・・・ 20:00頃、雪 ピーク。
               

しんしん と、ホント しんしんと 降り積もる雪 ・雪・雪・・雪。。。oo○○○


明朝は、きっと路面凍結 .。.。.。

会社 (愛犬の世話) に車では行けないんじゃなかろうか ???

「俺、会社に泊まろっかなぁ ・・・」 と不安 が過ぎってました。

不安の拡大と比例するかのように サイドミラーに積もる雪。


080210ブログ写真 0004.jpg


でも、この後の ・・・・ 会社から家路に向かう

22:30頃には、またまた予報通り、

雪が小止みとなって、雨に変わったのでありました。



そして、

一夜明けての日曜の朝の多摩川 。。。。

これから 2〜3日は、

道の悪いなかでの生活になるなぁ ・・・ と覚悟する次第。


080205ブログ写真 0006.jpg



ところが、ところが ・・・・その日曜日。

これがまた天気予報的中で、みるみる天晴れな快晴となって、

気温も 12℃位まであがって ・・・・・


とどのつまりの 下の写真。
              
          
最初の写真と ほぼ 同じ場所、同じ時刻の

一夜明けた 2008年02月10日(日曜) 16:00頃に撮影したもの。


残雪の後、全く見当たらず、

昨日、雪降った? ホントォ〜??

ウソ言っちゃダメだよぉ、雪なんか降ってなんかないでしょ 。。。といった様相。 


080205ブログ写真 0005.jpg


こんな体験、これまで無かった。

大雪が降った後は、

残雪の雪融けで、道がしばらく ビチャビチャ で、

屋根からも、融雪の塊りが バッシャン バッシャン 落ちてくるわで、

しばらく憂鬱な生活になるぞ ・・・ っと覚悟したはず ・ だったのに。


やっぱし地球温暖化の影響なんでしょうか ・・ ねぇ。。。。。

それでも地球温暖化

[テーマ:徒然なる日常]

080128ブログ写真 045.jpg

ここ何日か しばらく ・・・
真冬らしいと言ったら良いんでしょうか、
身が引き締まる寒さと言っていいんじゃないでしょうか ・・・
なかなかに吐く息も白さを増す、寒い毎日が続いてますよね。。。。

でも、
新春の箱根駅伝では、
過去に例を見ない数の有名大学の一流ランナーが、
脱水症状によって棄権する姿が映し出され、
当日の気温上昇は 地球温暖化の影響だ、
なんてニュースで言われたりもしてましたよね。

確かに、
最近の冬において、
私自信含めて、ひと昔前には 誰もが来てた、
分厚〜い、丈の長〜い、重たそ〜な、ドロ〜ンとした オーバー や、
お前は、マシュマロマンかと言いたくなるような もっこりダウン を着てる人の姿を
この冬は、あんまし見かけてないような気がしませんか?

だから、地球温暖化だと結論する気はありませんし、
わたし如きに、判断できるものでもありません。

で、
とりとめもなく一人思うに、
屋外は、前述の通り、やっぱし、それ相応に寒いじゃんと感ずるんです。

ただし、
屋内という屋内、今では何処も、
すっかり暖房がゆき届いちゃってて、
脱いだり着たり、持ち運びにかさ張る、
コート や ジャケットの類は 敬遠されてきてるんだろうな。。。。

そこへ持ってきて、
フリースだの、ゴアテックだの?エアテックだの?と ・・・
薄手軽量にもかかわらず、保温性能の高いものが商品化されたりしてるから ・・・・

まっ、
今日もお寒いのに、
この冬、スタジアムジャンバー着てる人って、
あんまし見かけないなぁ〜と。。。。

お寒いお寒い多摩川の土手を
犬連れで散歩しながら、
この冬の? それでも地球温暖化 ?なのかについて、

徒然に思いついたまんまを ブログに書いてみちゃいました。。。。。

              
080128ブログ写真 046.jpg

ふっ・ヘェ〜〜〜

[テーマ:徒然なる日常]



今年の夏で、
52歳になりなんと欲す? おやじ ?に ・・・・


080128ブログ写真 階段1.jpg


1 ・2 ・ 3 ・・・・・・・・・・・・・・


080128ブログ階段2.jpg


七十 イ〜チ  ・ 七十 ニィ〜  ・ 七十  ・・・・・・・


080128ブログ写真 階段4.jpg


百 い〜ち   ・ 百 にぃ〜   ・ 百  さぁ〜  ・  ・   ・


080128ブログ写真 階段5.jpg


 ・  ・   ・ にひゃく さんじゅう〜 ごぉ ・  にひゃく さんじゅう ろくぅ


080128ブログ写真 へたれ.jpg


こんな酷いことさせる奴は、

どこの、どいつなんだい 。。。。。。


出て来いやぁ〜

はまってます!

[テーマ:徒然なる日常]



080107白岳.jpg


上の写真、
熊本県人吉市に本社のある

高橋酒造 の 米焼酎 「 しろ 」


先日、
我が家で、
畏れ多くも、かしこくも

お酒を全く飲まない女房殿から、

「 ハイ、これっ!」 って この焼酎。

なにやら、
親戚のお兄ちゃんが、
この会社のCM制作にかかわったとかなんとかで ・・・・○×△□?


まっ、理由なんて、なんでもいい。

お酒飲めるんなら。

ホント、ありがたい親戚がいてくれて、

マンモス・うれピー。。。。


で、でね。

頂いちゃいましたがな。。。。。

グイ飲み探すの面倒で、

小鉢をグイ飲み変わりにして。


おいピー、ふんごく おいピー。

まいうー。

ボーノ、ボーノボーノ。


で、
うまく説明できないから、
高橋酒造のホームページから、
以下コピーの抜粋。

この通りだと思いますです....ハイ。


フルーティで、上品。
すっきりした軽やかな口当たりで、
飲み飽きないうまさ。


因みに、
上戸の方からは、
ひんしゅくを買うかも知れませんが、

ロッテ の ガーナ・チョコレート と一緒に合わせ飲むと、

私的には、いける。メッチャいけます。


但し、アルコール度数は、25度ですから、
飲みすぎには、ご注意を。

初詣 2008

[テーマ:徒然なる日常]



我が家の初詣は、
新春三が日には詣でないで、
初詣客も一段落する、
成人の日前後の休日に、
鎌倉は鶴岡八幡宮へお参りするのが、
ここ何年かの恒例行事となっております。


080113迎春.jpg


で、
行って参りました。
詣でて参りました。。。こないだの連休中日に。


080113おみくじ売場.jpg


とは言いましても、
まだまだ結構な人手で、
境内に昇る中央の階段も、
まだ一方通行のままで、
例年と変わらぬ結構なにぎわいを見せておりました。


境内前の写真にある、
? おみくじ ?の看板で、
思い出すことがあります。。 。 。 。。

もう10年近く前の初詣のこと ・・・・ 。

長男が中学1年くらいだったような ・・・確か 。

この写真と同じ場所 。

まず ママが ? 大凶 ? のおみくじを、

なな、なんと二度も続けて 引き当ててしまいまして、

初詣でにぎわう人ごみの中で、

それは、それは、痛くヘコ んでいる その真最中 。

別の窓口に並んでいた長男が、
ようやくにして、おみくじを引かせてもらえて、
多分に うれしかったんでしょう ・・・・

人ごみん中で、

ピョコン

ピョコンと、

飛び上がりながら、

大っきな声 。

報告してくれたんです 。


「俺、まつきち〜 ( 末吉 ) 」


新年早々、

ママ、真っ青の中、

方や、長男、

おめでたい初詣客から、

初笑いというか失笑を頂戴して、

耳たぶまで 真っ赤になったという思い出の顛末。


で、でで、

引いてきました、今年の? おみくじ ?。

「 こきち 」 ではなく、「 小吉 」 。


080113おみくじ小吉.jpg


で、

そうそうそう、

“ チーム TARACO ” のメンバー皆が

やっぱ気になんべなぁ〜 ・・・・・ と思い出して、

折り畳んで結ぼうとした ? おみくじ ? を

もう一度、引き伸ばして撮影してきました.......よ!


080113おみくじ事業.jpg


ですって!

