犬が好き!人が好き! 看板犬「もも」のブログ

2012年6月 1日

ちょっとしたミステリー?

[テーマ:徒然なる日常]

12.05.26_025.jpg
冬の間、雑草ひとつない、ひじょうに散歩させやすい土手の傾斜面でしたが、
春にもなれば、雑草がその生命力を遺憾なく発揮して、
まぁまぁ ・・・ そこかしこ。
我先にと陣取りを競い合うように、 ぐんぐん ぐんぐん  と生い茂ってきます。

12.05.26_026.jpg
ところが、そんな雑草が他の傾斜面のようには、生えてこない一角があるんです よ ねぇ。

12.05.26_024.jpg
ちょっとした ・・・ミステリー ざんしょ。
          
            
実は、その一角では、

冬の間、子供たちが、  時に 大人も混ざっては、
ダンボールをお尻にひいて、そりの要領で、
楽しそうにすべっては登り、すべっては登りして、
遊んでいた一角だったのでした。

そこだけが、 未だ  雑草が、生い茂ってこれないんです   ねぇ。

不思議、 不思議。  

おもしろいもんだ なぁ ・ ・ ・って、 感じます。

これも、犬飼っているから気付く、 まっメリットちゃぁ メリットなんでしょう  か....○×▲◆?
            
              
            


2012年5月10日

当社日常風景 ・・・

[テーマ:徒然なる日常]

12.05.10_011.jpg
  
人間交差点 ならぬ、犬の交差点。

別名 ドッグ ・ スクランブル とでも  言いましょうか ...。

  《 ごくごく普段の、 当社日常風景から 》


         
         



2012年5月 9日

ナウ。

[テーマ:徒然なる日常]

12.05.09_049.jpg
 
只今、もも 散歩中。

凛、ひとり会社で、お留守番。
         
      
凛 : ひまナウ。
     
        
         
その頃、

多摩川土手を散歩中 の  もも ・・・・・ 

もも : ナウ、  ナウ。

12.05.09_041.jpg
             
                 


2012年4月16日

そうするてぇと ・・・・春到来

[テーマ:徒然なる日常]

120416_DVC00014.jpg散った桜の花びらで、二ケ領用水が桜の川に変わる時 ・・・・
    
 
 


 


            
          
            
              
             
              
                     


 
120416_DVC00015.jpg多摩川に流れ込む三沢川の合流地点の川辺は、流れ込んだその桜の花びらで、一面桜色になって ・・・・
    
 
 


 


            
          
            
              
             
              
                     


120416_DVC00016.jpg多摩川の堰の河口では、仲良く並んでカメの甲羅干しする姿が見かけられるようになってきて ・・・・
    
 
 


 


            
          
            
              
             
              
                     

120416_DVC00013.jpg桜川、桜色、カメの甲羅干しが出そろうと
  
こちらでは、多摩川梨の花が咲きだして  ・・・・・
               
              


そうするってぇーと ・・・・
           
  
ようやく春到来の実感にしたります。
              
           
            
           
          
           
             
             
              
                  
               
                      
                 

               

  


2011年11月 5日

会社に犬がある風景

[テーマ:徒然なる日常]

11.11.01_momo_002.jpg

私が、パソコンに向かって集中して仕事していると、

デスクの下、わたしの足元では・・・・・ ももが、、、、爆。 

11.11.01_momo_003.jpg

犬のある会社の日常風景とでも言えば、  言い得てるのでしょうか。。。。
               
              
                 

         


2011年7月11日

はやくも、梅雨があけました。

[テーマ:徒然なる日常]


わたし達が住んでいる関東地方は、
一昨日 梅雨あけ宣言がでました。
自分の記憶の中では、一番はやい梅雨あけです。

年輩の方々の熱中症が気になります。

  *****************************

朝の散歩での、一こま。

もも 連れて、多摩川土手を散歩し終わって、
土手から降りて、ジリジリとくる陽射しの中での信号待ち ・・・・・・ わたし達の対面。

要は、道路を挟んだ反対側歩道に、
自転車を降りて信号待ちする、よく朝出会う 年輩のお父さん。世に言う、おじいさん。
道路を挟んでの朝の挨拶。

  *****************************

「 おはようございます。」

「 おはよう。」

「 朝から、 もう暑いですねぇ・・。」
「 お父さん、暑いから ( 炎天下の自転車こぎ、熱射病には ) 気を付けて。」


「 あんた、帽子は ・・・・?」

「 今日は、( かぶってくるの ) 忘れちゃって。」

( 自転車の前カゴに入った麦藁帽子を指さして )

「 俺なんか、ふたつ、 もってるぞ。 」

( あんた、人のこと言えんよ、 ってな風 )


信号が青になって、

「 どぅも。」
「 おう。」

会釈 しあって別れた、 朝の一こまでした。
                
            
             


2011年6月 9日

修学旅行で...

[テーマ:徒然なる日常]

450x323_11.06.09.jpg

息子たちは、修学旅行の出発を明日に控えたその日に、
かの東北地方太平洋沖大地震が発生。

当然ながら、翌日の修学旅行は、急きょとり止め。
最悪、中止 と言われてもいたのですが ・・・・。

学校、修学旅行関係者のおそらく熱心な尽力があって、
先週末当初の屋久島から、九州半周の旅へと変更とはなりましたが、
羽田第2旅客ターミナルから修学旅行へと旅立ったのでした。

わたし達夫婦も、紆余曲折あった今回の大震災から修学旅行を思い、
日曜日、わけもなく久しぶりに息子の後を追うようにして、
二人で羽田に出かけたのでありました。

新設の第2旅客ターミナルは、
新しいだけに目に写るものが目新しく、設備も最新で綺麗。

旅行者ではない二人でしたが、
なんとはなしに気分をうきうきとさせてくれるものがありました。

今回、久しぶりに空港ロビーや展望台に行って気付いたことに、
ワンちゃん連れの旅行者が多いってことがあげられます。

ロビーのそちこち、
キャリーバッグから顔を出しているワンちゃんは普通で、
抱っこされているワンちゃん、
ロビーの大型ソファーで戯れているワンちゃんも見かけました。

出発ロビーでは、犬の鳴き声も聞かれ、
飼い主と離れるのがイヤで泣いているのかなと、
夫婦互いに、そんなふうに思ったのでありました。

450x324_11.06.09.jpg


2011年6月 2日

凛、空を見ろ!

[テーマ:徒然なる日常]

11.06.01_DVC00081.jpg










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風一過の梅雨の晴間。
空気が済んでたんで しょうね。
いつもの散歩コースの多摩川土手から、あの東京スカイツリーが見えました。

東京タワーの方が距離的に近いのですが、
夜ライトアップした小さな姿が、多分それって見て取れる程度なんですが、
スカイツリーは、夕方時に堂々とその姿を現していたのでありました。

思わず、浮かんだ台詞 ・・・・・

凛!  空を見ろ! 鳥だ! 飛行機だ! スカイツリーだ!
         
             
              



2011年5月26日

アオダイショウ

[テーマ:徒然なる日常]


DVC00074.jpg
             
朝の いつもの多摩川の 散歩コース。

以前、小麦ちゃんのお父さんから、

凛 と河原を、勝手気ままに散歩して、土手に上がってきたところで、

大きな アオダイショウが いたから、気をつけてって言われたことがありました。

最初、自転車のタイヤが落ちているのかと思って近づいていったら、

突然、クネクネ蛇行して動き出したので、

それって気付きました。

1m20から50cmはありました。
  

めっさ、オドロ キーーー。

         
      


2011年2月 8日

あなどれません...。

[テーマ:徒然なる日常]

               
アチコチの庭先の梅の花も咲きだして、
陽の落ちる時間も、5時を過ぎでもまだ明るく、
ここ数日の日を追う毎のポカポカ陽気も手伝って、
日一日、春めいてゆく予感をしっかりと感じてだしてきだした

今日この頃だったのですが・・・・

今日は一転。

朝から、真冬に逆戻りの低い雲が空一面を覆って、
まさしく the冬 そのものといった感の曇天の冬空で、

最近よく当たる天気予報では、夜から、 雪が 降るかも・・・とか。

さすが2月。 やっぱ2月。

2.26事件が雪降る中での決行だった古い新聞の写真記事を
いつか見た記憶が呼び起されます。

あなどれません。
まだまだ寒さ厳しい日が襲ってくる、  2月です。

今週末は、更に低気圧が発達して、
荒れ模様で、気温が4℃で、平野部でも雪が積もるかも  とか・・・。

そんな今朝のお天気ニュースのことを思い出しながら のぉ...、

今日も今日とて、ダルメシアン二頭曳きの汗かきながらの
多摩川縁り一週のお散歩でありました。


2010年7月25日

私も、食べたい  な。

[テーマ:徒然なる日常]

                           
やっぱ、食べもんじゃん。
                 
10.07.25_025.jpg
                 
ママ、 おいしそう。

ママ、 選んで買ってきた の 。
                  
10.07.25_024.jpg
                     
ママ、 私も、 食べたい  なーーー。
                   
10.07.25_028.jpg


2010年7月14日

きのこのこのこ・・・で、夏間近

[テーマ:徒然なる日常]

                  
こちらの方は、

そろそろ梅雨明け間近を予感させるような空模様の雰囲気です。

この梅雨の名残り、思い出として ・・・・写真を掲載します。

まっ、ほぼ毎朝、多摩川べりを、犬連れて、お散歩 ・・・

昨日は、一日中、まぁ雨が、よく降ってましたねぇ〜っていうような
そんな日の朝の土手の草むらには、
昨日の朝に見られなかった 画像のようなキノコ類が ・・・・ ひょっこり出現します。
                         
                  
10.07.14_kinoko.jpg
                     

10.07.14_kinoko19.jpg
                           
握りこぶし位の大きな白いボールようなものもあったりします。

梅雨ならではの風物 って・・・・・言えるのではないでしょう か。
               
               
そんな突如出現のキノコを見つけるたび ・・・

食いしん坊の私は、懲りもせず、毎回、

まずは、 このキノコ 食べられるかって  ・・・思っちゃうんですねぇ。


2010年7月 1日

川鵜 (カワウ)

[テーマ:徒然なる日常]


480_DVC00007.jpg

この時期の朝の多摩川の水門ダム近辺では、
こんな川鵜の姿が、よく見かけられます。
                       
420_DVC00001.jpg
                 
風が吹いてくる方向に、羽根を広げて、小刻みに震わせています。
風向きに合わせて、身体の角度も変えているみたいです。

アホではないなぁ〜と感心させられます。

乾かしてるんでしょう ・・・・ね。

わたしの子供自分、
イギリスのネス湖に棲むと言われたあのネッシーの写真 ・・・・

なんか川鵜の泳いでる姿ではないかいな ・・・・と、
こんな大人になってから、自分勝手に思ってます。

環境悪化により一時生息数を大幅に減らしたそうですが、
1980年代以降、河川水質の向上で餌となる魚が増えて、
飛躍的に増加したそうで、今ではカラス同様、
保護すべき鳥かどうかの議論の対象になっているみたいです。

へぇ〜、そうなんやぁ〜って、思いました。


2010年6月30日

エラ呼吸

[テーマ:徒然なる日常]

                 
420_DVC00004.jpg
                      
一昨日、昨日と、こちらの方でも、

これぞまさしく ? 日本の梅雨 ?という日でありました。

空は、厚い雲、 雲 々・・・・雲に覆われ、

雨は降ったり〜止んだり〜、

夕方ともなれば、どちらかの方角に、

遠雷と共に、真っ黒な雲が突如出現して、

時に、大粒の雨と共に、雷鳴轟かせ、

しかも、気温ときたら、 30度前後でしょうか ・・・・・暑い。

それよりなにより、湿度80%以上 ・・・・・・ムッシムシのムシ暑さ。

俺は、豚マンか、中華マンか?

さもなければ、鮒か、鯉か ・・・・あっ、タラだった。 

ともかく、エラ呼吸する必要があるんじゃないかって、   

もうもう、錯覚しそうな、梅雨らしい梅雨梅雨した日々です。


2010年6月28日

今朝の情景から ・・・

[テーマ:徒然なる日常]

                    
400_480_DVC00001.jpg

400_480_DVC00004.jpg
                  
上の画像は、今朝の犬連れの散歩での、多摩川サイクリングロードから
対岸の東京調布市を望んでの情景。

梅雨の季節のこの辺りの風景を眺めると、
行ったこともないアマゾン流域ですが、
アマゾン流域って、こんな感じかなぁ ・・・・ と思いを馳せてしまいます。

太古の昔より気象の変動を受けてこなかったアマゾン流域も、
近年、乾季に雨が降り、雨季に雨が降らない日が続くとかで、
世界的な異常気象の変動を受けていると、聞いています。

また、経済のグローバル化の中で、
アマゾン流域の畑地確保や産業インフラ構築の為、
森林伐採による熱帯雨林の破壊が、
今次、頓に進んでいるとも、聞いています。

森林による保水効果の減少、
森林焼却の際に大気中に放出される二酸化炭素 ・・・

今、世界の首脳が集って、
G8、G20と重要な会合が催されていますが、
今回は、世界経済と金融の安定化という議題が専らで、
経済至上主義から来るグローバル化という怪物をどう諌めるかで、
精一杯のようです。

しかし、経済至上主義から来るグローバル化という怪物が、
他方で、わたし達の住む地球の環境までも危いものにしている現状を、
忘れないで心にしっかりと留めておくべきかと ・・・・・・

世界の首脳の方々に、お願いしますと祈った、今朝の散歩でした。


2010年6月14日

息子よ!お前は、阿部サダヲか...。

[テーマ:徒然なる日常]

                          
gesenu_033.jpg
                   
ダァーダァーダァー、 ダッダダァーーー   ダッダダァー
                  
          
息子よ、

何故、お母さんを指でつまんだ。
                   
                 
              
                
               
        
                
      
....... 解せぬ!
                     