わたし・・・だけ。

[テーマ:徒然なる日常]



長年、う〜ん、どうでしょう、かるく10年以上は ・ ・ ・

部屋の入り口 と 天井の間の 柱んとこに、

いつも掛かってた 我が家の柱時計ちゅうのか、壁掛の時計。


その時計が取り外され、デジタルの置時計に変わってから、

そう、 もう 3ケ月以上たつでしょうか。。 。  。   。


そうなんです。。。。共感してもらえるんじゃないかと思うんですが、

いまだに私は ・・・、

例えば、朝目が覚めた時から始まって、

ふとした時間の確認の折、

ついついと言うか、

どうしてもって言うのか、

日に何回も、

その壁掛時計があったところに

視線をやってしまうんです。

で、視線を投げては、

そう、そう、そう ってな調子で、

置時計の方に 視線を落とします。。 。 。 。 。 。


これが、どうにも、今もって、やまらない。。 。   。  。



で、下の写真は、愛車の走行距離を表すメーター。

つい先日 120000km になった瞬間を撮影したもんです。


120000.jpg


これが実は、

100000km の時も、

110000km の時も、

もうすぐ ゾロ目到達で、

一斉に桁が 999・・ と揃ってから、

一桁繰り上がって、

一斉に桁が 0000・・ に揃う決定的瞬間を

必ず見届けてやろうと、

その直前の、99988km とか、119992km あたりまで、

同乗者なんかに、ホラホラとかって伝えたりなんかして、

ものすごく意識してるにも関わらず ・・・・・ ですよ。。 。  。  。。

その決定的瞬間に限って、

ホント限って、

なぜか、

どうしてか、

毎回、

エアーポケットのような空白の時を経て、

見逃してしまっては、

気づいた時には、

もう、どうでもいいような、

実に、憎ったらしいような、中途半端な ・・・

例えば、10003km であったりとか、11002km とかになっちゃってる。。  。。 。


まっ、そんなこと、

どうでもいいんじゃん と言える些細なことなんだけれども、

結構、なんかを期待しちゃってて、

意外に瞬間、ガクッとくる経験を

繰り返したりしてるのでありました。


199999.jpg


イッシッシッシッシ〜。

観念しろ、この野郎.....ブッヒッヒッヒッヒ〜。

今日こそは、見逃さねぇかんな、の....積年の恨み?を込めて、

撮影致しました、119999km 。


もちろん、都度、停車して撮影したんですよ。。。。それでも 迷惑か。


でも、達成というのか、目的を果たしてみてですよ、

まっ、

なぁ〜んつぅこともないこと、なんですよね.....実際は。

おいらの・・・ファッション

[テーマ:徒然なる日常]



ネクタイ着用のスーツ姿が、

ユニホームというか、

普段着というのか、

そんな日常の、20年間に渉る

? サラリーマン時代 ?を経て、

今は、そのサラリーマン時代の象徴とも言えた、

そんな ネクタイ と さよなら して、早10年近く。


で、

渋谷ではたらく 若手起業家 ならず、

川崎は多摩川沿いではたらく 中年?壮年?起業家 の、

今回は、

そのファッションについて ・・・・・ ひとくさり、ご披露させて頂きます。


ユニクロ1.jpg


まずは、アンダーウェア。

トランクスに始まる肌着から、

シャツ、トレーナーに至るまで、

最初、ユニ で始まって、

最後は、クロ で終わる、

ここの ブランド で、ほぼ統一。


ワークランド2.jpg


続きまして、

ズボンっていうのか、

スラックスちゅうのか、

まっ、

今の おいら の場合、

もう、いわゆる カーゴパンツ ちゅうやつの一点張り。

最初、ワーク に始まって、

最後、ランド で終わる、

このあたりの ブランドもの で統一。


DOGDEPT3.jpg


でで、

オイラの今の ファッション の ポイントが、

最初、DOG で始まって、

最後、DEPT で終わる、

このブランドもんで、いわゆる上着を購入。

ウィンドブレーカ だとか、

ワークシャツっぽいものは、

犬飼ってなきゃ、まっ、

立ち寄んないざましょって思われる、

ここの ブランドもん で、

要は、他のオヤっさん達 と

ファッション被んないようにしてる ・ つ・・も・り  でや〜んす。


で、

最終的に、どないなるねん ・・・・・・ と、

結局南極、どやねん ・・・・・・ と申しますてぇ〜と、

こないな風になるわけですわ。。   。    。。  。


完成4.jpg


わたしの周りのものは、

オイラの、この ファッション を評して、


筋金入りの ・・・・

なぬ、筋金入りの ・・・・・

そう、筋金入りの ・・・・・・・








? 今すぐ貴方も、ホームレ ・ス的な ・ ファッション ?

と ステキ、

ステキ と、

いっつも 称賛してくれています。。。。。パチパチパチパチ

2008年という年の始まり

[テーマ:徒然なる日常]



フランス が誇る世界遺産で、

あの クロマニョン人 が描いたと言われる、

『 ラスコー洞窟 』 の洞窟壁画 。 。 。 。 。 。
              
            
ラスコー.jpg


その 『 ラスコー洞窟 』 の壁画の 牛 を思わせる

この像の正体、  実は、

新春の陽ざしをうけて散歩する、

私の 愛 ・・・・ 犬 の 影でした。


ラスコー2.jpg


2008年 新春の 三が日 は、

わたし達が暮らす 東京近郊は、

もう、それはそれは、すんばらしい。。。

晴天 に恵まれたのでありました。


080101多摩川水面.jpg


ここは、水の都 イタリアはヴェニス ではないかいなと・・・・

錯覚をしてしまいそな、

その昔、水質汚染で、全国に名をはせた 多摩川 でありましたが、

今では、アユが遡上するまでに回復。

その多摩川の水面に、

風ひとつ無かったからでしょう....

対岸の景色が

ものの見事、きれいに反射して、

映し出されておりました。


080101中野島駅青空.jpg


わたし達が暮らす、

最寄駅 から見上げた青空。


080101新多摩青空.jpg


なんて素晴しい年明けか ・・・・

この一年、

夢 に向かって、

勇気凛々の心持ちを、

新年早々の晴天から頂戴致しました。

? 時の速度 ?

[テーマ:徒然なる日常]



去年の今頃、
「 チームTARACO 」 の
中核を担うパートナーから、
「 年の瀬のご挨拶 」
http://www.taraco.net/blog/boss/2006/12/_taraco.html
と称する、おもしろいメールを頂戴致しまして、

はじめたばかりのブログに、
そのまま紹介させて頂きましたことが、
実は昨日のことのようで ・・・・。


そうして、
その愉快なメンバーから、
今年もまた、
「 今年もお世話になりました 」
と称して、年の瀬の挨拶メールを頂戴致しました。


そのメールの書き出しが ・・・・・


「 毎年この時期に、
しみじみと思うのですが、
1年の何とも短いこと ・・・。」

「 子供の頃は、
時間がゆっくり
経過していたような
気がするのですが、
年々、そしてこのところは、
特に時の流れが
早くなってきたような
気がします。。。。。。。」

で始まるメールなんです。


071216ブログ用写真 002a.jpg



来年の2008年には、

52歳ともなる私も、
全く同じ感覚で、

年齢を重ねるごとに、
? 時の速度 ? は
加速すると確信する次第でありまして、

そんな私の? 時の速度 ?の感覚を、

私なり、
独自に、
はじきだしましたる法則は、

・ 誕生〜10代は、1年 12ケ月。

・ 20代は、1年 11ケ月。

・ 30代は、1年 10ケ月。

・ 40代は、1年 9ケ月。

・ 50代は、1年 8ケ月。


だ・か・・ら、

例えば、英語とか、

なんか新しいこと
学んで覚えるのは、
1年の月数 (日数というのか、時間というのか) の多い、
若いうちに始める方が
当然、有利となるわけでありまして ・・・・・


それじゃてぇんで、
60代は、1年 7ケ月かちゅうとですね ・・・・


私は、
残念ながら、
まだ50歳代の駆け出しの、
前半部に所属しておりまして、

60歳代のことがわからない ・・・・○×△□?


ただ、
60歳は、“ 還暦 ” なんて申します。

暦 ( こよみ ) が還る ( かえる ) つうことは、

人生の折返し地点で、
ここからは、徐々に、
子供に戻ってゆくんではないかいな?

と、思うわけでありまして、


さすれば、

・ 60歳代は、実は1年 8ケ月で、

・ 70歳代は、1年 9ケ月。

・ 80歳代は、1年 10ケ月。

・ 90歳代 は、1年 11ケ月。

・ 100歳〜は、1年 12ケ月って感覚に、

戻るのでは・・ないか・い・なって、

想像しちゃったりなんかして、


でで、

ですよ。。。

御年81歳の実父に、

率直に、私は、尋ねました。。。。。

まだ、
50歳ちょろちょろの、
この私がはじきだした
上記の? 時の速度 ?の法則は、

正しいか、否か?


そして、
実父に、
質問を致しましたところ ・・・
間髪入れずに、
即座に回答が返って参りました。


「 な〜に、バカなこと。。。。
年とるごと、1年はどんどん短くなってます。」

だって。。。。


少なからず、
わが親父殿には、
この? 時の速度 ?の法則は、
全くあてはまらないということが、

よ〜く、 わかりました。


071216ブログ用写真 007.jpg

クリスマス ・ イェ〜!です。

[テーマ:徒然なる日常]


今日 ・・・・。


昨日からのあいにく雨が、

天気予報の予想的中で、

お昼前には、

パァ〜と晴れ上がった。。。。


そんな今日の、そんな午後 ・・・・。


横浜は、

ランドマークタワー周辺の道路。


オートバイに乗った、

サンタクロースの集団 ( 10台位 ) を発見。


071216ブログ用写真 002.jpg


50歳のオッサンが、

運転中の車中から、

おきまりの? Vサイン ?を出して、

「イェ〜イ!」 とサインを出したらば、

はじめ、暴走族か・・な?と思ってた奴ら。

み〜んな気のいい奴らで、

「イェ〜イ!」 とリアクション返してくれた。


071216ブログ用写真 001.jpg


もう、

オッサンの私、

スーパー、ウルトラ 超 カンゲキ〜。


もっと、

たくさんのサンタやトナカイいたんだけれど、

もっと、

面白い シャッターチャンス あったんだけど、

なにせ当方、運転中 ・・・。


信号待ちで、

偶然 サンタ軍団に追い付いたり、

追い抜かれた時が.....唯一の シャッターチャンス。


でも、

すっげ〜く 楽しかった 。。。

サンタ軍団のみんな、

ありがとなぁ〜。



そして最後に ・・・・・・・も一度 「 イェ〜! 」

インフルエンザに始まって

[テーマ:徒然なる日常]


今年のインフルエンザって、

確か、A香港型?
いや、Aソ連型?