                   
             
< 休日、我が家の、愉快な犬たちと過ごす、ヒトコマから >


2010年6月 1日

多摩川アユ解禁

[テーマ:徒然なる日常]

                  
今日から ・・・

100601_300_500_ayuDVC00001.jpg

そして、待ちわびていらしゃったようで ・・・

100601_300_500_ayu2DVC00001.jpg

私のガキんチョの頃。昭和40年代。
日本は、まさに高度経済成長の時代。
その日本の 「もの造り」 のメッカ、京浜工業地帯。

その京浜工業地帯の、まぁ用水路みたいなものだった多摩川は、
ホント、きったねぇ川で、とってもアユの棲める川ではありませんでした。

それも今や昔話で、
念ずれば花開くの通りで、多くの人の願い叶って・・・
きれいな多摩川へと復元なりました。

その証の 「アユ解禁」 の立札。

きれいになって、 ホント、よかったわァ〜♪


2010年5月15日

暖かくなるって・・・

[テーマ:徒然なる日常]

                  
いつもの見慣れた犬の散歩コース。

多摩川のサイクリングロード。

対岸は、東京の調布。
                         
100515_景色DVC00036.jpg
                      
この春は、雨も多く寒い、時に冷たい天候不順の日が続きました。

でも、ようやく暖かくなってきたと思われます。

見慣れた風景の中から、

気候が陽気になってきたなぁ〜と思わせることに、

釣りをする人が目につきだします。
                       
100515_景色DVC00037.jpg
                          
ダムの向こう側、満々とたたえる青々となる川の水面。

ゴォーーーと放流される真っ白な水。

白鷺や青鷺が、小魚を求め、ダムの河口に集いだします。
                 
                      
やぁ  っぱ、   あったかくなるって、      いいよ  なぁ〜。


2010年4月21日

つばめ、見ました!ホントです。

[テーマ:徒然なる日常]

                  
100421_skyblue.jpg
                     
イヴ、今朝 3匹目の最終のお散歩、

そのイヴの散歩で、

会社に戻ろうと道路を渡っていた時でした。

チュピチュピ、

チュピチュピ、チュルー ・・・

ん?  

なつかしいあの声は ・・・・ 直感的に? つばめ ?と思い、

声がする上空をながめましたら、電線に 1羽 とまって鳴いていました。


やった〜、今年最初の 1羽、 みぃ〜っけ♪ と一人ほくそ笑んだが、

ブログネタになるでしょが ・・・・ と、 も一人の自分の声がして、

そりゃそうだわい、と取って返して、

つばめ がとまっていた電柱に急ぎ戻ってみましたが、

もはや時、既に、遅し....トホホ

上の写真に、つばめ はいません。   

でも、確かに、あそこにとまっていたんです...チックショウ!


2010年4月15日

今年も、椿、咲きました♪

[テーマ:徒然なる日常]


水やりすることしか、お世話できていないのに ・・・・・

今年も、会社裏の鉢植えの椿が、けな気に花を咲かせてくれました♪
                     
100415_tsubaki0.jpg
                        
昨年は、花一輪、目いっぱい咲かせてくれましたが、
今年は、少なからず三輪、花を咲かせてくれそうです。

                            
100415_tsubaki1.jpg
                    
ほったらかし、

いつも、ほったらかしで、

ごめんな、

ほったらかしのままなのに、

可憐な花を咲かせてくれて、

ありがとう、ありがとう、ありがとう.....椿さん


2010年3月16日

今朝の散歩で ・・・・

[テーマ:徒然なる日常]

                     
今朝、愛犬連れて散歩してまして ・・・

すっかりというか、しっかりというか、春の陽気を身体で感じました。

「ほぉ ・・・ 暖かいなぁ。」 

暖かくなって、春の匂い? 臭い? いや、春の香りとした方が、ナイスでしょうか。

いよいよ、春めいて、春本番の ・・兆し。

「兆し」 で思ったのですが、1月往って、2月逃げて、3月去って・・・といわれる、
2月逃げて ・・・・の 「逃げる」 という漢字は、兆に、部首のしんにょう が付いたもの。

で、兆に、部首のてへん が付けば 「挑む」(いどむ)。

で、この時期を象徴する樹木といえば、きへんが付いて、「桃」(もも) とくる。

まっ、深い意味を考えたわけじゃ、ありません。

徒然に、そんなこと思いながら、多摩川を犬連れて、散歩してます。

                ■

そうそう、自転車にのった同級生と、
久しぶり、5年ぶりくらい?その多摩川ですれ違いました。

軽く会釈をしましたが、彼は、そんな私にはまったく気が付いていなかったって思われます。

まっすぐ前を見て、自転車を立ちこぎしながら、やりすごして往ってしまいました。

で、そんなやりすごして往ってしまった、同級生の Hくん を見た瞬間、感じたこと ・・・

「わっ!あいつ、メチャ 老けたぁ ・・・・・。」

ちっとショック。

裏を返せば、オデも、久しぶりにあった同級生が見たら、とりもなおさず、

「あちゃ、タラちゃん、老けたぁ ・・・・・。」 ってことなんだろう ・・・・・Tohoho。

そんなこんな感じながらの、今朝の散歩で、ありますた。

                 ■

さぁ、会社戻ったら、今日も一日、一日生涯の心意気で、仕事に 「挑む」 ぞ!


2010年2月18日

水墨画、イメージして

[テーマ:徒然なる日常]

              
今朝、こちらは、あたり一面、雪景色でした。

久しぶりに、雪景色と向き合って、
自分の存在と雪景色を一体化することで、
無でなければならない自分を見い出す境地に立とうと、
見えざるものの中に、そのものを見、
聴こえざるものの中から、そのものを聴く・・・ そんな境地 ...。

そんな境地に、まっ、元気印のダルメシアンと一緒では ・・・・・適うはずもありまへん。

でも、そんな雰囲気を醸し出す、今朝の多摩川べりの風景。

ちょっとあしらって、写真をモノトーンにしてみました。
                    
100218_雪景色.jpg
             
100218_雪景色2.jpg
             
で、ダルメシアンは、モノトーンにもってこいの犬だと気づきまして、
水墨画をイメージして、写真を撮ってきました ・・・・・
                    
100218_もも雪景色.jpg
                    
               
で、実際のところは、こうでした。
                 
100218_もも色.jpg
                    
しかし、今朝の雪は、ありがたいことに、
昼前には、すっかり溶けてなくなっていました。


2010年1月15日

「凛」 とした朝

[テーマ:徒然なる日常]

                   
ここ数日の犬の朝の散歩、
いつもの通り、多摩川の土手にあがると、

途端、身にしみる寒さ、  というよりも、身を切られる ツベタサ!

寒し!

吐く息が白い。

リードもつ手が、ほどなく痛い。

空気が凛とした朝なら、奥多摩方面の山々の雪化粧が綺麗。

好きですネェ〜、こうした朝。
自分的には、こんな朝が、 とても好きです。

愛犬 「凛」 の名前の由来も、
こんな?凛?とした朝の空気がたまらなく好きで、
そいでもって、「凛」 と名付けました。

しかし、季節は、着実に春へ、春へと向かっていて、
日没の時間が、この頃では、夕方5時過ぎへと延びてきました。。

12月なら、4時半で、もう外は真っ暗になっていたのに。

しかし、寒さは、年明けてからの方が、寒い。サブい。ツベタイ。痛い。

春に近づく 1月、2月 の方が寒くなる根拠を、
学校で習った記憶がありますが、思い出せません。

なんで? おかしくネェ・・・・ そんなこと思いながら、散歩から帰ってきました。


2009年9月28日

町田ダリア園にて

[テーマ:徒然なる日常]


1_町田ダリア園.jpg

我が家のシルバーウィークは、 安 ・ 近 ・ 短 。
自宅からも、会社からも、そう遠くはない、町田ダリア園に行ってきました。

2_麦秋看板.jpg
「麦秋」 という名前の ダリア ですかいな ・・・・ これは
2_麦秋.jpg
なるほどね、言われて見れば、「麦秋」 っぽい。 
ビールの名前に使えそうじゃ、 ない?

5_花の宴看板.jpg
で、お次は、「花の宴」 すか...。
5_花の宴.jpg
やっぱ、ビール 欲しくなるッス ね。

3_赤陽看板.jpg
ほいで、「赤面」 じゃなくって、「赤陽」 ってか。
3_赤陽.jpg
昼間っから、ビール飲みすぎで、真っ赤っかって・・・言いたいとこっすが、
お天気がよくって、真赤な夕陽ってとこが、妥当な線でしょうか...。

7_ゆかた姿看板_1.jpg
7_ゆかた姿.jpg
真っ赤な夕陽を背に受けて、「ゆかた姿」 で ・・・・
6.5_夕すずみ看板.jpg
6.5_夕すずみ.jpg
「夕すずみ」 とは、風流でおまんなぁ〜。

8_群金魚看板.jpg
8_群金魚.jpg
金魚すくいをしていたら ・・・・

10_織姫看板.jpg
10_織姫.jpg
可愛い彼女と出会っちゃって ・・・・

6_名調子看板.jpg
6_名調子.jpg
得意のお調子、ぶっこいて ・・・・
                       
9_恋文看板.jpg
9_恋文.jpg
ええぃ、ままよと、思い切って、告白したら ・・・・・

福は内看板.jpg
11.5_福は内.jpg
ラッキー ・ クッキー ・ もんじゃ焼き〜 ・・・・・・
                   
11_みだれ髪看板.jpg
11_みだれ髪.jpg
でで、ここじゃ書けない、 あんなこと、 そんなこと ・・・・・・○×△□♪♪

50のオッサンの想像は ・・・・・・ 美しいダリアを愛でているようで、
結局、とどのつまり、こんなとこ。  あぁ〜ケセラセラ。

オチがないので、オチとして ・・・・・・「国宝」
13_国宝看板.jpg
13_国宝.jpg

なんのこっちゃ。

こんなかんなの楽しい休日の、気分転換のひとときでした。  じゃんじゃん!


2009年7月31日

今年も、燕が巣立ちました。

[テーマ:徒然なる日常]

会社の右斜め向かいの、スナック 「 麻耶 」 の入口の、
その照明と壁の隙間に、毎年恒例でできる? 燕の巣 ?

今年、一回目の巣ごもりの最中、白昼、偶然目撃できたんですが、
カラスの襲撃を受け、巣は半壊状態となり ・・・・・

「もう今年は、( 燕の巣立ち ) 見られませんね。」 って、
麻耶 の マスター と立話してたんですが ・・・・・

その後、しばらくあって、あれあれと思ってたら、2回目の巣作り。

また、( カラス奴に ) やられんじゃないかと、見るとはなしに観察してましたら、
2回目は、すくすくと無事に、カラスの襲撃も免れて、
写真の通り、巣立ちにこぎつけました。

090714_Swallow_1.jpg

向って左は、? 親燕 ?です。
子供たち (雛鳥) に、巣立ちを促しているように見えました。

090714_Swallow_2.jpg

写真の親燕の姿から、
いずこも、子供の自立に、親は心を砕くように、思われました。
雛は、まだ巣立ちを嫌がっているように見えました。

090717_Swallow_3.jpg

上の写真から、3日後です。
雛たちの成長が見て取れます。
今にも、巣立ちそうな雰囲気が、見て取れました。
                         
090717_Swallow_4.jpg
                   
親鳥が、一所懸命に、巣のまわりをグル〜リ、グル〜リと低空飛行しては、
雛たちの巣立ちを促していました。

一羽、また一羽と、親鳥の誘いにのって、巣から飛び立っていきます。

この後、何日か、雛たちは、巣への出入りをしていましたが、
ある日突然、姿形、きれいさっぱり見えなくなりました。

今年も、燕が巣立ちました。

今年も、また、自然と ・・・・、
ありがとな、ガンバレよ の エール を送っている、自分に気付かされます。


2009年7月26日

濡れたパンツ

[テーマ:徒然なる日常]


今日 ( 2009年7月26日/日曜日 ) は、
朝からあっ晴れ真夏日和でしたが ・・・

先週1週間は、関東地方では、? 戻り梅雨 ?とかなんとか言われて、
ことに朝の犬の散歩の最中に限って、まぁまぁ、ホント、よく雨が降ってくれました。


戻り梅雨.JPG


朝 9:00 の始業から逆算すると、
どうしても この時間までには、散歩を終えておかないと ・・・ の見込みから、
お天道さまのご機嫌は 後回しにして、
犬の朝の散歩の時間を優先して、
朝の散歩に出かけるわけでなんですが ・・・・ ども、
雨ん中の散歩から帰ってきたら、なんしてか、雨あがる の繰り返しでした。

傘さして、長靴履いて、なるべく できるだけ ・・・
雨にあたりませんようにの心がけで、散歩に行って帰ってくるのですが ・・・

まっ結局、とどのつまり、ご覧の通りで、
毎回、パンツは、ビチャビチャに濡れてしまってました。


濡れたパンツ.JPG


タイトルの? 濡れたパンツ ?を検索キーワードにして、ググってきてくれた方、
50過ぎたオッサンのパンツで、

  「 ごめんね、 ごめんねぇ〜 」

お口直しというか、お目直しで、
そんな? 戻り梅雨 ?の中の、雨があった昼下がり、

見事な? 虹 ?が かかりました。  しかも、二重 ....。

拙い腕の カメラマン ゆえ、二重の? 虹 ?見て取れますでしょうか?