でしたっけ......○×△□???

...で、まいっか。


ともかく、

この冬、大流行の兆しとか。。。。


進取の気性が持ち味の 「 チーム TARACO 」 では、

もう既に一人感染者を出しています ・・・。


去年お騒がせの、

ノロウィルス だって ・・・、

ご多分に洩れず、

昨年の今頃、

きちんと感染者を輩出しておりました。。。。


そのにっくきノロウィルス 、

今年も、

したたかに忍び寄ってきている気配 ・・・・ ご用心くださいませ。


「お〜い、みんなぁ、手洗い、うがいで、予防に努めようぜ。」


こんな疾病なんかで、

流行の最先端なんか走らなくってもいいのに、

もう既に、今年も走りだした 「 チーム TARACO 」 。


「 お〜い、みんなぁ、先ずは健康第一だかんなぁ。」

「 そうして、仕事は安全第一だからなぁ。」

「 ゆめゆめ、利益第一なんかと違うからなぁ。」



で、

その 「 チームTARACO 」 中核メンバーで

今もバリバリ現役、

朝から晩まで、

私と一緒に働いてる、

御年81歳の実父がおります。


先日の定期健康診断で、

若干、血圧高めとの診断。


血圧なんてぇもんで、

生まれて初めて、

指摘というか、

ミソをつけられたというのか ・・・・・


なんつったって、

達者 ( 健康 ) が自慢の親父だけに、

少しく気がかりな様子 ・・・・。


そんな父に、

優しい?倅 ( わたし ) は言いました。


「 お父さん、朝起きて、

今日、シンドイなぁ〜とか、

働く気にならんなぁ〜とか、

会社へ行きたくないなぁ〜とか、

全然、そんなんじゃないやん。

生きてるって、

ダイナミックに変化してるんとちゃうん。

一定の値を保っていることの方が

不自然と思いますが、

いかが思われますか?」


「 お医者さんの健康の偏差値みたいなものは、

決して蔑ろには出来ませんが、

それじゃ、全ての値が正常値の範囲内にあっても、

なんかぁ、働きに行く気ィせぇへんなぁ...とか、

はぁぁぁ、憂鬱やぁ、生きててもしょうがない....とか、

これって、値が正常でも、ひっじょうに不健康じゃないんでしょうか。」


まっ、
毎日、一卵性親子のように、

ひとつ屋根の下で、

一緒に起居して、

一緒に働いて、

一緒に帰ってる、

年柄年中、くっついてる息子の見立てはと申しますれば


「 大丈夫。」

「 病 と 寿命は 別物って言うし。。」

「 お医者さんの仕事は、病気を探さないと失業するわけだし。」



で、

いつも言ってる通り。。。。

親父が、100歳。

息子の俺が、70歳。

名物コンビで、達者で現役で働こうよ。。。。。

あの 日清食品 の 安藤百福さん のように。


「 えっ、ええ 」

「 いつまで、俺を働かせる気なんだ 」 って、

「 この親不幸者メが 」 ってか、


「 いやぁ、そんなに褒められると、照れるなぁ〜。。。。」


「 えっ、ええ、なに?」

「 褒めてなんかいやしない 」 って。。。。


「 あっそ。 こりゃまた、失礼致しました。」

臨海副都心にあって

[テーマ:徒然なる日常]



ニューヨークは、

ハドソン川 の ほとり。。。。


071216ブログ用写真 011.jpg

071216ブログ用写真 010.jpg

071216ブログ用写真 005.jpg


071216ブログ用写真 009.jpg

071216ブログ用写真 004.jpg


先週末、

次男 と 二人、

アメリカ合衆国 は、

ニューヨーク州 、

マンハッタン へ行ってきました 。 。 。 o O ○


жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
                
             
すみません。

また、

うそ を ついてしまいました。 。 。 o O ○


上の写真は、

東京は、豊洲です。


日曜日、

東京は江東区にある、

?ララポート 豊洲 ?に行きました。

昔、

東京の豊洲と言えば、

わたしの中では、

もう重工業地帯のメッカ で、

埋立地ということもあって、

もうメッチャ レトロ〜な、

昭和の臭いをかもしだしている印象があったのですが、


臨海副都心計画の一環からなんでしょう ・・・

今では、

摩天楼高層マンション群が居並ぶ、

ここは、本当にあの豊洲?ですか??? と言いたくなるような ・・・

最先端の現代的景観に様変わりしているのでありました。


確か、築地市場も、

豊洲にあった東京ガスの工場跡地へ、

近い将来移転する計画でしたよね。。。


めまぐるしく変貌するエリア、

それも素敵に。。。。

そんな景観を目の当たりにして、

凛 となる自分が おりました。

休日のひとコマ

[テーマ:徒然なる日常]



昨日の日曜、

久しぶりの休み。

車で、

家族 3人、

街に出かけました。。 。 。 。


久々の 新宿 です。


071209ブログ用写真 あ.jpg


ママは、ショッピング。

次男 と 私 は、ママと分かれて、

東急ハンズを上の階から下の階へひと巡り、

その後、紀伊國屋書店へ。


071206ブログ用写真う.jpg


ママとの待ち合せは、

3:00pm スターバックスコーヒーの前。


15分ほど早く、待ち合せ場所に

二人、着いちゃいました。。 。 。


そこで、

ママが来るまでの間、

近くの植木の縁石に、

二人腰かけて、

マジックがお得意の、

中2の次男に ・・・・ 私は、言いました。


「 ブログネタ になるようなこと、なんかやってくデ。」 って


そしたら、次男は、やってくれました。。。。。 。 。


071209ブログ用写真 い.jpg



「 指先に、ヒト が乗ってます 乗ってます。」 by 次男


「 あぁぁぁぁ、なぁんて、おもしろいんざましょ。。 。 。」 by 父


そんな意味ねぇーーー こと しておりましたら、

ママさん登場で、

スターバックスへ 。。 。 。 。


071209ブログ用写真 え.jpg


おされな、スタバの紙袋。

紙質も、他店より、厚くてしっかりしてる。。 。 。

デザインもいけてる。。 。 。 。 。

まっ、価格に反映してるってか。。 。 。 。 。 。

職業柄、そんなマーケティング的なことを、フッと思っちゃう。


071209ブログ用写真 お.jpg


で、

車に戻ったら、

大好きスタバの

アッチッチィ の トールサイズの

ブラックコーヒーで、まず一息。。。 。 。 。 o ○ ○


071209ブログ用写真か.jpg


そして、

これ又、最近ハマってる、

ホワイトチョコレート・マカダミアクッキーをば ・・ ・ ・ ・ ・

クッキーなんか大嫌いだったんだけどなぁ ・・ ・ ・ ・

このクッキーとブラックコーヒーの苦味、

「 合うんだよなぁ 」 と

50代のオッサンの至福のひとときが、

ゆるやかに過ぎてゆく ? 休日のひとコマ ? でありました。

世界の? ありがとう ?です。

[テーマ:徒然なる日常]



先ずは、世界の ? ありがとう ?から ・・・・・


□■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■ □■


071125 102.jpg


・英 語  Thank you  サンキュー

・仏 語  Merci beaucoup  メルシーボク

・独 語  Danke schon  ダンケシェーン

・中国語  謝 謝  シェイシェイ

・韓国語        カムサハムニダ

・スペイン語  Gracias  グラシアス

・タガログ語  Salamat−po  サラマトポ

・イタリア語  Grazie   グラッツィエ

・ロシア語  Спасибо.  スパシーバ

・ポルトガル語  Obrigado  オブリガード



そして、ここで終わらないのが、

私の良いところちゃあ、良いところ。。。。。。


☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆


071021ブログ 004.jpg


・大阪弁  おおきに

・鹿児島弁  ありがともしあげもした

・岩手弁  ありがとがんす

・岐阜弁  よーしてくんさったな

・静岡弁  わりーっけね

・岡山弁  ごねんにいりまして

・青森弁  ありがどーごし

・富山弁  きのどくな


゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*


そして最後は、

お得意の 大阪弁で ? さようなら ? ・・・・・・・・・ 「 ほな、さいなら 」


071125 069.jpg

私流 ダイエット

[テーマ:徒然なる日常]



前回ブログで、
10年ぶりに会った甥っ子から、

「 おいさん、痩せたね!」

の、うれしいお言葉を頂戴致しましたので、

話題にのぼったついでに、
私にとって、

「 おぉこれって、効果あるんとちゃうん。 」

って思えたダイエット方法を紹介します。


ただ、先にことわっておきたいのは、
私は痩せたいと思ってはじめたのではないということ。

たまたま、縁あって、
大っきな犬を会社で飼うことになってしまい、

? 咬みつき犬 ? だけにはしたくないという一念から、

犬の運動不足は、
犬の最大のストレスで、
咬みつく主たる原因になるとか、
なんちゃら かんちゃら とかということ聞いて、

それがトラウマ ( 脅迫観念 ) みたくなって、

まずは 毎朝 毎夕 1時間。
一日都合2時間。
速足で 犬と散歩するようになったのでありました。


まっ、
これだけでも、
ダイエット効果満点と思われるでしょうが、

うんにゃ、そういうことではありません。


実は、
この散歩は、
ひっじょうに 私にとっては 曲者で、
それまで ウジ虫 か ナメクジ の如く、

30代になってからというもの、
歩くことをせずに、歩くことを忘れたかのように、
40代半ばを迎えてしまっていた、
このアタシが、

ある日 ( 犬を飼った日 ) を境に、
一日都合 8〜10km を速足で歩き出したというのは、

そりゃもう、
無茶苦茶なことでありまして、

半年も続けておりましたらば、

足が悲鳴をあげまして ・・・・・


元々、高校時代運動中に、
左足のひざを
完全逆Vの字にするといった、
ひどい接触事故 ( 人間ですよ ) をやっておりまして、

梅雨時とか、
珍しく運動なんかしちゃたりした時に、
その左足を酷使しますってぇと、

すぐ水がたまってしまうといったような ・・・・・ アタシの左足。


そんな左足であったことを、
一切省みず、

根が真面目な私は、

晴れの日は言うに及ばず、
雨の日も、風の日も、
嵐の日も、雷鳴轟く日も、
きっちりきっちり散歩致しまして ・・・・


それは、5月下旬のことでした。

雨上がりの二ケ領用水の橋のたもとで、
愛犬との散歩中に、

ちょこっと滑ったと思ったら、

ほんのちょこっとバランス崩したかなと思ったら、

グンニャ ・ グンニャ ・ グンニャ という音がするような? したような ・・・

そりゃもう、
ひどい ひどい左足首の捻挫をぶっこきまして、

骨折の嫌疑を 3人のお医者さんから、
入れ替わり立ち替わりかけられるほどの、

もう足が内出血してしまいまして、
米茄子が でっかく ・ でっかく なっちゃた状態で、
歩行がままならない、
松葉杖支給状態に陥ったのでありました。


その事故の後、
2〜3日は、
親父が犬の散歩を代行してくれましたが、

そんな申し訳けないことをさせてはなりません。。。


でね、

それをきっかけにして、

思い切って、

犬 を チャリンコ で引くように、
なったのでございます。


それまで、
チャリンコ なんてぇものには、
かれこれ四半世紀近く
乗ってなかったのですが、

自転車で、
毎朝 毎夕 1時間。

1回 12〜13km 

都合 20〜25km/日

自転車に乗り出してから ・・・・・なんです。


まっ、なんというか、

パンプティー・ダンプティーのような我お腹が、

へっ込みだしたんです。


おそらく、
まことに勝手な、
私 独自の推論なんですが、

自転車こぎは、
大腿筋 ( 太ももの筋肉 ) という身体の中で、
もっとも大きい筋肉を使います。


これが、やはり ・・・・
中年の小太りなおじさんの

パンプティー・ダンプティーには、

一番ダイエット効果があったように思われます 。。。 「 おしまい 」

オッサンも頑張るわ。

[テーマ:徒然なる日常]

先日、
10年ぶり位に、
今春大学卒業の
甥っ子 ( 実妹の長男 ) がたずねてきてくれました。

よく知らなかったのですが、
なにやら、奨学制度を利用して、
大学に通っていたとのことで、

これから社会人 ( 中学校の先生 ) となって、
大学4年間の学費 ( 約300万円 ) を返済してゆくとのこと。


大学の学費は、
親に負担してもらわなかったというか、
親に負担をしてもらえなかったということで、
更に、お小遣いも アルバイトして自分で稼いだとのこと。

まっ、当たり前っちゃぁ当たり前と
おっしょる方もおいででしょうが、

私は、全額負担してもらったクチで ・・・・ 情けなし。

奨学金で大学へ通うのは、
家 ( 妹夫婦 ) の教育方針のようで、
彼の弟二人も同様の模様。

そりゃ、いいことだわなぁ ・・・ と

親を含め、
子供たちにしても、
今の時代じゃ、
なかなかに見上げたもんだと感心し、

「 それじゃ、しっかり勉強に身が入ったろ 」

って質問したら、即座に

「 やるだけやりました。」

すがすがしい笑顔で、
はぎれのよい返事が返ってきたのでありました。


そんな甥っ子が、

「 おじさん、痩せたね。」

って ・・・・。 

久しぶりにあって、

「 ・・・くぅ〜。。。 」


この、この、このぉ〜、泣かせる奴 。。。。。。。

「 横浜究極ラーメン おごっちゃう。 」

「 食後に、ドトールのコーヒーもつけちゃう。 」

ガンバレ若者。


オッサンも頑張るわ。

師走前にして・・・

[テーマ:徒然なる日常]



買い物があって、

街に出ました。。。。。

街と言っても、

会社裏手を流れる

多摩川はさんで、

反対側の東京都は調布。


調布の駅前にある百貨店

「 ルミネ 」 に行って参りました。。。。。


071110贈り物 042.jpg


そうしましたら、

ご覧の通り。。。。

もう、店内は クリスマス・クリスマス。。。
           

071110贈り物 041.jpg


まだ1ケ月以上も先だっちゅうに・・・


そう言えば、

コンビニは、コンビニで、

年賀状のご準備なんちゃらかんちゃらの旗が

たなびいてましたっけ・・・


071110贈り物 040.jpg


師走を前にして、

もう既に、

世相は、

気ぜわしい、

気ぜわしいムードを

あおり出してきています。。。。。


調布ルミネのエントランスからの中継でした。。。。

気分が高揚するわ。

[テーマ:徒然なる日常]



我々が事業活動の基点としている川崎市。
その川崎市と申しましても、
多摩川に沿って、南北に細長うございまして、
我々がホームタウンとしております
中野島というのは、その川崎でも北部の方。


でも、
北部とは申しましても、
? 紅葉 ? という 風物詩 で 季節の移り変わり を、
身近に実感したことはありませんでした。



071110贈り物 025.jpg



しかし、
今年は・・・というか、
今日、車を運転しておりまして、
会社から近くの、
読売ランド から 生田スタジオ を抜けて、
菅高校 の前の道を 通りかかりました時、


071110贈り物 032.jpg



071110贈り物 031.jpg



「 おぉ、紅葉。」

「 綺麗やなぁ ・・・。」

「 気分が高揚するわ。。。。」 ( ← 「 寒!」 って言われました )


箱根にでも、‘ もみじ狩り ’ と称して、
? 紅葉 ? を見に行ったのではなく、
こんな会社近くの、普段 行き来している場所で、

はじめて、

「 あっ、紅葉 」

っていう感じを肌で身近に感じたんです。


しかし、
紅葉って、きっと 深まりゆく 「 秋の風物詩 」 なんでしょうね。。。

今年は、秋が短い というか 秋が無い に等しい感じで、

夏の後、なんかすぐ 冬って感じで、

そうそう、今日、この秋はじめて、

ウィンドブレーカーを着たことも 影響してるのかしれません ・・・

今日 感じた ? 紅葉 ? って ・・・・

なんか、「 初冬の風物詩 」 のような錯覚を覚えたのでありました 。。。。

「 うわぁ、なんか、寒くなりそ・・・ 」 みたいな ・・・。


因みに、本来の 「 初冬の風物詩 」 って ・・・・・・・

? 落葉 ? だ わ な 。。。。。。 そりゃ、そうだわな。

童心に帰るとき

[テーマ:徒然なる日常]



会社の裏手を流れる多摩川では、

その護岸拡張補強工事の真っ最中 。


071103工事 010.jpg


万里の長城を思わせる

立入り禁止の工事フェンス 。

まっ、どうでしょう ・・・・ 全長800m位でしょうか 。


因みに、万里の長城 ・・・

工事用フェンスと比較するには、

ちとあまりにも、

スケールの差が 大きすぎるっつぅもんで、

万里の長城は と言えば、

ユネスコ の 世界遺産 であり、

月 から 見える唯一の建造物 とも言われ、

その総延長は、およそ 6,400km にも及ぶんだそうな ・・・。


071004〜11ブログ 032.jpg


で、

その 万里の長城 もどきの

工事用フェンスで囲まれた 河川敷領域では、

これまた、

現代の ジュラシックパーク かと思わせる

恐竜のような 大型特殊工事車両 が、

あっちこっちで大活躍 。


071004〜11ブログ 013.jpg


最大級の肉食恐竜 ティラノザウルス が

その大きな口を開けて

牙をむき出すあり様を彷彿とさせる

パワーショベルカーのショベル。


071103工事 025.jpg


我々50歳近辺 の世代なら、ブロントサウルス。

森林の木の葉を常食とする、超大型恐竜で、別名 かみなり竜 。


ジュラシックパーク世代なら、ブラキオサウルス。

超大型草食恐竜で、キリンのような長い首が特徴。


071103工事 026.jpg


なにやら、

油圧ショベルによる河岸掘削後に出る浸水の

排水用のホースを敷設しようとしているところか ・・・・・。


まっ、ひと言で、

ある面、こういうのを見ていますと、

童心に帰れますわ 。。。。。。

調布の花火大会は・・・

[テーマ:徒然なる日常]