090719_Rainbow_1.jpg


週明け、月曜日からは、雨あがっててくんねぇかなぁ ・・ ・・ ・  ・ ・。


2009年7月17日

俺の季節 ♪

[テーマ:徒然なる日常]


いかにも、昭和の匂い漂う 「 俺の季節 ♪ 」 という タイトル なんですが、
やっぱり 水浴び したかのように 頭のてっぺん から、大汗かく 夏 という季節、
自分的には、一番好きなシーズンと言い切れます。

09.07.15_AjisaiOwari.JPG

あじさいの花が、 薄っ茶 けてきて ・・・・・ 梅雨の終わりを告げだしたと思ったら、

09.07.15_Turibito.JPG

多摩川の川辺、
朝も早よから、釣り人が ・・・・ わたしん中の、夏の朝 を予感させる 象徴的な風物絵

09.07.15_Summer_Morning_1 (1).JPG

09.07.15_Summer_Morning_1.JPG

どうですか ・・・・
もっ、暑っつくなあるぞぉ〜と予感させる朝の多摩川の川岸の風景

09.07.15_Rin_Tan.JPG

チャリンコで、およそ 3kmくらいでしょうか ・・・・
まだまだ 若いダルメシアン の 凛 ですが、
ご覧いただけますか、もう思いっきし 舌 がでてます。

待ちに待った、梅雨明け。

やっぱ、自分的には、俺の季節 到来としか、言いようがありません。


2009年7月 2日

もうちょこっと、待っててくれたら・・なぁ

[テーマ:徒然なる日常]


朝雨土手090702.JPG

今朝、信号渡って、いつもの多摩川の土手に出ようとしたらば ・・・

途端、 雨、 本降り。

もうちょこっと、待っててくれたら ・・・・

長靴090702.JPG

さっき、まで、なんとか持ちこたえてくれてたのに ・・・・

チャッチャ と 朝の散歩、雨 あたらずに済まそうと ・・・・

急いで急いで、支度した ちゅう に....。o0○

090702凛.JPG

雨の日になると、他のどの犬よりも、 とっても、うまく つけできる 「 凛 」 です。

晴れた日は、他のどの犬よりも、つけしない、問題児なんですが ・・・・。

私の傘の中に寄り添って、

からだが濡れるのを、少しでも避けようと ・・・・ 状況判断のきく、こにくたらしいガキです。

しずしずと、シズシズと、なんて躾の行き届いた賢いワンちゃんなんでしょって風に、

わたしに着いて、どこまでも歩いてける感じです。

押し並べて、うちの犬たちは、水ぎらいですが、なかでも 「 凛 」 は、一番です。



凛ちゃん やぁ、いっつもこんな風だと、

父ちゃん、うれしいんだけどなぁ〜...。o0○○


2009年6月 9日

私の中の野性への目覚め

[テーマ:徒然なる日常]

犬飼って、朝に夕に、多摩川の土手、サイクリングコースを軌道に、
犬の散歩をするようになって、もう かれこれ7〜8年。

ここへきて、ようやく、私の中の野性が目覚めてきたとでもいいましょうか、
これ迄、全く気づいてなかった 自然の、
その微妙な変化 を 今年の この春頃から、
少しっつ昨年まではなかった感覚で、
感じ取れるようになったとでもいいましょうか、
カッコつけて申すなら、
まっ、自然と少〜し会話できるようになってきた ・・・とでも言わしてもらいましょうか..。

草木の変化のことは、しばしば ブログ で取り上げできてますが、
鳥獣魚についても、たぬき と カメ について既にふれてきていますが、
いい 写メ が撮れなかったんで、
ブログにアップ することを躊躇っていた、
いろんなことが、ちまちまと、まぁ〜あって、
それが、結構、頭ん中で積もり積もって、
一回、吐き出しちゃえ ってな気分になり、
本日のブログで   ・・・・・・・・・ ・  ・  ・ 吐き出しちゃいます。

で、トリ〜

・「 うぐいす 」

下手ッピィな啼き声で、発声練習してた春先の頃から、
今では、ホー・ホケキョ と見事に啼いている、
その進化成長の過程を、わたしのこの耳が聞き及んでいます。
ただ、目で捕らえられていません。
だから、写メなんて ・・・・ まったく。

・「つばめ」

土手と河原を縦横無尽に飛んでます。
河原の地面に下りているところも目撃しています。
雨模様になると、低空飛行モードになって、
チャリンコ曳きして走っている、わたし達に並走?する瞬間があります。
写メ しようとして、命が危ないことに気づいて ・・・・・中止しました。

・「かも」

たまたまサイクリングロード脇のロープで仕切られた芝生養生区域に、
おそらくツガイでウロチョロしているところを
かろうじて 写メ しました。
しかし、携帯をカメラモードにして、かまえた途端、
どの鳥たちも、その反応の差こそあれ、飛び立ちます。

・「きじ」

雄のきじは、見事です。
頭頂部あたりに、真っ赤なトサカ?みたいなものが見えました。
胸から頭部は、鮮やかな濃い緑色、
尾っぽは、縞模様の薄〜いねずみ色だったか、
しかし、「かも」 より、はるかに用心深く、
どうでしょう、20m圏内に侵入した途端、
藪の中へと、飛んで逃げこんでしまいました。

・「しらさぎ」 「あおさぎ」 「川鵜」

土手の上にあがってきているのを見かけてことはありません。
多摩川の中洲 の方に目をやれば、たいてい散見できます。

「あおさぎ」 の、微塵も動かず、小魚が足元に寄って来たとみるや、
バシャとばかり、くちばしを突き刺して捕らえる瞬間は、見ものです。
見ものと言えば、「あおさぎ」の離着陸、
この近辺では、やはり一番大きな鳥だけに、
その離着陸は、なかなかに見ごたえがあります。
優雅に舞う被写体を、うまく捕えられたためしがありません。
一体、なにを撮影なさったんでございますかいな?ちゅうような写真ばっかし...でし。

「川鵜」 は、ネッシーよろしくの姿で泳いでいるかと見れば、
きびすを返すが如く、ポチャリ と川の中へしばらく潜水して、
あらぬところから、ピョコリと浮上してきます。
風?陽射し?に羽ひろげて、乾かす独特の仕草は、なんともユーモラス。

まっ、この他にも、スズメ、土鳩、あまた名も知らぬ鳥たち含め、
今年は、例年より、はるかに多く目に飛び込んできては、
印象に残ってしまうといった風なんです。

やっぱ、少〜し自然に同化できてきたんじゃないでしょうか...。

ええっ、 どうかしてる ・・・・・ の方がふさわしいって ....。oO○Oo acha ma

I-0606_DVC00001.JPG
                
「かも」 の ツガイ を写してはいるんですが ・・・・

I-0609_DVC00003.JPG

草むらから、ピョコタカ飛びだして、土手をよく歩き回っている鳥です。

I-0609_DVC00005.JPG

「しらさぎ」 の写真どぇ〜す。


2009年6月 6日

あの胡桃 (くるみ) の成長から

[テーマ:徒然なる日常]


cDVC00005.jpg

以前ブログ(2009年04月22日)でとりあげた
上の写真の胡桃(くるみ)の雌花、その雌花の
その後の成長の経過について、報告させて頂きます。




ジャジャジャ ・  ジャ〜ん♪

DVC00009.JPG

ぅ・ん、まぁ、もう、見ての通りで ・・・・・

DVC00003_1.JPG

順調に、真夏のたわわ状態を目指して、成長中。

同系色の葉っぱに蔽われ、葉っぱの陰に息を潜めるかのように、

この胡桃の成長の途中経過は、意識していないと多分、誰も
気がつかいていないかと、思われます。

なぜなら、何年も多摩川のこの土手を、
朝に夕にと散歩してる私が、今年、はじめて気付いたんですから。

熱い陽ざし、そぼ降る雨、強い風、激しい雨、雷、台風、
みーんな全て栄養として、ジィーッと黙って吸収してるように感じられます。


「 たっくましいよなぁ ・・・ 」 ふと感じ入ってる、か弱い?アタチ?がおりました。


2009年5月11日

Oh〜♪ パンジー ・・ ・

[テーマ:徒然なる日常]

                         
春、真っ盛り..です ね。

いやいや、春の陽気を通り越し、
昨日の日曜は、全国夏日に乗じ、こちらも、気温28℃とか..。


お散歩VC00002.JPG

いつも、休日の、犬の散歩を手伝ってくれる二男が、
新入生オリエンテーリングで、山梨の富士山の麓の学校施設へ
朝の早よから出立で、久しぶり、夫婦二人で、愛犬たちのお散歩。


お散歩00001.JPG

女房殿、
今では、犬の二頭引き、なれたもんです。


で、先行する女房殿の後ろを遅れないようにと
「 もも 」 と歩いていたんです  ね ・・・・


そうしたら  ・・・・・・・・ なんだか


なんだかDVC00021.JPG

路傍の花壇に咲く、写真のこいつらに目を魅かれ ・・・・


パンジーたちDVC00017.JPG


なぁ〜んか、不思議と微笑み誘われちゃって ...。

不思議とDVC00023.JPG


なんとも言えない、愉快な気分にさせられちゃって、
足を止めて、写メしちゃったんすよ ね。

楽しい気分DVC00022.JPG


なぁ、パンジーさんたち ・・ ・ ・ なぁ〜んか、おじさんたちって、珍しいのかい。

これも、私にとっては、犬飼ってるゆえの、特典ってゆんでしょうか。


2009年4月30日

犬と歩けば ・・・今、なんじ?

[テーマ:徒然なる日常]


わたし共が暮らす、神奈川県は川崎市の、
その 川崎市民の花 と言えば、写真の 「 つつじ 」 (英語で、アゼリア) ざんす。

つつじ1DVC00018.JPG

まず、「 凛 」 の オチリ からのアングルにご容赦ください。

つつじりん2DVC00019.JPG

こうして毎朝毎夕、犬と歩けば、
冬の荒涼とした土手から、
その土手沿い 1km にも及ぶ満開の桜に、春到来を体感し、
黄色の菜の花、桜吹雪、休む間もなく 胡桃の 雄花 雌花 の騒動へと連なって、

そうして今、春も盛りのこの時期は .....今、なんじ? つつじ〜 の 「 つつじ 」。

もう川崎市の市街のあちこち、
ショッキングピンク と 葉の緑 という好対照の鮮やかな色彩が
いやがおうでも、この時期は、目に飛び込んできます 。
昨年の類似ブログは、ここをクリック下せぇまし。

しろりん3DVC00017.JPG

白いのもあったりするんす けど ネ。

アップ前4DVC00021.JPG

無粋極まりない、こんな親爺のアッシでも、
犬と共生することで、まっ、昔のアッシを知る連中からすれば、
もうぜってぇ〜そんなんありえねぇ〜と一笑に付されるであろう ・・・
季節の移ろいなんつうもんを、その季節季節に咲く草花から、
感じ取ってるアッシが、 ・・・・・・・・・・・・  おるんです。ブハハハハ

アップ5DVC00020.JPG

ところで、 「 つつじ 」 と 「 さつき 」 って、  ・・・・ 違うんか?一緒か?

イヴ6DVC00008.JPG

よう、「 イヴ 」 よぉ、教えてぇ〜な。

まる7DVC00001.JPG

こんな丸っこいのも、あったりで。

まるりんDVC00002.JPG
                     
でも、その実、想像以上に、大っきかったりなんかして ・・・・・・

で、今、なんじ〜?   つつ じ〜。 ・・・ の次に来るものは、

何んすかって言えば ・・・・ ですよ、

もう次に控えているものと言えば ・・・・・

ママ〜、ママって、なんさい?   あじさ〜い ・・・・・ 失礼いたすました。


2009年4月22日

ハイキングウォーキング的 な〜 ・・・違うか!

[テーマ:徒然なる日常]


前回ブログの続きに ・・・・今回は、     そう なっちゃいます...。
                         
前回、胡桃 (くるみ) の雄花 (おばな) のことを
「海ぶどう」 に、さも似たりなんちゃって書きましたが、
雌花 (めばな) については、
すみませんってことで、おっぽっとくつもりだったんですが、

なんか、そう思いきっちゃうと、
逆に、胡桃の樹の傍、通るたんび ・・・
雌花のことがついつい気になって ・・・・

見るとはなし、観察、観察 ・・・・観察。

aDVC00001.JPG

で、多分、ども ・・・・
海ぶどうみたいな雄花の上、
ちょこんと突き出てるのが、
どど、どうも、雌花 (めばな) らすい ....。

bDVC00004.JPG

もそっと、ズームして ・・・・

cDVC00005.JPG

更に、ズームして ・・・・・・ ねっ!
そうでしょ..ねっ、 
そう思うでしょ ......間違いないでしょ。

これって、雌花っしょ。

dDVC00009.JPG

ほら、こっちにも、こんなのが ....。

な〜んか、今が盛りの旬ってゆったら言んでしょうか、

受粉して ・・・・ 多分。

どことなし、そこはかとないお色気を感じさせる
艶っぽさっていうか、色香を放っているようには、  

見えません ・・ですか?


で、つい先日まで、海ぶどうに似た雄花たちが、
あちこち、そちこち、
ブラ〜ン、ブラ〜ンと、
風に漂ってたというのに ・・・・・・

その雄花の数が、激減してるんすよ、ね。


で、

ど〜こさ行っちまったべと、

あたりを見渡しましたら、

いました。   いました。

eDVC00011.JPG

胡桃 (くるみ) の樹の根元、

あたり一面、

もう雄花、雄花、雄花 ・・・・・・ 雄花。


fDVC00012.JPG

で、更に、樹の根元から少し離れたところに、
掃き集められた、こ〜んな雄花の塊が......。


gDVC00013.JPG

な〜んか切ない。

結局 ・・・・・・ 雄花って、



そう、 なっちゃいます。

かしこ、かしこまりました。 かしこ。



h09.04.15 008.jpg

ちっちゃいことは、気にしない。

ワカチコ、ワカチコ .......。oo0○


2009年4月16日

海ぶどう...ってか

[テーマ:徒然なる日常]


これって何だかわかります?
一見、グリーンキャビアとかって言われる 「海ぶどう」 を思わせますが ....

09.04.15 002.jpg


ちょっと引いたら ・・・・ こんな風。
ちっと ピンボケ写真 になってしまってる点は、ご愛嬌ってことで .。o0○

09.04.15 003.jpg


              
更に、引いて、 引いてしたら ・・・・ こういう風。
そう樹木なんですよ ..ね。

09.04.15 004.jpg



もいっちょ下がって見れば ・・・・ こ〜んな木です。
結構そこそこな大っきな木です。
               
09.04.15 006.jpg



こ〜んなぶどうの房みたいなのが、
そちこち、たわわに、ぶらぶらと、ぶら下がってます。
           
09.04.15 007.jpg



でで、その全容は、こ〜んな風。
実は ・・・・ 会社裏手の多摩川の川沿いの一角にある
その名も、 「 胡桃公園 」 の胡桃 ( くるみ ) の木。
しかも雄花らしい ・・・・ 雌花がどれだか知りません...すみません。

犬なんぞを飼ってるからこその .... 発見ってゆんでしょうか、
何かひとつ事にうちこむと、まっ、朝夕の犬の散歩のことなんですが、
打ち込んでいると、自然が気づきを与えてくれて、
ものを知らないバカを、少しは利口にさせてくれるものなんです  よ、ね。

そんな私が、初めて胡桃を見たときの驚きを
そのまま表現した記録がこちらです。
一抹のご興味あれば、ぜひ参観してみてください。


2009年3月24日

咲いた、咲いたよ、椿の花が・・・ね♪

[テーマ:徒然なる日常]


D00004.JPG

今朝は、愛犬 「もも」 を自転車で引き連れての、
二ケ領用水添いのサクラ並木の開花状況を確認しに行って参りました。

D00006.JPG

例年よりかなり早い、二日前のサクラ開花宣言以来、
天候不順の春冷えの日が続いたことが響いてか、
写真の通りで、満開からはほど遠い、3分咲きにも届かない状況で・・・・

D00005.JPG

暖かい陽気を待ち望んで、開花するのを踏みとどまっている風でした。

D00002.JPG

で、上の写真は、会社にある鉢植えのひとつ・・・ 「椿」 ......たぶん。

会社の隣のSさんのおじいちゃんから、「結構です、結構ですから...。」 と言ったのに、
「いいから、いいから」 ってニコニコ顔で手渡され育てることになった ・・・ 「つばき」....多分。

D0003.JPG

水やりしてあげることしかできない、そんな私に預けられた 「椿」 ・・・多分、
なのに、けな気に大きな一輪を、サクラ咲く、この時期に咲かせてくれました。

D00001.JPG

ありがと。

咲いた、咲いたよ、椿の花が・・・ね♪


2009年3月21日

咲いた咲いた ね、サクラ咲いてんでひょ♪

[テーマ:徒然なる日常]


東京地方は、今日にも、サクラの開花宣言が出される...とか。

で、今朝(09/03/21)、毎年、恒例の二ケ領用水のサクラ並木の通りを
愛犬 「凛」 を自転車引きしての、散歩に行ってまいりました。

昨日のニュースで、東京では、某有名公園だったかの指定のサクラの木に、
サクラの花が5コ以上咲いた時点で、
サクラ開花宣言になるという風な確か解説を ・・・・されてたよう・・な、風な ・・・・。

毎々の曖昧な無責任な言い回しにお許しを....。o0O○

で、昨日 (09/03/20) のニュースでは、1コか2コしか咲いてなかった状態だったんで、
東京地方のサクラ開花宣言には至らず、

明日 (09/03/21) の天気予報 (快晴) からすれば、
明日のサクラ開花宣言は間違いない...なぁ〜んてこと聞いておりましたんで、

さっそくに、今朝のお散歩と相成りました。

DVC1.JPG

で、やはりニュース同様、
わたし達が併走した、およそ800m位の二ケ領用水のサクラ並木においても、
2〜3本の木に、写真のように2〜3コ開花しているものがありましたが、
99%の花が、まだ蕾の状態でした。

DVC2.JPG

それでも、用水路 (小さい川) におっこちそうになりながらも、
わずかに一足先に咲いているサクラの花を写メして参りやんすた。

DVC4.JPG

ほら  ね。

DVC3.JPG

ほら、ほらね.....。

咲いてますでひょ。

DVC5.JPG

でもね、大半がまだまだ、こんな蕾の状態でした。

DVC6.JPG

これからです ね。
一気呵成に、得てに帆かけて、どっと開花してくるのは .......