先週末の土曜日は 。。。。「 調布の花火大会 」


しかし、朝から雨が降ったり止んだり、

かなり ・・・ かなり、

怪しい ・・・ とても怪しい、

そんな空模様であったんですが、

予定通りに 「 調布の花火大会 」 は、

そんな空模様の中のお昼過ぎには、

開催の合図の空砲を ‘ ぶっぱなし ’ 、

そうして、とどのつまりの ・・・小雨パラつく中で、

勇気ある開催がなされ、

そんな天候であったにもかかわらず、

人手の方は、例年に勝るとも劣らない

大賑わいの様相であったみたいです。。。。。パチパチパチ



070929_182057.jpg


ぶっちゃけ ・・・・ 私の、天の邪鬼な、へそ曲り〜な

そんな生来の気性が大きく影響していると思われますが、

一応、正当な理由として、

子供の頃から、

多摩川辺りに住んでおりますもんで、

多摩川の花火は、

もう見あきちゃっておりますんで ・・・

と言ったような言い訳をしては、

基本的に毎年、

“ 看板犬たち ” ひき連れて、

どっかの郊外へ行ちゃって、

花火は見に行ってな〜い。。。。見てな〜い。


今年は、はからずしも、仕事と重なって、

どっか郊外へ行くこと適いませんでしたが、

それでも、ご多聞に漏れずで、開始直前、

ブログ掲載用の上の写真を撮影致しましたら、

すぐさま、スタコラサッサで、会社に戻り、

花火の音に驚きを隠せない

可愛い “ 看板犬たち ” の傍らに戻って、

愛犬たちとの? 絆 ?を太くしていたのでありました 。


で、でで、そうした中での、

今年の花火大会であったわけでございますが、

“ 素晴らしなぁ〜 ” とひとつ感心しましたことが ・・・・

それは、花火大会の後にでる、“ 大量のゴミ ” のこと 。


例年であれば、花火大会の後は、

もう、どうこう申しましても、

わたし共の近隣界隈、

殊に、JR中野島駅から多摩川の土手に通じる、

メインの一本道のゴミの散在といったなら、

もう至るところ、ここかしこと申しましょうか ・・・・・


ヘっ!こんなとこにも、


うそ!そんなとこにも、


ギョォエッー!あんなとこにもぉ 〜 ・・・・・


ってな具合というか、状況といったものは、

忌避致し難くでありましたものが ・・・・

更に、翌朝になっては、

そのゴミ目掛けて、カラスが加わるというあり様で ・・・・

だいたい、皆さん、ご想像の通りでおまっ。。。


しかし、今年は、警備員さんみたいな人が、

そのメイン通りの各所に、

規則正しく立っていられるなぁと思ってはみてたのですが、

多分、公園の一か所に集中的にゴミを収集するよう、

その警備員さんみたいな方たちが、

うまく観客の方々を、

案内 ( 誘導 ) したんじゃないかと思われます ・・・・・・


町が、例年と比して、

お祭り騒ぎの後だっちゅうのに、


少なからず、綺麗 。。。

土手も河原も、綺麗 。。。。


それは、やっぱり 正直、嬉しいし、ありがたい。。。

大会運営の方々、

また、花火大会を楽しみにお越しになった観客の方々、


みんな〜、ありがとなぁ〜 。、。、。、。、。、。、。〜ヾ(゜ー^*)

ナスカ じゃなくて、なんすか?

[テーマ:徒然なる日常]

                                  
南米は、ペルー。

そのペルーの南海岸の

アンデス山脈の麓との間にある

ナスカ川 と インヘニヨ川 に囲まれた盆地の、

その地表面に、西暦500年前後に描かれたらしい、

世界遺産に登録されている、幾何学図形の動植物の絵 。



「 ナスカの地上絵 」 のことは、皆さんもご存知のことかと思います。



下の写真は、その地上絵の 。。。。。。○×△□???

なぁ〜んて、バレバレの 嘘 は申しません。



今朝の多摩川の河原での写真 。



対岸は、東京都は、? 調布市 ? 。


070927ブログ用写真 013.jpg
            

「 ナスカの地上絵 」 を彷彿?とさせる



この多摩川の河原の地上絵 ・・・・・・ ?(゜_。)?


070927ブログ用写真 012.jpg


          



「 なんすか? 」 って思ったら

 


070927ブログ用写真 005.jpg






「 ありゃ!カタカナ ・・か? 」





070927ブログ用写真 002.jpg







「 な〜んだ!」




「 明日の花火の場所取りか 」




と言うことで、

明日 9月29日(土) は、

毎年、恒例、東京は、

「 調布の花火大会 」 が開催されます。


カップルや、親子ずれ、

近隣界隈の人たちから、

遠方よりお越しの方々まで、

会社周辺は、多数、出店もでて、大賑わい 。。。。。


よろしければ ・・・・・・ 是非 。


この夏最後と思われます 「 調布の花火大会 」 へ 。。。。。 (^_-)-☆

青い空、白い波 ・・・・

[テーマ:徒然なる日常]

       

070922ブログ用青空 003.jpg
                                  

雲一つない、青い空 。。。

昨日、今日と、東京は真夏日 。。。。




青い空で、思い出すことがあります。


長男が、まだ小学校3年生くらい ・・・・

次男は、だから 2〜3歳ぐらいだったかなぁ ・・・・

夏休み、家族で、八丈島へ ・・・・


長男、

浮き輪して、

二人で、

遊泳禁止の目印の、

あの赤茶けた浮のところまで、

必死こいて泳いでって、


ちょうど、その日も、

こんな雲一つない、青い空でした 。。。


070922ブログ用青空 004.jpg



大人のわたしでも、

完全に足のつかない、

あの赤茶けた浮の、

すぐ側で ・・・・

浮き輪にしがみ付いている長男に、

「 なぁ、シュ〜ッ! って、音聞こえない?」

「 そう、聞こえないかぁ ・・・。。。。」



「 なぁ、なぁ、やっぱし、さっきから、シュ〜ッ!って音、聞こえない?」

「 そう、お前には、聞こえないんだぁ ....。。。。」
        



「 なぁ、青い空、白い波、・・・・ シュ〜ッ!って音 」

「 やめろよぉ〜!」

長男のやつ、

あん時、本気で怒ってたっけかなぁ〜 。。。


20歳を過ぎた今でも、

あん時のこと、怒って話題にすんもんなぁ〜 。。。


生涯忘れらんない、

二人のいい想い出になったと思うんだけどなぁ、

お父ちゃんは 。。。。

あきがたなさかな ・・・

[テーマ:徒然なる日常]


一昨日の夜は、

家族で、可愛らしい ‘ 鮭のちゃんちゃん焼もどき ’ を食べました 。。。

下の写真がそれ!

「大変、おいしゅうございました。」


070918ブログちゃんちゃん005.jpg


で、箸でつつきながらの、その場での話題に ・・・

? 鮭 ? の読み方は、

「 しゃけ 」 なのか、

「 さけ 」 なのか ・・・?

因みに、私のパソコンの漢字変換では、

いずれでも、? 鮭 ? に変換してくれるよって 。。。。


そんな話題が発展して、

“ 秋 ” 到来を感じさせる? 魚 ?って、

「 なぁんだ?」 つぅ話題へと進展致しまして ・・・

私は、やっぱし? さんま ?でしょって ・・・・

さんまの塩焼を食べたら、

あぁ〜秋だなぁって感じるって 。。。。。


で更に、話題は、

最初の? 鮭 ?の読み方と同じ方向に逆戻りして、

? さんま ?って、漢字でどう書くか知ってますか?ってことになり ・・・・。

ついつい 「 魚+秋=鰍 」 でしょなんて言う、

“ ピザ ” 10回言って、ここは〜?

“ ひざ ” じゃない “ ひじ ” みたいな、

ひっかけ問題みたいになっちゃたんですが ・・・・・



実は、? さんま ? は漢字で、

? 秋刀魚 (あきがたなさかな) ?


「 そうそうそう、そうでした。」 ってことになり、

ほんじゃぁ、この漢字? 鰍 ?は、

「 なに? 」 ってことになりまして ・・・・・


鰆 は、さわら

鱈 は、たら

鮗 は、わかさぎ?ってか 。。。○×△□
                            

この漢字? 魚+冬=鮗 ?あたりから、

迷解答・珍解答がいろいろ出てきて ・・・・

結局、その場では、解答みつからず 。。。。。


会社に戻って、

Google で調べました 。。。。。

? 鰍 ?は 「 かじか 」 と言うそうな 。。。。

私にとっては、

ちょいとお目にかかったことがない

グロイ珍しい魚でありました 。。。。。

ご興味のある方は、是非クリックを ・・・・ 「 かじか 」

どんだけ〜(台風9号)

[テーマ:徒然なる日常]


台風9号、一過。

昨晩は、大風吹き荒れるの一夜でありました。

写真は、昨日の朝 8:00頃のもの。

これでも、普段より、水位は、かなり高い方なんですよ。。。。


070906増水ダム.jpg


で、下の写真は、今朝10:00頃のもの。

現場の音を聞かせてあげられないのが ・・・・・・・ 残念!


070907ブログ用写真 006.jpg


まっ、この景色を見て、思わずついて出た私の一言。。。。



「 どんだけ〜 」

台風9号

[テーマ:徒然なる日常]


台風9号の東海関東地域への上陸が、

天気予報を賑わせています。

明朝6:00には、

東京都付近へ達するらしい。

下の写真は、

今朝8:00頃の、

毎朝 犬を連れて歩く散歩コースの

会社近くの多摩川の水門ダム。

既に、わたしが普段見慣れている

川辺の水位から、相当量増水しています。

070906増水ダム.jpg

そうそう、

昨日の夕方から急に増水して、

テレビのニュースで、

ヘリコプターで、

川の中州に取り残された人が、

救助されていたのは、

実は、このすぐ側の多摩川の中州でした。

台風が、

大過なく通り過ぎて行ってくれるのを

祈るばかりです。。。。。。

サンダル

[テーマ:徒然なる日常]


仕事柄、

事務所 と 工場 を行き来しますので、

安全靴 とはいわないまでも、

日常、靴履きの生活が、基本 。。。。

で、必然的に、いつからか ・・・

私用の 草履 や サンダル といった類の履物が、

会社は当然としても、

自宅にすら、

ひとつもありません。




しっかし、

さすがに、今年の夏。
                   
                    
連日の猛暑の 夏 ともなりますれば ・・・・

やっぱし、

自然の成り行き、

サンダル が欲しくなりまして、

買おう、買おうと思っていて ・・・
             
               
ようやくに 。。。。
 

この夏用の サンダル をば、

もう夏の盛りも、

終わろうかという、この時期に、

購入致しましたがな。。。。。


それが、下の写真のサンダルで、おまっ!


0825_1003健康サンダル.jpg


で、

結論から申します 。。。 ? 大失敗 ?



まっ、

ご覧の通り、

所謂、サンダル底に、

ボツボツ 又は、ブツブツ とした突起のある、

一般的には、健康サンダル と言われるものを、

健康にも良かれ!と思い、

購入致しまして、

玄関に置いておきましたところ ・・・・・


「 誰、こんな 便所履き用の サンダル 買って来たの?」

と言われる始末。


まっ、

と言われたところで、

形 や 見た目を どうこう言われて、

ショックを受けて、

履くのを止めるような、

そんな可愛らしい世代ではありません。



0825_1003健康サンダル近.jpg




それより、何より、

? 痛い ?

それも、

すごく? 痛い ?

特に、左足。

オイラの左足には、

土踏まずは ないのではないのか と思われるほどに ・・・・? 痛い ?



一応、試着して買ったはずなのに ・・・・・ ○×△□



買って帰って、

履いた瞬間 ・・・・

あれ、あれれれれ、イタタタタ ・・・・・・?○×△□


それでも、

ガマンして履くと、

30mと歩かないうちに、

額のあたりから、

先ずは? 変な汗 ?。。。。

50m歩いたら、

もう、どうにもガマン出来なくなって、

次男のきったねぇ〜ビーチサンダルと交換してもらうあり様。


そこで、

私なりに、

一計を案じまして、

厚手の白のソックスを履いて、

この健康サンダル を履いてみましたところ ・・・・

まっ、

なんとか、かんとか ・・・・・ 履ける域に。



で、

白のソックス に、

健康サンダルという出で立ちで、

家族と出掛けようと致しましたら ・・・・・・


家族から、

「 そんな便所履きに、白のソックス、あり得な〜い。」

「 カッコ悪くて、一緒には、歩けな〜い。」

「 いつもの靴に、履き替えてぇ〜。」

。。。。。。。だって





いいよ、

いいよ、

でも、絶対、

履きつぶしてやっからな!

履きつぶしてやっからな!


怒!!

ペフィーさん

[テーマ:徒然なる日常]

              
昨晩は、ひっさしぶり、

昔の気のおけない? 同僚 ( 植村・谷本・小沢 ) ?が、

わざわざ 会社に訪ねて来てくれまして、

それじゃぁ、てぇんで、

一献というか、十献というか、

実際には、百献くらい ・・・

結局の、とどのつまりの、調子をこいて、

かたむけ過ぎてしまいました。



まぁ〜、サラリーマン 辞めてから と言うもの、

ましてや、犬 を飼ってからは、更に、そこに輪をかけて ・・・・

本当に、? 飲みニケーション ? の場から、

足が、す〜っかり 遠のいちゃいまして ・・・・

‘ カラオケ ’ なんぞと言う代物とは、

ここ 5年で、2回行ったかどうか というあり様。



そ〜んな私が、昨日に限ってだけ言えば、

ウルトラ ・スーパー・スペシャル ・ラグジュアリー・ナイト となってしまい、

居酒屋から、カラオケスナックへと、

何かに手繰り寄せられるかのように、ハシゴする始末。



お蔭さまで、完璧なまでに、飲みすぎました。

只、犬の散歩に始まる、日ごろの節制が功を奏してか、

二日酔いには、かろうじて至ってはおりません ・・・・・ が、

私流の表現で言わせてもらうところ ・・・

体の中で、バズーカ砲をぶっ放したような ‘ この虚脱感 ’ は、

如何とも消し去り難く、時の経過に身を委ねて、

只々、その回復を待つというような次第。


同い歳の植ちゃんこと、「 ペフィーさん 」 。


「 お〜い、大丈夫かぁ〜。。。。。」


        「 昨日は、ありがとなぁ〜。。。。」
                          
                     
「 そうして、次飲むときは、私、一次会で、お開きとさせて頂けませんでしょうか。。。」

  「 ペフィーさん 」

     「 そこらへんの事情、ご斟酌、ご配慮賜りまして、

          なにとぞ、ご寛容、ご容赦頂きますよう、

            平に、よろしく、お願い申し上げ奉ります。。。。」

今朝の朝食から

[テーマ:徒然なる日常]

               
下の写真は、

我が家の、今朝の朝食。
                             
         
0822_0647今朝の朝食.jpg


写真では、

わかりにくいかも知れませんが ・・・

左手前にある、

二つのオレンジ色したものは、 ・・・・? 柿 ?です。


ここ連日同様、

今朝も、気温は、既に、30度近くあって ・・・・

まだまだ、

まだまだ、

“ 真夏 真っ盛り ” の感。


ウッヒャ〜、今日も一日、アッチィ〜ぞぉ!って、

そんな 覚悟を 決めておりましたところへの、

予告なし、突然の? 柿 ?の登場。
                 
             
? 柿 ?と言えば、やっぱり? 秋 ?

色からして ・・・・ なんか私の心と身体に、

? 柿 ?イコール? 秋 ?が染み込んでいる。


食物で、

季節を感じることがなくなった、と思っていたこんな私が、

今朝は、

? 柿 ?という果物から、

? 秋 ?の気配を、

思わず感じ取って、

これまた、

思わず、写真 を撮ってしまいました。。。。。

親バカ

[テーマ:徒然なる日常]

             
長男 ( 21歳 ) が

「 家を出たい 」 と申告あって、もうすぐ2年。

「 わかった、いいだろ 」 と言って、会社の寮に入って、はや1年。
                   

ポケットに入れて、

連れて歩きたいと願った、二人の息子。
             

こんなことを、そちこちで言ってたら ・・・

「 まぁ、娘さんが授からなくってよかったわね。」

「 お父さん、これじゃ ・・・・。」
               

やかましわい。
             

これじゃ ・・・・ の ・・・・ には、どんな台詞がくるんですか。

「 これじゃ、家族が、思いやられる。」

「 これじゃ、娘さんが、かわいそう。」

「 これじゃ、授かるものも、授からない。」
        
 
ほっといてくれ。。。。。


そんな長男に、落ち着いて会えるのは、

本当に久しぶり、

半年ぶりくらい? でしょうか。。。。



まっ、男の子。

自立してもらわなくっちゃ、困っちゃう分けでありまして。。。。

しっかしまぁ、

家に寄りつかねぇ野郎だ....このバカたれが。
               

若干、複雑な心境での再会でもありました。

       
        
0819_2120光明.jpg
                 
                
予定では、

長男が会社に来て、

会社近くの居酒屋で、

家族で食事するはずだったのですが、

前日から、突然、耳が痛くなって、

今日、こちらへ来る前に、

病院へ寄って診てもらったら、

中耳炎とのことで、

急きょ、彼の寮の近く ( 横浜 ) へ行って、

寮の近くのファミレスで会ったのでありました。
         

              
まぁ、中耳炎とは言うものの、

食事もしっかりたいらげて、

元気そうなんで、一安心。
                
            