楽しみ、たのしみ。


2008年12月14日

ちょッちょッちょッちょっちょッ・・・の再会

[テーマ:徒然なる日常]


前々回のブログで、
「 凛 」 を朝、自転車曳きしてのお散歩で、
多摩川サイクリングロード沿いの土手下の草むらに、
偶然、たぬきをめっけましたというブログを書きました が...

それ以来、気になっては、見つけた草むら近辺を通るたんび、

「たぬきは、いねがぁ〜。」

「あん時のたぬきは、いねがぁ〜。」

と目をこらしていましたが、見かけること適わずで・・・

逆に、見つけた場所から上流300m位の沿線道路で、
車に轢かれて、半身ペチャンコにつぶれた ・・・多分、たぬき、きっとたぬき。

カラスがぞくぞくと集まって、その死骸を争って、つっついてる現場に遭遇。

オデが見た、あんどきの、たぬっこでは、ねぇ〜べよなぁ・・・と祈った始末。


2008 12 08 003.JPG

2008 12 08 004.JPG

2008 12 08 007.JPG


ところが、どっこい、あんたぬき、生きててくれました。

今回は、「 もも 」 自転車曳きで、前回目撃したほぼ同じ場所で、
前回同様、朝の陽光を求めるようにして、

こいつ、人に飼われてたんか なぁ...○×△□

たぬきは、夜行性動物ではなかったか...○×△□

まっ、どうでもいいっか。

生きててくれたんだから。

再会を果たして、  

「元気で生きてくんだぞ!」 って、

心ん中でつぶやいては、

会社へ戻ったのでありますた。


2008年11月23日

ちょ、ちょ、ちょっ・・・・・

[テーマ:徒然なる日常]


「 凛 」 を自転車びきしての、多摩川サイクリングロード、
まぁ、 いつもと 変わらぬ 朝の日常的な お散歩.....。

凛 となる朝の空気ん中を、風きって、「 凛 」 と走る、走る。進む、進む。

2008 11 23 001.JPG

2008 11 23 002.JPG

ダァッーっとばかり、サイクリングロードをつっぱしておりました ・ ・・ら、

わたしの視界の片隅 ・・・・ぅを、

サイクリングロードの土手の下 ・・・。・・・。。

「 ちょ、ちょ、ちょっ・・・・・・っと 」

「 今のは、 ナヌ ? ○×△□? 」


2008 11 23 003.JPG

2008 11 23 004.JPG

2008 11 23 005.JPG


猫 じゃ ・・・・ないっしょ!

ネズミにしては、  ・・・デカすぎっしょ!!

あたしゃ、タンタン たぬき と見ましたが 

  ・・・・まっ、信じる信じないは、皆さんにお任せ致しやす。


2008年11月17日

あんた、病気でもしとったんかいな...。

[テーマ:徒然なる日常]


日々、朝に夕に、犬の散歩、散歩って申しましても、
その時間帯は、仕事の関係上、微妙に変動を来たしておりまして・・・

最近では、夕刻は、なんと申しましても、
全国NET直販の商売柄、
受注出荷のピークでとりわけ忙しく、
夕方の散歩は、いつの頃からか昼休みの時間に振替となっておりまして・・・

「 もも 」 と 「 凛 」 一頭づつ、
其々別々での自転車引きで、
まっ、 がまんさせてると言った方が、
犬たちの気持ちに適ってるのかもしれません。


2008 11 17 006.JPG

2008 11 17 007.JPG

2008 11 17 008.JPG


上の3枚の写真は、今朝の散歩時の写真なんです...が、

前を自転車こいで走ってるのは、御年93歳のおじいさんです。
(※ 93歳のおじいさんの運転の後姿には見えないっしょ )
                
・・・ どうも、朝の犬の散歩時間も
微妙に変動を来たしていたらしく・・・

写真のおじいさんとは、
もう少なくとも3年以上、ほぼ毎朝、

最初は、すれ違いざまの軽い会釈に始まって、

そして、「おはようございます。」 の挨拶を交わすようになり、

いつの間にやら、二言三言、立ち話をするような間柄になって、

やはり最初、少しこわがっていた 「 もも 」 や 「 凛 」 を

いつの間にやら、「桃 と 林檎じゃ」 と言っては、

かわいがってくれるようになって・・・・

いつしか、私ん中で、お父さんのその顔が朝に見えないと、
なんだか、妙に気にかかる存在となってしまった、

このお父さん、元外国船の船長さんで、
くりかえしになりますが、御年93歳のお父さん。

で、ここ1カ月半から2ケ月くらい・・・

「 最近、顔合わせないなぁ・・ ・」

「 お父さん、どうしてるかなぁ・・ ・ ・」

と心配しておりまして、

その事をブログに書こうか、書こまいか、考えて・・・

しかし話題の顛末が、決して明るくなんないよ なぁ・・・・って思うと、

ブログに取り上げることを、逡巡して、やめとこうと思ってた矢先・・・



今朝、 発見 致しやんした。

「あな、あな、うれし や・・」 と思いましたら、

「 凛 」 もよく分かったもんで、

あのお父さんのそれと判ったら、 ひっぱる、 引っ張る・・・・。


で、息切らして、お父さんに追いつきましたら ・・・・・・ば、

「 おうおう、久しぶりじゃのう・・。」

「 あんた、病気でもしとったんかいな...。」 だって、  
                  
まぁ、なんと言って、うれしいやら、ありがたいやら、おめでたいやら、

しかも、その台詞、どっちかって言うと、私の台詞と違うんかい! お父さん!!


これだから、元気で、長生き なんすよねぇ・・・。

「 なんすか、久しぶりにお父さんに会えて、朝からいい一日になりそうっす。」

って、言葉交わして、会社に勇んで帰りましたとさ....めでたし、めでたし。


2008年10月31日

カマキリ、それキリ

[テーマ:徒然なる日常]


今日で、10月もおしまいです ・ね。

陽の暮れるのが一段と早くなって、
こちらは、もう5:00頃には、外は暗くなってます。

夕方の犬の散歩の時間の調整に、
気をもむ季節に入ってきました。


2008 10 30 011.JPG

一昨日朝の掃除で、
事務所裏の扉を開けましたら、
この 「カマキリ」 がドアノブの横っちょの壁に、
張り付いてました。

2008 10 30 012.JPG

写真を撮ろうと、
携帯を近づけましたら、

「わたしに、カマ わないで・・・」 とばかりに、

携帯もつ私の手にカマもちあげて、とびかかってきて、
思わず私は、携帯もつ手を離してしまい、
携帯を地面に落っことしてしまいました。

2008 10 30 013.JPG

子供時分、
「カマキリ」 なんて、
平気の平左でつかんでいたのに、
いつ頃から、こんなにも 「カマキリ」 にビビってしまう

私は大人になってしまったんだろう...○×△□


ゴミを捨てて、事務所の裏に戻ってき時には、
もう、その姿はありませんでした。

その時以来、
今朝に至るまで、

その 「カマキリ」 を、それキリ 見てません。

季節は、間違いなく移り変わっていってます ・ね。


2008年9月19日

ブログを書いていればこそ・・・

[テーマ:徒然なる日常]


ブログを書いていればこそ ・・・・

まっ、もう話すこともなかったかもしれない
小学校の同級生から、突如としてコメントもらったり ・・・

ダルメシアンを飼っているっていうか、
ダルメシアンを愛してやまない方々との出会いがあったり ・・・で、

拙いブログなれど、書いていればこそ、
すばらしいご縁があって、よかったなぁ ・・・ と思わして頂いてます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

そんなご縁のお一人に、
中学の同級生の女性がいらっしゃいます。

中学生当時、その彼女とは、
まっ!一言も、しゃべったことなかったんじゃないか ・・・○×△□?

それが、ブログがご縁で、
ちょいちょいメールで、情報交換交わすようになってます。

そんな彼女からの ・・・ ありがたいメッセージが ・・・

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

先日ハーブ園にこんな男の子が来ました。

キャンドルの模様に迷っているようだったので、

「何が好き?好きなもの作ってみれば?」

「うんち!!」

「・・・そっかぁ、それでもいいんだけど、他には何かある?」

「おなら!!!」

「まったく、そんなことばっかり言ってないで、ちゃんと考えなさい!」

とたしなめるママを横目に、私の頭には、

「子供のころの多羅尾君てこんな・・・?」 

という思いがよぎり、密かににんまりしておりました。

勝手な想像、失礼しました。  お許しあれ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

まっ、当たらずしも、遠からず とコメントしておきましょう。

先日、次男の幼稚園時代のビデオテープが、
DVDで復活できまして、家族で楽しく見ておりましたら ・・・

幼稚園生の息子が、今でいうエアーギターの振り付けよろしく、

「チンチンチン、コレクション〜♪」
「チンチンチンチン、コレクション〜♪♪」

「チンチンチン、コレクション〜♪」
「チンチンチンチン、コレクション〜♪♪」

と、実に、うれしそうにエアーギターの振りで、
何度も何度も繰り返し、歌って踊ってくれておりました・・・・。

確かに当時、私も、一緒に、楽しく歌って踊った憶えがあります。

ビデオには収録されてませんでしたが ・・・・。

収録されてなくて、とっても残念に思いました.....。o0○


2008年9月 2日

夏に咲いてた花たちよ・・・

[テーマ:徒然なる日常]


花の名なんて、全くといっていい程、
知らないと言っていい、
植物音痴のオジサンなれど・・・

ロマンチックというイメージから、
ほど遠いところに位置するオヤジなれど・・・


それはそれ、そこはそこ ・・・

犬連れて、朝に夕に、お散歩をばしておりますてぇ〜と

こんなオッサンでも、

たとえば、路傍に咲く、一輪の花に、

目をとめることも、 あるんです・・よ。


2008 08 03 ふよう.JPG


私ん中の夏の花って言えば ・・・・・「向日葵(ひまわり)」

その向日葵に象徴される夏の花のイメージって、・・こんな風。

大胆で、ダイナミックで、一歩間違えると、グロテスクな感じ。



しかし、

こんな可憐な花たちも、

咲いてたんですよ。



2008 08 15 紫.JPG


私の中の夏の花のイメージには、ちょっと遠い・・・

こんな可愛い花たちが、路傍の隅っこで、

しっかり自己主張するかのように咲いてたんです・・よ。

2008 08 12 ピンク大.JPG

2008 08 12 ピンク.JPG

2008 08 13 黄大.JPG

2008 08 13 黄.JPG


今年の夏は、

こんな花たちもいるんだよな・・・ってことに、

気がついた夏でした。


2008年8月11日

熱い夏だから・・・少しでも涼しくしようと思って

[テーマ:徒然なる日常]


暑い熱い真夏だから、こんな時こそ ・・・・・


さぶい、寒い オヤジギャグ で、

少し涼しくなってもうらおうと思ったんでありますた。


2008 07 21 010.JPG


まずは、今、売れかけてます ・・・・

「ルネ・サァ〜ス!」



きちんと ワイングラス を用意しないで、

焼酎のロックで、平気なとこが ・・・・ イェ〜ィ! OYAJI だす。


2008 07 13 008.JPG


あじさいが、満開の頃ですた。

少年N : 「ママ、今年で、何歳になるんだっけ?」

ママ : 「丁度、あじさいよ。」


2008 07 30 021.JPG


丁度、今の時期ですた。
トウモロコシ畑の前で、

少年N : 「パパ、トウモロコシはどうして毛が生えるの?」

パパ : 「そりゃぁ、大人になったからだよ。」


2008 07 19 001.JPG


太ったお金持ちっぽい、おばさまが、凛をみて・・・・

「まぁ〜なんて カワユイ ・・・・・乳牛だこと、オホホホホ。」


「 −−−−−−−−−。 」


2008 07 06 002.JPG


ナイスなシャッターチャンスで、

きれいに写真がとれたからって、

ブログに使ってよって、言われても 〜〜〜 ・・・・・・ 困る!