実際、男同士。

会ってみれば、

取り立てて、

しゃべることなんぞ、なんもなく、
             

「 オッ!」

「 どうよ?」

「 仕事の方は?」
             

こ〜んな簡単なやりとりで、もう十分。


0819_2121宣披露.jpg


憧れの 7歳年上の兄ちゃんと、

久しぶりの再会に、

次男は、

趣味のカードマジックの

とっておきの技を

ここぞとばかりに、

ご披露したのでありました。


親バカを自認する 私。
           
          
楽しみにしていた、お酒も飲めなかったのに ・・・・

それでも、終始ご機嫌で、

誰よりも喜んだ、

真夏の夜の出来事でした 。。。。。。。。。 (´∀` )w

51回目の誕生日

[テーマ:徒然なる日常]


先週の土曜
7月28日は、
わたくし、
51回目の誕生日。
       
      
かの? 孔子 ?曰く

「 40にして惑わず、50にして天命を知る 」

40歳になるとき、

この? 孔子 ?の格言が、

重たくて重たくて ・・・、

惑ってばっかしの我が身なのに ・・・、

そんな自分が ・・・、

その40の大代に突入なんて ・・・ 、

はじめて、特定世代 ( 40代 ) の仲間入りに、

いたく抵抗を覚えた記憶があります 。。。。
        
        
そして、
現在のわたくし、
50代に突入して、
はや1年経過 。。。

「 50代には、50代にして見える? 景色 ?がある!」

私のホントの本当のところ。

これもそれも、
み〜んな、ぜ〜んぶ、
みなさんのお蔭 。。。。。。。 ? 合掌 ?

只今、わたくし

“ おもしろい50代 ” 満喫させていただいております。
               
               
下の写真の ‘ ゴリラ ’ は、

近くの居酒屋で、

家族による、

その誕生日祝いでの‘ わたくし目 ’。
          
              
誕生日正面.jpg
        
        
「 ありがたいこってす。」


誕生日笑顔.jpg


絶好調で、
調子こいてます。
         
        
誕生日機嫌.jpg
        
        
最近のわたしの中の、
プチ・ブームな表現をとらせていただくなら ・・・、

「 オッ ・ パッ ・ ピー !」
http://jp.youtube.com/watch?v=9157tvSNYc4


上機嫌な、嬉し・恥ずかし・楽しの、
忘れられない51回目の誕生日でございました 。。。
         
        
          
PS) 附録のおまけ

家に帰ったら、

イヴまでが、

笑顔で祝福してくれましたとさ 。。。。 ありがたし、ありがたし。
       
        
イヴ笑顔.jpg

選挙に、免許に。

[テーマ:徒然なる日常]

            
            
この土/日の休み、

気になっていることを、

ふたつ片付けました。
                                  
                 
まず、そのひとつ。

「 参院選投票 」

昨日 ( 土曜日 )の夕方、

多摩区役所に行って、不在者投票して、済ませてきました。

選挙管理員の方々、ありがとうございます。

不在者投票は、今回で 3回目となりますが、

時間の空いているときに、

済ませなきゃなんないこと ( 投票 ) を、

さっさと早くに済ませられるので、

一度利用してからは、

もう連続で、利用させてもらっています。

たいへん助かっています。

                        
                           
気になっていることの、もうひとつ。

「 免許の更新 」

先週も、所轄の多摩警察署へ、

更新に行こう行こうと思いながら ・・・

あれよ、あれよで行けず仕舞。

それで、今日 ( 日曜日 )

休日でも免許の更新をやっている、

神奈川県の二俣川にある、

自動車運転免許試験場の本部へ、

思い切って、更新手続きに行って参りました。

実は、今回の更新で、

このわたくし、人生初の? ゴールド免許 ? ...... (*^。^*)

優良運転手 と言うことで、

安全講習も、30分。

無事更新で、

なんと、新しい免許証を本日交付頂きました ...... (^_-)-☆
              
             
気になっていたことが、

チャッチャと済ませることができたことは、

まっ、何事によらず、気分のいいもので、

週明けから、張り切って、

仕事に集中で、精出して励むぞぉ〜!
                    
               
                
《 附録のおまけの余談 》

私が、二俣川の試験場で、

免許の更新をしているとき ・・・・

ママ と 次男 で、

二俣川駅周辺を散策してたらば ・・・・ 下の写真の看板 ↓

次男が見つけて、

一瞬、フリーズしたとのことでした 。。。。。 (#^.^#)


たらお内科.jpg

缶コーヒー

[テーマ:徒然なる日常]

まぁ、

昨日、今日と、

今年としては ・・・ 珍しく、

梅雨 っぽいちゃぁ、梅雨っぽい ・・・ お天気つって、

いいんじゃないんでしょうか。。。

むし、むしを通り越して、

むっしぃ、むっしぃ、暑いです。
    

そこで、ついつい水分補給。。。

今年に入って・・・・

長年月に渡って、暗鬱と垂れ込んでいた

私ん中の、メタボリックシンドローム雲のすき間から、

脱出の陽射しが、かすかに差し込んできたことに、

大きく起因していると思われるんですが。。。。
 

とうとう、

ブラックの缶コーヒーしか・・・

私は、飲めない 心 と 身体 になってしまったんです。。。。

で、

今年、本当に、

私が、よく飲んでいる缶コーヒーの中で、

断トツ1位と、ここに来て急進の一品が、 これ ↓
   

缶コーヒー.jpg


断トツの1位が、
「キ リンビバレッジの FIRE 挽きたてBLACK 」
あの “ 反町隆史 ” が、「 挽きたてかよ 」 ってかまして、宣伝してたやつ。

50 の オッサン の 私 にあるまじき・・・・

ついつい “ 反町隆史 ” なりきりで、

「 挽きたてかよ 」 ってかましながら、飲んでます。

最近、愛飲の、もう一品が、

GEORGIA [ ダブルストレート ]

140円で、275ml のお得感で、

ゴクゴクゴクと飲めるところから、・・・ これ又、お気にで飲んじゃってます。

これって多分、「 尿管結石 」

[テーマ:徒然なる日常]

前回ブログを、ほぼ書き上げた、

昨日 ( 日曜 ) の夜。。。

ブログにも書いております通りで、

泌尿器系に、未だ・・・・若干の・・・・、

違和感があるものの・・・うんちゃら ・ かんちゃら。

そんなことを書き上げておりましたら・・・・

また、ビミョウ・・・ホント微妙に、

イャ〜な・・・・・

苦痛ほどではないにしろ、

なんだか説明のしようがない、

鈍痛を伴う尿意を、

もよおして参りまして・・・

致し方なく・・・ブログの最終トリミングを残して・・・トイレへ。。。
 
 
 
さかのぼって・・・・

昨日、日曜の、

その日の夜の食事は・・・

先週一杯、節制の日々を、繰り返しておりまして、

コーヒー、ビール、お酒類 を遠ざけての、

私からすれば、修行増のような・・・・

禁断の毎日でございましたもんですから・・・・

犬達の夕方のお散歩を

家族 ( ママと次男 ) で終えたら・・・

久しぶりぃ〜、・・・ドンだけぇ〜

家族で、

会社近くの居酒屋へ。。。テヘテヘ

エ〜イ!大分・・・・体調の方、

良くなってきてる、

そう、良くなってきてるに違いない・・・・

そうそう、違いな・い・・か・・・ら。。。
 
今日は、ビール飲んでまぇー。。。。。ヒャッホー!

ほいだもんで、

生ビール中ジョッキを、1杯。

ゆず酒のロックを、2杯。。。○×△

これが、尿意の原因です・・・・・・と。


そうして、トイレから戻って来て・・・・・と。

これ、な〜んだ? ↓


070603_201301.jpg
 
 

小便を、

最後に、

搾り出すとき、

鈍痛を伴うのが、

ここ一週間の通例というか、・・・・痛例。

だから、

おそる、おそる

小便をしてるつもりなんだけど・・・・・・

昨日の夜は、

お酒を、ちょいと、

聞し召していたもんでございますから・・・・・

勢い?水量?が、ドドーッとで、

と、その真っ只中で、

なんか、ボコってな感じのものが、

尿道を通過・・・・・

したら、真っ白な便器に、・・・・・黒い点。

あっれ〜。。。。。なんじゃ、こりゃぁ!!

で、大事に、手を汚しながら、

回収して参りました。

大きさは、こんな ↓
 
 

070604_112135.jpg
 
 
多分、

世間では、

これを・・・・

「 尿路結石 」 とか、

「 尿管結石 」 とかって、

言うのかな・・・・・。

ともかく、

こんニャロメ石が出た途端・・・・・

霧は晴れるように、

あの妙な違和感から解放され、

すっかり、私は、

ヤッターマンに、

復活したのでありました。。。。。。ヤッター!