少しは、さぶくなりますたか・・・・ガハハハ


2008年8月 5日

恒例、夏の夜の・・・

[テーマ:徒然なる日常]

                   
間違いなく、去年もブログで取り上げたはず・・・

この時期の愛犬2匹の、
就寝前トイレ( 21:00前後 )のお決まり周回コースには、
下の写真のような穴っぽこを、もっ、そこいら中で目撃します。


2008 08 03 004.JPG


セミの幼虫が、長年月過ごした地中から、
ようやく抜けでてきた時にできる、穴っぽこです。

で、就寝前の散歩の時間くらいになりますてぇ〜と、
その穴っぽこから地上にでてきた、
セミの幼虫と夜な夜な遭遇するわけですな。。。。


2008 08 03 001a.JPG


で、セミの幼虫の中には、舗道を渡った街路樹に登って、
羽化しようと目指す子らがいるわけですな。

そいで、舗道横断中に、結構、踏みつぶされてる.....
7年か8年ですか?地中に居て、ようやく地上に出てきて、
さぁ これから・・・つう時に、グチャはないよねぇ〜・・・と、
わたし思っちゃた瞬間から・・・・

見ての通り、ほぼ、ゴキブリと、
五十歩百歩で勝負できるセミの幼虫なんですけれども、
ふんずぶされないようにと、手に捕っては、
街路樹にくっつけてやるんだす。


2008 08 03 016.JPG



で、・・・・・ 翌朝。
このぬけ殻が、夕んべのセミかどうか...○×△□?
なんですけんども、

なんか、ちょこっと、いいことしたみたいなぁ〜・・・・。
逆に、勇気もらったみたいなぁ〜・・・。


2008 08 03 002.JPG


今日もいちんち、がんばりましょう。


2008年7月18日

ダルと、アゲハと、ヤンマと・・・うそピョン

[テーマ:徒然なる日常]


この季節 ・・・・・・・ だからこそ の ハプニング。


コムデック恒例の毎朝の社内清掃中での、でき事。


2008 07 15 002.JPG


「 凛 」 が、ピョコタン、ピョコタン跳ねてます。


2008 07 15 005.JPG


あれあれ、とんだ珍客訪問。

黒アゲハが、事務所ん中を舞ってます。

アゲハに気付いた 「 凛 」 の、ピョコタン、ピョコタンだったんです。


2008 07 15 006.JPG


もしも、キャバリアの 「 イヴ 」 だったら、もう大騒ぎでしょう。

ワンワン、ワンワン、狂ったように泣き喚いたにちがいありません。

さすが、ダルメシアンクラスの犬になると、優雅にアゲハとじゃれてます。

「 もも 」 に至っては、知ってか知らずか、知らんぷりの風情。


2008 07 16 039.JPG


あれあれ、あれれ ・・・ 更に、ヤンマ。

しかも、あな珍しや、銀ヤンマが停まってます。


2008 07 16 040.JPG


いやいや、いやや ・・・・ さらさら、更に、オニヤンマ!


珍しことがあるもんだ!

黒アゲハに、銀ヤンマ、

そうして鬼ヤンマまで ・・・・





2008 07 16 041.JPG


ん なこと、あるわけねぇ ・・・ だろが、



ヤンマは  ・・・・・ うそ ピョン!


むか〜し、出店で買った、レプリカのオブジェ ですた 。。。。じゃんじゃん


2008年5月27日

たぶん ・・・ そう多分。。。

[テーマ:徒然なる日常]



たぶん ・・・ 私の多分なんです。


2008 05 25 003.JPG


わたしの多分で、ごめんなさい。

そんな私の多分の、川崎市の花は、多分、ツツジ。
 

2008 05 25 004.JPG


多分、英語では、アゼリア。


2008 05 18 106.JPG


で、多分、路傍に咲くこの花が、ツツジのアゼリア。


2008 05 18 107.JPG


私の多分で、間違っていたら ・・・・・ ごめんなさい。


2008年3月27日

50代のサクラ咲く観察

[テーマ:徒然なる日常]


毎年、毎年、この時期、サクラに励まされている私は、
何かサクラに恩返ししたくなり ・・・

犬の散歩ついでに ・・・ この春、小学生に戻った気分で、
サクラの花の定点観察をしてみました。

2008年03月25日8:30 蕾

080325蕾.JPG


2008年03月26日8:30 蕾

080326蕾.JPG


2008年03月27日8:30 開花

080327開花.JPG
               
                
でで、サクラの木として ・・・

2008年03月25日8:30

080325桜.JPG


2008年03月27日8:30

080327桜.JPG


今年も、励まされてます。  ありがとう。


2008年2月29日

消えた1ドル

[テーマ:徒然なる日常]

             
           
昨日の夜のこと、

ごはんも食べ終えまして、

風呂にもへぇーっりまして、

キャバリアのイヴくん抱っこして、

お気にの焼酎 「 しろ 」 を

ストレートで チビチビ やって

くつろいでおりましたら ・・・

次男が塾から帰って参りまして、

食卓にいた 私 と ママ と あんちゃん(長男)に、

「 ねぇねぇねぇ、この問題解ける? 」って、

訊いてきた問題が ・・・・ こいでごわす ↓
              
         
〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜
           
         
■消えた1ドル


3人の男がホテルに泊まるjことになりました。

ホテルの主人が一泊30ドルの部屋が空いていると言ったので、

3人は10ドルずつ払って、一晩泊まりました。

次の朝、ホテルの主人は、部屋代は本当は25ドルだったことに

気が付いて、余計に請求してしまった分を返すようにと、ボーイに

5ドル渡しました。

ところが、このボーイは、「 5ドルでは3人で割り切れない 」と考え

ちゃっかり2ドルを自分のふところに入れ、3人のお客に1ドルずつ

返しました。

さて、3人の男は、結局部屋代を 9ドルずつ出し合った事になり、

合計27ドル。それにボーイがくすねた2ドルを足すと29ドル。

残りの1ドルは、一体どこへ消えてしまったのでしょうか?



〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜



気分よくくつろいで、もう寝ようとしてたのにぃ〜、

ボケ!なんで、こんな気になる問題を出すんですか????

寝むれませへんがな・・・・・ったく。


2008年2月13日

うそこくでねぇ・・・

[テーマ:徒然なる日常]



写真は、わたしの母です。


・・・・ うそこいてます。

すみません。

大船の観音さま です。


080128ブログ大船の母 031.jpg




写真は、我が家の愛犬というべきか、

TARACOのマスコット犬 「もも」 と 「凛」 です。


もちろん ・・・・・ うそです。 ........ うそこいてます。

そう、これは、風船のマスコットです。


080128ブログ凛&もも 054.jpg


JRは、大船駅の 観音さま側 の出口の

橋を渡って、道路の向かい側 正面にある

不動産屋さんの入り口のつないてあったマスコットです。


この風船のマスコット達、

確か ・・・・ 去年もここにいましたよ 。。。。


080128ブログ凛&もも 013.jpg




さて、

最後の写真は、オイラのお靴。

これは、うそこいてません。 真実です。


080210ブロクあたいの靴 002.jpg


靴の横が 割れてる? 裂けてる? のが判りますか。


犬連れて、毎日、毎日、よくよくお散歩しますてぇ〜と、

たいてい こんな風に、私の靴は このあたりから 壊れてゆきます。


先日の雪の日、

こんな靴になっていること 露も知らずに、

一所懸命 雪かきなんぞをば致しやて、


ひっ ・ じょーーーに 冷た〜い、


雪かいてる最中、如何とも し難〜い、


家に入るのに、なんとも 情けな〜い、

実に貴重な思いを身体の芯まで味わせてもらいやんした 。。。。。




そいでも、 今しばらくは、 ま〜んだ このお靴をば、

履き続けるつもりだす ...... ハイナ〜。


2008年1月25日

これって ・・・・ おいしいよ .oo○

[テーマ:徒然なる日常]



これって ・・・・ なぁ〜んざましょ。。○×△□?


080121ヒヨコ.jpg


ことわっておきますが ・・・・・・

「 もも 」 や 「 凛 」 のgなんかじゃないざますよ。




これって、

あの銘菓 「 ひよ子 」 の新商品 ・・・・ざまして、 
              
                
           
「へちゃむくれ、ぴーよこちゃん 」 って、ゆんざますよ。



                 
              
なんつうのは、 真っ赤なウソ。

お土産に頂戴した中の一匹?一羽?......一個 。

まっ、ご想像通り、

箱を落っことしたか、

ぶっつけたか、なんかの拍子で、

この子だけ、顔面ペッチャンコにされたもよう 。。。


みにくい あひるの子 あらず、

みにくい ひよ子の子 ではありましたが、

お味の方は、

当たった分だけ、

いつもに増して、

たいへん、おいしゅうございました 。。。。...... チャンチャン


2008年1月18日

寒風吹きすさぶ河原にて

[テーマ:徒然なる日常]



犬たち連れて、
多摩川の河原を
毎日どころか、朝夕2回、散歩して通ってるんですが ・・・・

いっつも見てる自然の風景の中に とけ込んじゃってて、
私の目には見えなくなってたもの ・・・ 発見しちゃいました。


080102多摩川地蔵後.jpg


多摩川の河原に並んでる ・・・・ 四つの石?
写真では 実際より かなり大きく見える気がします。
高さは、一つ 30cm程です。

これまで、幾度となく、この場所は通ってるんですが、
私は、全く気づきませんでした。

でも、気がついた瞬間、

お地蔵...さんか?...○×△□

で、河原に下りて 正面に回って撮影した写真がこれ。

やっぱし、お地蔵さんでした。


080102多摩川地蔵正面遠方.jpg

080102多摩川地蔵正面4体.jpg

080102多摩川地蔵1体.jpg


寒風吹きすさぶ河原におわします ・・・・ これらの地蔵は、

一体、どなたが

どんな思いで、何を祈念して、彫られたのかなぁ ・・・と、ふと。


そんなお地蔵さん達のお姿からは、

えもいわれぬ親しみやすさが

そこはかとなく にじみ出てくるように

感じられるのでありました。


080102多摩川地蔵右横4体.jpg


お地蔵さんの側ら、

愛犬たちとたたずんでおりましたら、

「 何ものが

    おわしまするか知らねども、

       かたじけなさに 涙こぼるる。」

そんな言霊が浮かんできました。


2007年12月19日

飄々(ひょうひょう) と

[テーマ:徒然なる日常]

071206ブログ用写真 010.jpg


会社裏手を流れる、

多摩川の土手を散歩しますてぇ〜と、

昨日 ・・・・ そして、今日なんか、

なっかなかに 冬らしい、

たぶんに世間では、

今日は、一段と寒いですねぇ。。。

この冬一番の底冷えですよねぇ。。。。。なんつって、言いますかね 。


わたし流の表現にすると ・・・・


ぼやぼや気ィ抜いて歩いてっと、

体温 根こそぎもってかれるよな、

ちょっと痛いよな、

気持ちが引締められる寒さです 。。 。 。なんつった言回しでしょうか。


071206ブログ用写真 008.jpg

071206ブログ用写真 007.jpg


すすき 2本。 。 。 。

体温 根こそぎもってかれそな、

河原の土手のサイクリングロード脇で、

ガンバッテるかのように、

踏ん張ってました。


「 おい、凛 」

「 ガンバッテる すすき さんに、
       もう、冬 ですよって、 教えてあげな ・・・・。」


「 ほいで、最後に、ご苦労さま ・・・・・ アリガトって言ったげな。」


2007年11月23日

独り言

[テーマ:徒然なる日常]



我々ヒト は、

愛犬とか、

愛馬とか ・・・・

人間 ( ヒト ) の生活を手助け ( サポート ) して、

共同作業してきた動物には、

つい? 愛 ?という字をくっつけて呼ぶなぁ。


その気持ち、愛犬家の私からすれば、

よ〜く理解できるなぁ。


そうして、我々人って、

そういう動物を基本的には、

食べることしないよなぁ。。。。


ってぇことは、人間の身近にいる動物は ・・・・うんにゃ、

羊食べるし、牛に至っては ・・・・ 言うまでもありませんってか。。。


でも、日本の牛は、

江戸時代までは、

まっ 江戸時代以降、昭和初期ぐらいまでは、

農耕作業に欠かせない働き手であったろうから ・・・・

欧米文化が入ってきた明治の文明開化まで、

牛を食べなかったというのは、

仏教文化があったからというよりも、

愛牛だったから、食べれなかったという方が、

なんとなく説得力があるのではないか。。。。


じゃぁ、馬 と 牛 で、何が違ったのか?

馬は人を乗せたか ・・・・


う ・・・ む 。。。。確か ・・・

馬の背骨は固く、

走っても背中が曲がらないから、

ヒト が乗るのに適していたというか、

馬 は ヒト を乗せる為に、

自然 ( 天 ) が、ヒト に与えてくれたものだと、

なにかで読んだこと ・・ あるなぁ・・・・。


牛よりも足が速いから、

人は馬に乗ったんだと思っていたから、

「 そ・ そうなんやぁ ・・・」

って印象というか、記憶に残ったなぁ。。。


それに、牛 だって、

アフリカ の ヌー なんか足が速い ・・・・ よなと。


馬は、ヒトを乗せたことで、食べられないで、

牛は、ヒトを乗せられなかったので、今日に至ったのか ・・・・・○×△□?!


それにしても、

我々ヒトは、肉食動物を基本的に食べないなぁ ・・・・。

肉食動物同士の喰い合いの映像も見たことないし ・・・。

肉食する動物の肉って、おいしくないんだろうなぁ ・・・ きっと。。。。。。。。。


2007年10月30日

現代の恐竜 現る

[テーマ:徒然なる日常]



会社裏手の多摩川の、

梅雨から 台風シーズンにかけて、

おそらくは、川が 大きく増水反乱する可能性から、

一旦、中断していたんだと思われる、

多摩川護岸の補強工事が、

再開されました 。。。。


071004〜11ブログ 038.jpg


071004〜11ブログ 037.jpg


中生代 ジュラ記の 恐竜 を彷彿とさせる、

現代における 恐竜 のような

工事用 大型車両 が、

次々に、朝に夕に、

搬入されたかと思えば、

その目的の工事を終えたら、

途端に、搬出されるといった状況を呈しています。


071004〜11ブログ 031.jpg


目の当たりにしますと、思わず、

「 まるで、恐竜みてぇだぁ ・・・・ 」

と 50歳 の オッサン が、

瞬間、童心に返っています。。。。


2007年10月29日

何が見えるんですか?

[テーマ:徒然なる日常]



「 もも 」 と 「 凛 」

二人ならんで、

一体、何が見えるんですか ?


071004〜11ブログ 059.jpg


「ねぇねぇねぇ、お姉ちゃん、ホラホラ、あそこよ。 」


「あら、やだ、凛。 ほんとだ。。。 」



071004〜11ブログ 061.jpg


「 あら、 うそ、 や〜だ、なんで!」


「 困っちゃうわよねぇ・・・。」


071004〜11ブログ 060.jpg


「 でも、大丈夫だったみたいね 。。。」


「 よかったわ、ホント よかったわ。」


2007年10月25日

お地蔵さま

[テーマ:徒然なる日常]


私の友人で、

その彼のお母さんの、

アメリカ人のお友達 ( 大きなおばさん達 ) が、

友人のお母さんに会いに、

わざわざ 日本に訪ねてきて、

私の友人の彼が、

その大きなおばさん達を 引連れて、

自分の住んでいる町 ( 東京都稲城市界隈 ) を

ちょこっとだけ ガイドした時の話なんやけど ・・・・


アメリカ人のおばさんのひとりが 、

「なぜ、あの石像 ( お地蔵さん ) は、

       赤いよだれかけをしているのですか?」



071004〜11地蔵 026-2.jpg


と訊いてきて、

私の友人は、

メッチャ困ったと、

確か言うてたなぁ〜。。。。。



今朝、久しぶりに、

その彼の一件があった、

東京は 稲城市の、

結構近くまで、

犬と歩いていきまして ・・・・

そうしたら、なんか、やたらに、

その赤いよだれかけをした? お地蔵さん ?が、

目につきまして、

友人の一件と重なって、

このブログを書くことと相成りました。。。。


071004〜11地蔵 007-1.jpg



確かに、

我々、日本人にとっては、

と言うより、

わたしにとっては、

? お地蔵さま ? は、

最も、ポピュラーな 「 仏さま 」 ゆえ、

ある意味、風景や景色のなかに、

自然と溶け込んでしまっていて、

なかなかその存在さえ、

はっきりと意識することが、

ないっちゃぁ、ないと申せます 。。。。。


071004〜11地蔵 024-3.jpg



しかし、

? お地蔵さま ?は、

遠く外国から、

東洋の果ての 「 日本 」 に来られた

外国の方におかれては、

先ずは、目に飛び込んでくる、

エキゾチック満点な

‘ 不思議なもの ’ のひとつであろうことは、

なんとなく想像するに難くはありません。


071004〜11地蔵 008-4.jpg



071004〜11地蔵 020-5.jpg


「こりゃ、凛!」


071004〜11地蔵 021-6.jpg


071004〜11地蔵 043-8.jpg


で、こんな機会でもないと、

? お地蔵さん ? について、

考えたり、

調べたり、

することもなかろうかと思いまして ・・・・・


私の知る限りの知識は、

と申しますってぇ〜とですねぇ ・・・・・・・・


  ? 身代わり地蔵 ?


  ? 水子地蔵 ?


  ? 笠地蔵の昔話 ?

     ・
     ・
     ・

     ・
            
もう、出てきません ・・・・クゥー!


071004〜11地蔵 030-7.jpg


因みに、

私の友人が、

アメ〜リカのおばさんにされた質問の答えは、

以下のようでした。。。。

「 お地蔵さんのよだれかけ 」

殆どのお地蔵さんがよだれかけを掛けているのは、
幼子を亡くした親が 地蔵菩薩にその子を守って貰うためです。 
「 この匂いが我が子です 」 と亡き子が使っていたよだれかけを
地蔵の首に掛けて祈れば、地蔵菩薩は、その子を見つけ極楽
浄土へ導いてくれると信じられた事からのようです。


2007年9月15日

今朝

[テーマ:徒然なる日常]


だいぶんと、

多摩川の水位が 下がって、

中州が 大きく

以前より 平坦になって、

その顔を 川面から 浮かび上がらせてきています。


川の浅瀬には、

たぶん、餌となる小魚かなにかが、

いっぱいいるのでしょうか ・・・・・○×△□?

水鳥たち ・・・・ おそらく? 鷺 ?の仲間と思います

白い鳥たちが、群れてます 。。。。。。。


070914ブログ用写真 001.jpg


2007年9月14日

今夏の多摩川の思い出

[テーマ:徒然なる日常]


この夏は、

会社裏手を流れる多摩川で、

例年に比して、

水難やら、火災やらと言った事件が多発。


消防車、パトカー、救急車 の出動なんてのは、当たり前。

低空でホバリングする ヘリコプター を、

こんなに何度も見せてもらったのは、

この夏が、はじめて。


久方ぶりの首都圏直撃の台風であったとは言えども、

水難事故の発生場所が、

会社裏手の多摩川の、

見慣れた愛犬の散歩コースでのことばかり ・・・・。

これには、少なからず、わたしの人生の中で、

記憶に残る? ひと夏 ?となったことは、間違いありません。


下の写真は、先日9日夜。

対岸の東京都調布市の多摩川の護岸から、

当日、ボード遊びで流された19歳大学生を捜索する為、

煌々と照らされている照明を撮影したもの。
                                   
         
070910ブログ用写真 003.jpg


台風一過と言えども、

まだまだ多摩川の水位は、

普段、見慣れている私でなくとも、

尋常ならざる水位を維持していることは、

その事故の翌朝の多摩川の、

下の写真を見れば、

容易に判断出来るはずなのに ・・・・。

ボート遊びをするなんて、如何なものかと ・・・・。


070910ブログ用写真 001.jpg


実は、最初の照明灯の写真撮影時は、

そんな水難事故が起きていることなんて知りもせず、

ただ、いつも通り、犬の就寝前の小用に、

これ又、いつも通りの多摩川ぺりに出たらば、

まっ、やたらヘリコプターのけたたましい音や、

土手に向かう人の群れの多さ、

それに川沿いの道路のひどい渋滞に、

尋常ならざるものとは知りつつも ・・・・。

なにが起きているかなんてことには、

全く興味なんぞなく、

「 なんだかなぁ〜、にぎやかな夏だなぁ〜。。。」

  ? カシャリ ?

と最初の写真を撮影して、

犬に用足しをさせたら、

さっさと会社に戻ったわけでありまして ・・・・。


ようよう、翌朝の朝刊で、

そんな昨日の水難事故のことを知って、

驚いたわけでありました。


水難事故のことを知った翌朝の犬の散歩で、

これ又、この夏を象徴するかのように ・・・・

下の写真を撮影してきました。

“ 青いボート ” が、一艘 。。。。。

対岸の岸に乗り上げているのが分かりますか?

このボートに、大学生が乗っていたかどうかは分かりません。

唯、私の、この夏を象徴するかのような? 写真 ?ではあるなぁ〜と、

ひとり想うわけでありました 。。。。


070910ブログ用写真 004.jpg


2007年9月 6日

ブタマン

[テーマ:徒然なる日常]


台風9号が接近して、

昨日から、雨が降ったりやんだり、

それも、降るとなると、突発的ドシャ降りの大雨。

やんでみたらば、雲間から陽射し ・・・。

今朝も、その延長 。。。。。

やんでる隙に、朝の犬のお散歩。

「 降ってこないよな 」

「 降ってくじゃねぇ〜よ 」

あらあら、ポツポツ、

「 やっべぇ〜。」

ホッ!

「 小止みになったよ。。。。」

こんな空模様と? にらめっこ ?しながらの散歩。

不安定な雨模様を避けるため、

加えて、この日本独特の気候ではないでしょうか。。。。

ムンムン、ムレムレの、

湿度100%みたいな気候は、

そこで、木陰に? 涼 ? を求めて、

木立の間に間に ・・・・・ 踏み入れましてみましたら ・・・・


070906木立の中.jpg


070906木立の中踏石.jpg


木立の間に間にの方が、

更に、蒸し風呂、サウナ風呂状態で、

もう、蒸し器の中に入ってしまいましたって状況。

ブタマンみたいな私、

完全に、いっちょう蒸しあがってしまいました 。。。。。。。


2007年8月23日

萌えてきてるか?

[テーマ:徒然なる日常]


今日は早朝、

久しぶり、こちらでは、豪雨が降りまして、

連日の酷暑、猛暑から、いくらか解放されて、

ホッと、一息入れたような気分にさせてくれました。


で、下の写真は、そんな今朝ではなく、

お盆を過ぎたというのに、

まだ、真夏真っ盛りの様相を呈した、

昨日の朝の多摩川。

写真からも、

なんとなく、既に陽射しは、刻一刻、

容赦なく、その強さを増そうという気配が漂っておりませんでしょうか。。。


そんな気配の中で、

釣人が、釣り糸を垂れています。

夏の匂いが、まだジンジンと漂ってます。


0820_0753釣人1.jpg
                                       
0820_0754釣人2.jpg


そんな朝の陽射しが、

いよいよ強さを増そうとするさ中を、

犬たちとの朝のお散歩をしてみれば ・・・・

あらあら、あらら ・・・・

多摩川のサイクリングロード脇の道端には、

秋の風情を醸し出すススキを思わせる草が、萌えだしてきています。。。

秋めいてきてるということ、なんでしょうか。。。。。。?(゜_。)?


0820_0757秋めく.jpg


2007年8月21日

アメリカンフヨウ

[テーマ:徒然なる日常]


過日のブログで、
http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/08/post_82.html

神奈川県は、三浦半島突端の城ケ島へ行ったら、

私が住んでいる、同じ神奈川県でも、城ケ島まで来ると、

南国情緒満点の、こんな花 ( アメリカンフヨウと言うそうな ・・・ ) が咲いてました。。。

と紹介させて頂きましたが ・・・・


私とでか花.jpg


私が住んでいる身近な場所にも、

アメリカンフヨウ って咲いてるんだ、という事実を発見して、

城ケ島ならではの ・・・・

南国情緒満点で ・・・・

なんぞと胸張って書き記しておりましたが、

知らないと言うことは、なんと恐ろしくも、恥ずかしいことよ ・・・・。


0819_0943フヨウ看板.jpg


0819_0943アメリカンフヨウ.jpg


でも、ブログを書いているからこそのメリットで、

アメリカンフヨウ という花のこと、

またひとつ、バカ を賢くさせてもらえました。


銭湯とZEROの夏

[テーマ:徒然なる日常]

     
今年の夏の思い出と言ったら ・・・・

‘ 家族旅行 ’ なんつぅ イベント もなく、

例年通り、犬たちの世話で、会社と自宅を往復する毎日でした。
                
                   
そんな我が家の普段通りの日常の、

その延長のまんまの 夏休み ではありましたが、

私としては、生涯忘れられない 良い思い出 が実はできました。
            
              
それと言うのは、

我々が夕飯を済ませた後、

犬たち就寝前の、

一日の最後のオシッコに、

連れ出す迄の空き時間に、

次男と通った、会社近くの? 銭湯 ?
          
               
0818_2023戦闘へ.jpg
                
                
次男 と 私は、

一日の 汗 と 汚れ を洗い流せて、

身も 心も 爽快になれたこと。

会社から夜遅く帰宅してから、

ママが さっとお風呂に入れたこと。

この二つの効果が重なっての、

中2の息子と通う、

ひと夏の夜の? 銭湯 ?と相成りました次第。
                 
            
0818_2057脱衣収納棚.jpg
 

昔懐かしい、脱衣場の収納棚。


0818_2056宣鏡の前.jpg


お風呂から上がって、汗もひいて、服も着て、

なんとも風情を醸し出すオンボロクーラーで、

微風の冷風がチョロチョロ吹き出している前で、

私が着替え終わるのを、手持無沙汰に待ってる次男。



そうして ・・・・

この夏の風呂上がりの極めつけ ・・・・

ママから、二人で、入浴料 1000円もらって、

入浴料一人 430円 の二人で 860円

お釣の 140円 で、

会社への帰り道に自販機で買って、

二人で分けながら、飲んで帰る ・・・・『 コカ・コーラ ZERO 』
 

プッハァ〜!


うっめぇ〜!




0818_2105宣ZERO.jpg


サイコウ〜!!




ゲゲッ、ゲップ・ハァー




(・x・ ).o0○


2007年8月17日

蝉 (セミ)

[テーマ:徒然なる日常]


やはり、地球の温暖化の影響なんでしょうか ・・・。

去年の夏あたりから、

関西 ( 大阪 ) では、ポピュラーな蝉の仲間 「 クマゼミ 」 が、

とうとう、こちら ( 川崎 ) の方でも鳴き出して、

去年は さすがに、

「 まさかぁ・・・・ 」 と疑心暗鬼にしておりましたが、

この夏は、ハッキリとその存在が確認できます。
           

正式呼称、「 クマゼミ 」

関東では、「 クマゼミ 」 としか言わないでしょう。
                 

しかし、大阪育ちの私に言わせれば ・・・・ 実は? シャンコ ?

因みに、「 ミンミンゼミ 」 は、? ミンミン ?

40年以上前の、餓鬼んちょの頃、

自分でセミ捕獲用に改造した、

竿丈の長〜い、

蝉捕獲の網の口は小さ〜い、

そんな蝉捕獲専用のオリジナル虫取網を片手に、

我々世代の定番の、

白いランニングシャツに 短パン姿で、

もう、汗びっしょりになって、

? アブラ ? なんかにゃ目もくれず、

? シャンコ ?や? ミンミン ?を

夢中で、追っかけまわしてたこと ・・・・・

? シャンコ ?の、

あの シャン・シャン・シャァン・・・ という鳴き声を聞くと、

今更ながら、あざやかに、思いだされてきます。。。。。
                
                       
下の写真は、

一昨日の夜、

犬たちの就寝前のオシッコに、

グルっと一周した、

近所の新多摩川ハイツ ( 周囲約1km )の裏手で撮影したもの。
              

正直、一昨日の夜に限っては、

あっち、そっち、こっち、という感じで、

「 アブラゼミ 」 の 孵化? 羽化? が、

教科書か 科学雑誌で、

誰しも、いつか見た覚えのある、

羽化の進捗状況の各段階での映像が

ライブで現出されているのでありました。


0814_ぶら遠.jpg

0814_幼虫.jpg

0815_脱皮.jpg

0814_脱皮.jpg

0814_茶.jpg

0814_ぶら1.jpg

0814_ぶら木.jpg


おしまい。


2007年8月16日

ママ、お盆で帰省?

[テーマ:徒然なる日常]

                      

先日 8月14日 のブログで取り上げました
             
http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/08/post_87.html
                  
夏の夕暮れ時の、

私という、

素人カメラマンの強引ともとれる、

夕陽の逆光ものともせずの、

↓下の写真を、

お盆の中日にあたる、昨日、

中学2年の次男の光宣が見て ・・・
               

0812_夕暮立.jpg


次男 : 「 あっ、ママ、( お盆で ) 宇宙へ帰ったんだ。」 .......‘ 超 うける〜 ’
        
        
その話を、後で、ママが聞いて、

「 パパ、携帯の( 写メの )レンズ、指で触っちゃって、汚れてるから、
 
       こんな写真になっちゃうの。。。指で触ってるの、全然、気にしてないでしょ。」
         
ママ、お怒りの‘ スペシウム光線 ’を浴びては、もう、勝ち目はありません。

で、携帯のレンズとおぼしき、ちっちゃな、ま〜るい、透明のガラスの部分を

一心不乱に、ポロシャツの裾で、磨いたのでありました。
            
そうして、
           

言われるまま、
             
               
南武線の登戸の踏切から、
               
                 

沈みゆく夕陽を撮影致しましたのが、
        
            
              
↓下のお写真。
                 

「 ねぇ!ママの言った通りっしょ!!」 って言う、

ママ様の声が聞こえてきませんか 。。。。。。。。。。


                
                          

815_1811夕陽.jpg


2007年8月15日

お盆の迎え火?