月曜から、

バリバリ頑張るぞぉー。

皆さん、ホント健康には、ご留意くださいませ。。。。。(^_-)-☆

健康診断

[テーマ:徒然なる日常]

実は、今日は、
二年ぶりの健康診断。

50歳最初です。

ところが、昨日、いつもの朝とは言え・・・・・あいにくの雨、
「 嫌な雨だなぁ。。 」 なんて思って、
大型犬二頭の散歩に出ようものなら、事故を起こすから、
「 あぁ、結構な雨でございますわいなぁ。 」
と自分に言い聞かせて、気合を入れて、
犬たちの朝の散歩に連れて行きました・・・・・。
そうして、雨降りしきるなか、
なんとか、いつもの通り、散歩から帰って参りましたら、

  ・・・・しばらくとしないうちに・・・

な〜んか、腎臓から下腹部にかけて、調子がおかしい。

私の、この20年で、過去2〜3回あった、
原因不明の? 全身倦怠感 ?へつながりそうな、嫌〜な気配。

この私の? 全身倦怠感 ?とは、

最初、背中の腎臓あたりから急所( 性器 )のあたりへの、
嫌〜な違和感に始って、
1時間も経ずに、
もう身体全体が倦怠感におおわれて、
横になろうが、立とうが、しゃがみ込もうが、丸くなろうが、
もう、どうしようもない倦怠感( だるさ )で、
ジィーとしていられず、
七転八倒した挙句、
嘔吐にまで及び、
家族は心配して、
過去に救急車で救急病院へ。

確か1回は、親父の運転、
あとの2回が、救急車で、
救急の大学病院や市民病院に、担ぎ込まれました。

しかし、
ここ少なからず10年は、発症がなかった。

更に、
救急車で、担ぎ込まれたとは言うものの、
うち1回は、救急車が到着する前に、
もう1回は、先生の診察を受ける前に、
汚い話で申し訳けありませんが、
全部、トイレでなにやら腸に詰まっていた? あやつ ?がでてしまったら、
その途端、七転八倒から、潮が引くように倦怠感が消えていって、
もうホント、スゥーで、
一応、病院で診察や検査をして頂くのですが、
コレッと言った異常や原因は、全く診られずで、
点滴をして頂いたら、その日のうちに帰宅という程度のものです。

とは言っても、
その? 全身倦怠感 ?が、発症している間は、
やはり、私としては、身の置き所が無い? だるさ ?で、
これ全身、さいなまれるという状態でありまして・・・・・・・
ぶっちゃけ、「 なんとかしてくれぇ〜。。。 」 という気持ち。

過去、全て、その都度、都度に、
いろいろと診療検査して頂いたのですが、
各先生の所見は、
二人が、原因不明。。。。
まっ、腸の活動のバランスがくずれたかな。。。。みたいな。。ことで。
一人は、便秘。。。。
自分的には、便秘よりも下痢に悩まされる体質な。。ような。。まっ、バランスかと。

そんなこんなで、まっ、忘れかけてた
私の、あの? 全身倦怠感 ?の予兆を
昨日は、早々に感じ取ったので.....会社早退。

? 全身倦怠感 ?が発症したら、
即、病院へ行こうと思って、
先ずは、自宅へ帰って、
横になって、待機して、様子を伺いました。

そしたら、有難いことに、
嫌な違和感は消えないのですが、
? 全身倦怠感 ?までには至らずで、
ホント、何年かぶり、
ここ少なからず二頭目がきてからの
1年半は、犬の世話で、
会社にいることが多いので、
久しぶりの、ぶりぶりの畳の上、
テレビ見てるちゃぁ、見てるし、
本読んでるちゃぁ、読んでるし、
うたた寝してるような、ボッーとしてるような、
まぁ、生きてるんだか、死んでるんだか、、、、よく分かんないみたいな、
ゴロン、ゴロンして、昨日一日を過ごさせて頂きました。


そんで、一夜明けての今日は。。。。前述通り。
前々から決まっていた高津中央病院での・・・・、? 健康診断 ?

若干の、昨日からの違和感を残しつつの・・・・? 健康診断 ?受診。
本当の意味で、価値ある? 健康診断 ?ではなかろうか・・・と思いました。

で、健康診断そのものは、お陰さまで、一応全て、一発クリア。
後日、郵送の検査結果待ちということで、今日のところは、無事、終了。

しかしながら、
正直、バリウムは、きつい。

今、昨日からの下腹部の違和感は、すっかり消えまました。

それに替わって、
胃から肛門へと至る体内の管路には、
あの真っ白なピーチ味のバリウムが
パンパンのような状態の気がして・・・・・・・・・・・

ビミョウに、下剤が作用してきたような気もするし・・・・・・・・・・・

まぁ、なんと言って、今日のブログの最後をまとめたらいいモノやら・・・・・・・
 
 
とと、ともかく、 

今日は、二年ぶりの? 健康診断 ?でございました。。。。。m(_ _)m トイレ急行!

天使であり、餓鬼であり!

[テーマ:徒然なる日常]

私には、二人の息子がいます。

私は、この二人の息子が、本当に可愛い。

常に、ポケットに入れて、もち歩きたいと、
まじめに願うほどに、可愛い。

そう、私にとって、二人の息子は・・・・・・まさしく


      天  使 

     エ ン ジ ェ ル
 
 
 

長男は、工業高校を卒業し、就職。

既に成人して、家を出て、会社の寮生活。

お父ちゃんとしては、正直、ヒッジョ〜に、サビシィーーーー!
 


次男は、中学1年生。

トランプを使ったカードマジックが趣味。
 
 
とっかかりは、
長男の影響とはいえ、

家族の中で、
マジックが趣味といった者、
それどころか、興味さえもっている者が、
正直、誰もいないというのに・・・・
 

7歳年上の兄ちゃんが、
高校の文化祭で覚えてきたカードマジックを
次男に披露した・・・・小学4・5年生頃から、
一人どんどんはまっていって・・・・・・
 

分厚い高価なマジック本を
一体、何冊買ってあげたことやら・・・・・・
 

しかし、

習ってもいない漢字が満載の文章と挿絵から、
大人でも、読解するのにてこずりそうなハードカバー本を、
一人、一所懸命、
読んで理解しようとしている姿に・・・・・・
 

はぁ〜、大したもんだぁ〜!
俺の子にしたら、上出来だぁ〜!!
 
 

ハイ、言われなくとも・・・・・・

十分、私は親バカです。

筋金入りの親バカ野郎です。
 
 

 
そんなキャぁワイ〜ィ、天使の次男が、

父親である、この私に、

お得意のカードマジックを

ご披露してくれて・・・・・・・・
 


コッテンパンに、

まんまとだまされて・・

まぁ、ビックリの、オッ・ド・ロ・キィー!

なぁ〜んて感心しきりでいたら・・・・
  


私にとって、

天使のような次男が、

ポツリポツリと・・言いました。
 
 

お父さんさぁ〜、

顔、悪いんだからぁ〜、

若い頃〜、

カードマジックでも覚えてたら・・・、

それで〜、

女の子と話すきっかけ、

作れたのにね、、。。。????!!!!!
 
 


なななななななななななな・・・なにぃーーーー怒!
 
 
  
子供は、天使。

子供は、餓鬼。

共に、真実。

しっかり、

親として、

生き方を残しておかねばならないと、

痛切に思うのでありました。

小正月、観音様に初詣

[テーマ:徒然なる日常]

昨日は、毎年恒例の鎌倉鶴岡八幡宮へ初詣。
初詣を終えて、鎌倉駅の駅前で入った、昔ながらの喫茶店。


そこで、年配の女性のオーナーと思しき方から、
「今日は、小正月だから、初詣の人多かったでしょう。」
と教えられ、
「へぇ〜、小正月ねぇ〜?○×△??」と ・・・・・・・ ?(゜_。)?


小正月について、知りたい方はこちら ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%AD%A3%E6%9C%88


順調に、我が家恒例の初詣を済ませてしまい、
そのまま帰ってしまうには、
ちぃ〜とばっかし、
早いんじゃないんで、
ございますかぁ〜つぅことになりまして、


遠くで眺めたことはあっても、
一度も近くに立ち寄ったことのなかった、
大船の観音様に、初詣を兼ねて、いって参りました〜。。。o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o


大船観音階段.jpg

イヤァ〜、神々しいまでの美人さんじゃぁござんせんかぁ〜。。。(    *⌒  ▽  ⌒*    ) ギャハハ 


観音と私.jpg

その美しい観音様とツーショット!!  d(^-^)


おみくじ.jpg

調子こいて、¥100で、おみくじ購入。
鎌倉の鶴岡八幡宮では、小吉だったことを思い出しつつ・・・


おみくじ半吉.jpg

そして、そのおみくじの結果は・・・・・・半吉    (<●>_<●>)

はは、はは、はは半吉〜?   (  ---   ___   ----- ; ) 

びみょうーな一年に、なりそうざぁ〜んス!

プロフィール
  • 「多羅尾 光道(たらお みつみち)」
  • (株)コムデックの代表取締役社長。
1956年7月28日生(A型)
趣味:犬の飼育(ダルメシアン2頭飼育中)
小学2年迄、大阪
小3から小4迄、愛知県岡崎
小5から現在迄、川崎
中学2の1970年、父/光隆が、同地にて、タラオ電機(現コムデック)創業
1980年から1999年 和泉電気(現IDEC)勤務
2001年 代表取締役就任
カレンダー
  • 2012年6月
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
テーマ
アーカイブ
コメント
トラックバック

盤屋さんの社長のブログ TARAKOのこんなところで活躍 犬が好き!人が好き!看板犬"もも"のブログ アイデアのタマゴを育てます。 TARACO