[テーマ:徒然なる日常]

         
昨晩 8月14日の多分 21:00頃、

会社の裏手の多摩川の河川敷で、

? 火事 ?がありました。

次男と、銭湯から帰る途中、

消防署のサイレンが遠くから聞こえてきて、

「 アレ、どっかで、火事だなぁ。」

で、会社がある通りに出たら ・・・

赤いパトライトの点滅と共に、

どうも、消火活動の真実味を帯びた

? 消防車 ?の車体の半分が姿を現していて、

「 うちじゃ、ないよな ・・・」 って速足になって、

近づくに従って、うちではなさそうってことが分かってきて、

外に出ていた、近所の方に訊ねたら、

多摩川の河川敷から火があがったとのこと ・・・・


0814_信〜川.jpg


土手に上がってみたら、

現場対策本部という旗が掲げられてあり、

消防署員の方や警察の方が、

入れ替わり立ち替わりの様相でありました。
                          
           
0814_対策.jpg
          
煌々とサーチライトが、土手の上を照らして ・・・・

写真撮影に照明は不要でした。
            
        
0814_信〜駅.jpg
                
                

でも、既に、功を奏した消火活動のお蔭で、

火の手は鎮火していて、

河川敷に目をやっても、

遠くにおまわりさんらしき人影が、

何人もいるのが、見えるだけでした。
                  
              
0814_信横.jpg
            
               
今朝、土手に上がって、

昨日のおまわりさんがいた辺り、

写真では分かりにくいのですが、

そのあたり一帯が、こげ茶色になっていました。
            
         
0815_火事場.jpg
           
                  
まっ、大きな被害を出さずに、

よかったのかなぁ〜と思ったのと、

ひょっとして、

これって、

? お盆の迎え火 ?ではなかろうかって ・・・・

こんなこと思ったら、

「 このバチ当たり!」

って、死んだバアチャンに、怒られっかな。。。。


2007年8月14日

夏の夕暮れ時

[テーマ:徒然なる日常]

0812_夕暮川.jpg
       
                    
昨日 ( 8月13日 18:15頃 ) の夕暮れ ・・・・

会社の裏の
           
多摩川の土手から、
         
東の方角
        
東京は、
             
新宿から渋谷方面
            
二筋に低く垂れこめた雲の行列 ・・・・
            
夕陽に映えて、ほんのり橙色 ・・・・ 染まってる。。。。。

つい先日まで、
         
夕暮れの時間帯は、
        
確か、19:00過ぎだった・・はずなのに、
           
今日だって、日中、気が狂ったような酷暑の真夏日でしたが ・・・・

やっぱりと言うか、当然と言うべきか、
            
一日一日、季節は歩みを止めることなく ・・・・

秋へ秋へと、
           
一歩、また一歩と、近付いてってるようです。。。。。
                       
                              
               
それじゃぁ、
        
反対の西の方角
         
沈みゆく ・・・・・
     
オレンジ色の夕陽に向かって

逆光なんかクソくらえ、
         
素人カメラマンの強いところで 。。。。 ? カシャリ ?
              
           
             
夏真っ盛りの夕陽は、                        
               
こんな風に撮れてました 。。。。。。


0812_夕暮立.jpg


2007年8月10日

握りこぶし

[テーマ:徒然なる日常]

       
人として、

まともな生き方をしたいと思うなら、

今日限り、

その出来てない自分の心の、

見たまま、感じたままを 口にして、

人様の心を曇らせるようなことはやめて、

ぎゅっと、こぶしを握りしめ、

「 沈黙は金 」 と心で唱え、

曳いては、人様の心を明るくする言葉を

努めて口にするよう心がけるならば、

やがて運命は建て替わり、

その人の将来は、明るいものとなるであろう。
      
       
     
私のこぶし縦.jpg
               
                 
私のこぶし横.jpg
                 
              
こぶしと看板.jpg
             
         
こぶしの看板.jpg
              
         
コブシ.jpg
             
             
こぶし手.jpg
       
 
今日も一日、ありがとうございました。。。。


2007年8月 8日

燕の成長

[テーマ:徒然なる日常]

   
会社の右斜め向かいの、
スナック 「 麻耶 」 の入口の、
その照明と壁の隙間にある燕の巣。

この夏、
二度目の子育て最中。

一回目と二回目の親鳥は、
わたし的には、たぶん違うんじゃないかと思います。。。

http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/08/post_81.html
    

その続きでし ・・・。
       
       

燕雛4.jpg
        
        
やっぱり、雛は 4羽いました。
今年は、カラスに襲撃されることもなく、
無事 2度とも、巣だってゆけそうです。
         
        

燕雛乗出す.jpg
           
           
ここまで、大きくなると、
もう1日1日、成長の進化が加速します。

↑ 上の写真は、8月1日。        
       

燕雛4.jpg
          
          
↑ 上の写真は、8月6日。

↓ これが、今日 ( 8月8日 ) の写真。
        
        
巣立ち間近3.jpg
         
巣立ち間近1.jpg


今にも、巣立ちそうな雰囲気を、醸し出してきています。

産毛も、ほとんどなくなってます。

「 さぁ〜、ガンバって生きてゆけよ!」

写真を撮りながら、

気がつけば ・・・・

エールを送っている自分がおりました 。。。。。 p(^ ^)q


2007年8月 6日

私のプチ園芸棚

[テーマ:徒然なる日常]


会社の事務所の正面脇には、
わたしのプチ園芸棚があります。

もともとは、
今から6〜7年前、
長男中学生当時、
夏休みの? 自由研究 ?の課題用に、

おじぎ草や、

ミニトマト、枝豆 の鉢を

置いたのが始まりで ・・・

その伝統?を
次男が受け継いで、
更に、長男以上に、
次男が園芸に興を高じてくれたお陰で、

一時期、

イチゴ、

ニンジン、パクチョイ・・・

小かぶ、

極めつけ、小玉すいかへと、

エスカレートしたこともありました。
       
しかし、そんな子供たちが長ずるにつれ、

そんなプランター栽培も下火となり、

今では、写真のスチール棚のお古だけが、
当時の名残を、とどめてるといったような次第。

       
私の園芸.jpg
        
        
多分、

? 白ゆり ?

とおぼしきものが ・・・ 咲きました。。。い〜や、咲いてくれました。
      
     
ゆり開花近.jpg
        
      
犬たちの世話で、
もう、いっぱい、一杯の、私なので ・・・

水やりだけの面倒しか、

みてやれていないにも関わらず、

奇麗に花を咲かせてくれるたんです。
      
「 かわいいねぇ。。。 」

「 うん、かわいいねぇ。。。 」
       
一人で、ボケつっこみをかま してます。
     

下の写真は、

先日、家族で、

神奈川県の三浦半島の突端

? 城ケ島 ? に遊びに行ったときのもの。
       
会社の所在地と同じ神奈川県でも、

たいがい普通の人よりか、

顔が大きいのが自慢の、このわたくし目の顔と、

その大きさで、ためを張っている大きな花 ・・・
      
花の名前なんて、知りません。。。
      
しっかし、同じ神奈川県と言っても、

会社の脇に咲く 白ユリ と

カンカン陽射し照り付ける、

城ケ島の駐車場の道端で、

南国ムード満点に咲いている・・・・この大っきな花。。。


私とでか花.jpg
               
      
「 あぁ〜なんて ・・・ 自然って、不思議なんざましょ 」


2007年8月 2日

燕の孵化

[テーマ:徒然なる日常]

  
過日のブログからの、? 燕 ?続報。

http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/07/post_72.html


いっつも、
巣の中で、

じぃ〜と、

巣から尾っぽだけだしていた燕 。。

卵をあたためていたんでしょう・・・。


その燕が、巣の外にとまってます。。。
     
    
親鳥と燕の巣.jpg
      
       
んで、

今日は、

思い切って ・・・、

親燕の姿が見えないときを見計らって、

巣の近く ・・・へ。
      
     
雛1匹.jpg
      
      
いたいた、いました。

可愛いのが、1匹。
    
    
雛2匹.jpg
      
     
反対側には、2匹。

どうも 4匹は、いるみ・た・・い です・が ・・・・。
     
    
まっ、どんな生き物であっても、

子供のうちっていうか ・・・

赤ん坊のときは、
    
「 かわいいでんなぁ〜。」
       
「 無事に巣立ってよ 」

と、エールを送らずにはいられません 。。。。。


2007年7月21日

梅雨のお土産

[テーマ:徒然なる日常]

           
            
今年は、 ‘ 空梅雨 ’
           
            
猛暑、酷暑の 梅雨 になる、

私は、そう予想してたんですが ・・・

あにはからずや、

しっかり、びっちゃりした、梅雨 。

それも、どちらか言えば ‘ 長梅雨 ’

そういって、おかしくはないでしょう 。。。。


写真は、今朝の散歩。

そこで、クエッチョン ( 質問 ) ?


  「 凛 」 の足元にある・・・・
                  
   丸 ( まぁ〜る ) くって、
 
   白 ( しぃ〜ろい ) もん、

   何 ( なぁ〜ん ) だ?


キノコ凛.jpg


  ボール。

ブブ、ブッブーー  
                 
                    

  答え : きのこ


キノコ1.jpg


  直径、15cmくらいあります。
                      
              

この時期、

わたし達が住んでいる

近くを流れる多摩川の、

サイクリングロード脇の草むらには、

長雨 続く、ちょうど 今日のような 朝 に、

“ 忽然 ” と姿 を 現す、

こんな ? きのこ ? に出くわします。


傍に、二つも・・・・


キノコ2.jpg


これも、

この季節ならではの、‘ 風物詩 ’ 。

「 梅雨のお土産 」 とでも、申しましょうか 。。。。

毎年、遭遇しては、

「 食べれるかなぁ〜 」 と思い続けてるところが、

わたしの私たる所以ってところでしょうか 。。。。。 (´∀` )w


2007年7月18日

カルガモこけたら、燕返し

[テーマ:徒然なる日常]


過日のブログ、

多摩川を 列 をなして泳ぐ

? カルガモ親子 ?の姿を想い描いて、

その成長過程を、ブログで適時報告してゆこうと思った矢先 ・・・・。

なんとも ...としか表現しようのない結末。
             
http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/07/post_76.html
                

ところが、ところが ・・・・。

          
捨てる神 あれば、拾う神 あり、

こちらも、過日のブログにとりあげましたが、

http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/06/post_57.html

会社 右斜め向かいにある

スナック? 麻耶 ?の入口の、

その照明と壁の間にできた燕の巣。


こちらの? 燕の親子 ?は、

近隣のわれわれの心配を余所に、

先月20日に、全員無事、巣立ってゆきました。

巣立った後の、空になった燕の巣 の写真 ↓
             
                
空の燕巣.jpg
                   
                    
巣立ちの時は、成鳥の? 燕 ?が、いっぱいやってきて、

巣立ち直前の? 燕 ?に、

「 さぁ跳んでごらん、巣立ってごらん と促したんですよ 」 

って、麻耶のマスターが、後日教えてくれました。
         
        
「 そんな不思議なことが、あるもんなんだぁ〜 」 

と 嬉々と感心したことを思い出します ・・・・・。
             
              
んで、

その? 燕の巣 ?に、

またまた、? 燕 ? が入って、

卵を温めているみたいです。。。


燕巣2回目.jpg


カルガモ こけたら、? 燕 ? で再開  だぁ〜い!
           
             
現金? 厳禁? げんきん なもんです。。。。。。。お楽しみに。


2007年7月17日

参院選の告示から

[テーマ:徒然なる日常]

    
会社近くの、

われわれが、朝に夕に散歩する、

川崎市多摩区中野島の、

多摩川流域には、

まだまだ手付かずの、

利用可能な未開墾の空き地があるように、

私には思えてなりません。。。。
     
      
     
もちろん、その一部は 既に ・・・・

こうした子供のサッカー広場として、

利用できるよう 整地 されていたりしてますし ・・・
      
       
子供サッカー.jpg
         
         
また、テニスコートとして、

整地、管理もされていますが .....。
        
          
テニスコート.jpg
         
        
私から観れば、まだまだ、この辺りには、

有効利用できる、未開墾のままの空き地 は、

多いのではないかと ・・・・ 思われます。

殊に、東京都の対岸と比較すると、一目瞭然。
        
空地2.jpg
 

空地3.jpg
     
      
参院選挙の告示とは、

直接関係ないっちゃぁ、全くないのかもしれません ・・・・。
   
    
私が、気になる利用可能な空き地の一画に、

是非、犬たちを自由に放せる広場 「 ドッグラン 」 を設けて欲しい。。。。
      
     
このJR南武線の中野島駅の界隈は、

ここ近年、まだまだ、マンション建設ラッシュ。


それからしても、人口増加傾向にあると思われますし、

その人口増加に呼応するかのように、

この中野島の界隈だけで、世界のドッグショーが出来るくらい、

多種多様な ワンちゃん達 が、毎年毎年増えてきています。


それは、とりも直さず、ペット人口 の増加でもあるわけで ・・・。
                
                
住みよい町づくり の観点から、

そして、更なる 居住人口の ‘ 定着 ’ と ‘ 増加 ’ を計る

行政サービス 向上 の 一環 という 視点 から、

この近辺の、多摩川流域の護岸の再開発に、

「 ドッグラン 」 広場の設置を公約して下さる方は、

立候補なさっておられないものでしょうか 。。。。。。


2007年7月11日

私は見た。

[テーマ:徒然なる日常]


私は、見た。

とうとう、見たんです。

多摩川の河原に、

? 雉 ? ( キジ ) の 雄 ( オス ) がいるところを。。。。。

その瞬間を捕えた写真が、 これ↓
   

雉を見た3.jpg
   
  
雌 ( メス ) の ? 雉 ? (キジ) の出没は、

以前に、何度か目撃したことがあったのですが、

雄は、今回がはじめて ・・・・・・。
    

「 ケ〜ン 」 というよりも、

「 ゲ〜ン 」 というのか、

「 ギァーン 」 って感じか・・・
    

まっ、そんな 泣き声 ですわ。。

そんな 泣き声 が聞こえたときは、

いっつも、目を凝らして、

泣き声がしたあたりの、

河原の方、探してたんです。。。。
    
そしたら、遠くの方の河原に、ポツンと・・・

最初は、カラスか? 
    
うんにゃ・・・い〜や、
    
・・・うんにゃ。。。。。。。。で、
    
? 雉 ? の正面から、体の側面の方まで歩いて来て、

漸く、? 雉 ? ( キジ ) の 雄 ( オス )だと確信して ・・・・
   
? カシャリ ?とシャッターを切ったのが、先の写真。
      
   
    
     

ぇ〜
     
     
    
    
      

上の写真では、 どうにもぉ〜.....って、

言われちゃうのは 必至なので、

精一杯拡大させて頂きました写真が、 これ↓
     

雉ズーム.bmp
     
 
いいんです。  いいでんすよ。

信じてなんて、くれなくたって  .......。。o○○o。。o○○o。。o○○o。。。........
   
  

でも 。。。。。。。。。私は、 み・た・ん・ です。。 :*.☆。o:☆';*。:*.☆。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。


2007年7月 8日

なんとも。。....

[テーマ:徒然なる日常]

カルガモ親子の続報。。。

去る7月5日ブログに書きました・・

カルガモ親子が生息しているらしい・・・

川崎市の多摩川の、

サイクリングロード終点近くの、

その7月5日の朝の模様・・・・

http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/07/post_73.html

孵化凛.jpg


そして、下の写真。

昨日(7月7日)の朝・・・

カルガモ親子の巣があるから・・・と、

ロープで囲ってあった場所。。。

様相は一変。。。

草が綺麗に刈り取られ、

土手の地形が露出してる。。。
    
草刈孵化.jpg
     
ともかく、サイクリングロードの淵から、

カルガモの巣がありそうに思われるあたりの、

綺麗に刈り込まれた土手の下の方、

覗き込んではみましたが・・・
     
    
草刈孵化近.jpg
    
   
はてさて、まっ、当然のことながら、

カルガモの巣らしきものなんぞ、

全く見当たらず・・・・

とは言えども・・・、

孵化の看板がかかってる、ちゅうことは、

カルガモ親子は、避難出来てんか〜。。。。。?○×△□?●×▲■?

しばらくしたら、川面で親子が泳いでる姿が、

実は見れたりなんか、しちゃったりしてててててて・・・・。
      

それでも、昨日は、

そんなかすかな一縷の望みを抱いて、

会社へUターンしたのでありました。
    
    
    
    
    
そして、これが今朝の模様。。。

ぎょ!ぎょぇ〜・・・

オレンジのネットがががが・・・
    
  
赤ネット遠.jpg
       
      
赤ネット.jpg
      
     
昨日までかかってた、

孵化しました看板さえも・・・・・

撤去された上に、

きっちりとオレンジのネットが無機質に・・・・
    
    
孵化アップ.jpg
    
   
そして、孵化しました看板に代って、

こんな注意看板が、

しっかりと固定されていたのでありました。。。
    
    
赤ネット看板.jpg
    
    
一言です。

なんとも。。。。...................


2007年7月 6日

「 胡桃(くるみ)の木 」

[テーマ:徒然なる日常]

今年の梅雨に、
入ったばかりの頃に、
ダルメシアンなんて言う、
運動好きな犬を飼ったればこそ、
いろいろと散歩というか、散策をするなかで、
自然と触れ合うことができて ・・・・・

「 胡桃 (くるみ) 」 という木を知ることができました。

・・・・・ みたいなこと、書きました。

http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/06/post_55.html

その 「 胡桃 」 について、
今日のブログで、もう一度、とりあげます。
    
   
胡桃望遠.jpg
     
    
ジンジン陽光が強さを増して、
気温がグングン急上昇する中で、
それらを楽しむかのように、吸収するかのように、
緑の濃さへと静かに変化させてゆくように、私には映る 「 胡桃の木 」。
     
     
胡桃遠.jpg
     
胡桃近.jpg
       
胡桃手.jpg
      
      
そして、「 胡桃の実 」 が、

こんなにも、たわわに実っているんです。

? 自然音痴 ? だった、5年前当時の私が、

はじめて見た時の、その 驚き を共感頂けますでしょうか.......

「 一体、なんじゃこりゃぁ・・・。」 って .......。

「 びわ か? 」

「 梅 か? 」

「 すもも か? 」

 そして ・・・・・

「 カラスも食わねって、どいうこと? 」

今でも、当時の自分の 驚き が、

たわわに実をつけた 「胡桃の木」 を見るたびに、

鮮やかによみがえって来るんです。。。。。ハイ。


2007年7月 5日

カルガモの孵化

[テーマ:徒然なる日常]


写真は、

今朝の散歩で撮影したもの。
    
孵化凛.jpg
     
     
確かぁ、

3枚くらい、

ぶら下がってたはずの・・・

「 見守ってね 」 の看板が、

アレアレ・・・・

1枚だけぇ〜。。。。
    
    
孵化近景.jpg
     
      
そいなもんで、

看板に近付いたら、

アラ ッ!

アラララ〜 の

「 孵化しました! 」 の看板に...

変わってるではありませんか。。。
     
     
孵化アップ.jpg
      
     
更に、近寄って見てみれば、

7月2日の日に、

カルガモのヒナ、

5羽 が、無事、孵化したとのこと。

燕の巣のブログでも、

少しく触れましたが、

無事に孵化したと言っても、

これから、まだまだ

? カラスの襲来の危険 ?なんかもあるよって、
http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/06/post_57.html
ひとくさり告知があって、

それだからこそ、

皆んなで、やさしく見守ってあげてください・・・・と表記ありました。


続報、お楽しみに。。。。。。(^_-)-☆


PS)

カルガモの成長ネタ、これって、メッチャ、

ブログのネタにうってつけだっつうことに、

気が付いた ・・・・ 今日この頃の、わたしです。。。。。(^-^)


2007年7月 4日

カルガモの産卵

[テーマ:徒然なる日常]

過日のブログで、
多摩川のサイクリングロードの、
川崎の終点のところに、
カルガモ親子の巣があって、

「 見守ってね! 」

看板がかかっていることにふれました。↓

http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/06/post_64.html

今日のブログは、
その続報。

「 見守ってね! 」

看板に加えて、
更に、
写真付き ? たて看板 ? が・・・・↓


カルガモ卵遠.jpg
    
    
? たて看板 ?に近づくと ・・・・
     
     
カルガモ卵近.jpg
    
    
更に、近づくと ・・・・

アラ、アラ、? 卵 ? の写真 ・・・・

ホラ、この通り、カルガモが、産卵しました。

この柵内への、立ち入りは、ご遠慮下さい、との告知。

   

カルガモ卵至近.jpg
     
      
国土交通省 と その護岸管理請負会社 の

粋な サービス だなぁ〜と、

ひとり、感心した次第。。。
   

カルガモ 続報 に、ご期待下さいませ。。。。。(^_-)-☆


2007年6月30日

黄色の正体

[テーマ:徒然なる日常]

先週末 ( 07/06/22 ) のブログで、

“ 真っ緑 ” に彩られた、

多摩川の流域の、

その川岸の所々に、

黄色い花の一群が、

陣取っていますと紹介させて頂きました。。。

http://www.comdec.co.jp/blog/momo/2007/06/post_59.html
     
真緑に癒効果.jpg
    
    
その黄色い花の正体を

間近にとらえることが出来ました。
   
その写真がこれ。。。。


黄色花遠景.jpg

黄色花遠.jpg

黄色花ズーム.jpg
     
     
おぉ〜、

一見は、

なんて可憐な・・・・

しかし、

よ〜く見ると、

可憐ななかにも、

その中心は、

“ 真っ赤 ” と燃えて・・・

しっかりと、

常に、

自分を見失なわずに、

自己主張してる・・・・

  

まるで・・・・うちの ‘PP’ さんみたい。。。。( ←映倫の規定により、PP )

   
    

花の中心が、

ワインレッドというよりも、

あずき・・色・か。。。

ともかく、

黄色の花の真ん中は、

赤茶色だったんですね。。。
    
    
    
「 何の花なんですかぁ....? 」 なんつぅ質問は、

むくつけき、

無粋な、

50歳の‘ オッサン ’ の私 には、

訊いてはなりません。


「 ぅ〜ん・・・まっ 」 。

実物を見てきた、

私から・・・・、

「 まっ 」 、

申しあげられることと致しましては・・・・、
     
     

‘ チューリップ ’ ではなさそうでっし、
     
    
    
   

‘ 紫陽花 ( あじさい ) ’ とも違うようです。。。。
    
   
  
    
    
    
 

それでは、皆さま、   。。。。。。 ごきげんよう 。。。。


2007年6月28日

カルガモ親子

[テーマ:徒然なる日常]


いつも通り、
多摩川の土手、
犬たち曳き連れての、
今朝のお散歩で、

いつも通りのUターン箇所、
水門ダムの、
サイクリングロードの行き止まりん所、

なにげに、
Uターンして・・・、

少し歩いて、
会社の方へ戻りかけて・・・・

えぇ〜とっと・・っと!

カルガモ・・・うんちゃらの看板が。。。。

なんか、見えたよ・う〜な、
目に入ったよう〜な・・・・で、

も一度また、
少し逆戻りして
確認してみたら、

この看板が ↓


見守って遠景.jpg
   
ふ〜ん。。。。

「 カルガモ親子ねぇ〜 」 って、

「 そうなんやぁ〜 」 と、

で、再び Uターンして、
会社に戻る方へと、

歩きだしたら・・・・・・

はたと又、

妙に、

カルガモ看板のことが、
気になって、

なんが、

書いてあんのか

確認したくなりまして、

もう一度、

そう
もう一度、

看板とこへまた戻って、

カルガモ看板に書かれてある
内容を読んだのでありました。
   
見守って看板.jpg
   
看板の中身を詳しく読んだら、

なんかぁ
そこの、

ロープで囲ってあるあたり、
カルガモが巣作ってて、

どうかそっと
見守ってあげて欲しいと、

記載あり。。。
   
見守って凛.jpg
   
更に、
最後の方には、

犬を散歩している方は、

どうか犬を
そのロープの囲いん中、

入れないよう・・・・に・と。
    
エッエ!

もう 「 凛 」 が、
もろに囲いん中に入って、

頭つっこんでまんがな。。。
     
 
 「 コラ〜! 」

 「 凛 」

 「 出ろ! 」

 「 バカ。 」
  

まことに勝手な飼主です。。。。。。

そんなもんだから、
花火も自粛して欲しい.....と・の記載も。
     
 
そりゃぁ、そうだ。。。

   
かるがも柵.jpg


多摩川の、
こんなとこにも、

自然が・・・あぁ〜自然が、

戻ってきてるんやぁ〜。

そんな優しい気持ちになりました。


カルガモの今後の健やかな成長を
静かに、
そぉ〜と、
見守ってあげたい・・・と
願わずにいられなくなりました。。。。。・…━━ ★


2007年6月27日

ザ・梅雨

[テーマ:徒然なる日常]

ダム.jpg
   
昨日の朝  

am8:00近辺の、

犬たちの朝の散歩コースの、

会社近くの裏手を流れる、

多摩川の...流域。。。。

「 メッチャ、梅雨らしいでんなぁ〜 」
    

水門棟.jpg
     
霧にむせびたたずむ・・・

あの幻のパシフィックホテル。。。。。。
   
うんなわきゃ・・・、

あるわけありまへんがな。。。。
   

水門棟が....たたずんでるんどす。。。。

「 もう、梅雨梅雨つゆつゆしてまんがな。 」
    

調布方面.jpg
      
対岸の景色は・・・・・ニューヨークマンハッタン。。。。。

ほんなアホな。。。
   

東京都は調布市。。。。

あっち側にも、ダルメシアン3頭含め

素敵なワンちゃんがいっぱいます。。。

「 こんな日でも、やっぱりワンちゃん散歩してる・・かな。 」

どんより霞んで、よく見えまっしぇん。
     

ラジオ体操.jpg
     
護岸工事のおじさん達が・・・・・始業前のラジオ体操。。。。

こんなに霞んでても、雨は降ってないんです。

しかし、空気中の水分は、

もう過飽和寸前状態の感じで、

「 雨になりたくって、しょうがありません。 」

って、叫び声が聞こえてくるようです。
     

登戸方面.jpg
      
さぁ、Uターン・・・・・会社の方に戻ります。

「これぞ梅雨。梅雨ってぇのは、こ〜んな感じ。」
   

今年初めて、

梅雨って、

「 本来、こうなんですよ。。。。。 」

って、しっかりとお天道様が、

主張していた 昨日の朝 でございました。


2007年6月22日

? 真っ緑 ?の世界

[テーマ:徒然なる日常]

今朝は、

今年の梅雨としては、珍しい?

あやしい曇り空。。。。

久しぶり、

恵みの雨になりますやら・・・・・


下の写真、

昨日の朝、

我が家の2階、

私の書斎 の 窓越し から見える、

うちの 「 狭いお庭 」 です。
 
 
胡桃公園.jpg
 
 
なぁ〜んてのは、

? 真っ赤 ?な ウソ です。
  
  
  
東京と神奈川の境界を流れる

多摩川 の 中流 にある

「 胡桃 ( くるみ ) 公園 」 です。 
 
 
 
今の時期、

今年の多摩川の流域沿いは、

ご覧の通り・・・・

? 真っ緑 ?に映える景色です。
 


真緑遠景.jpg
 
 
真緑グランド.jpg
 
 
 
そんな

? 真っ緑 ?に覆いつくされそうな中で、

? 黄色 ?い花の一群が.....

ポォ〜と緑色の中に浮かんでるかのように....

陣取っているのが目に入ったら。。。。。。
 
 
なぁ〜んとはなし、

こんな 無粋な オヤジでも、

ホッ となって、

癒されるような気分になるのは。。。。
 
 
もしかして、

    ひょっとして

        ・・・・・・・? 恋 ?の仕業?
 
 
 

うんにゃ。。。。

   それは、 

      間違いなく、

         ・・・・・・・? この暑い空梅雨 ?の仕業です。
 
 
真緑に癒効果.jpg


2007年6月20日

? 燕たち ?の巣立ち

[テーマ:徒然なる日常]

会社の右斜め前の、
道路を挟んだ反対側に、
スナック 「 麻耶 」 があります。
 
 
麻耶.jpg
 
 
その 「 麻耶 」 の入り口の
照明と壁とのすき間に、
毎年、? 燕 ? が巣作りします。
 

燕の巣1.jpg
 
 
? 燕 ? の巣作りから子育ては、
近隣の私たちにとって、
また、「 麻耶 」 のマスターにとっても、
季節の ‘風物詩’ としての、
楽しみのひとつになってきています。 
 
 
 
燕の巣2.jpg
 
 
しかし、
去年は、まだ? 燕たち ?が 雛 の時期に、
早朝、カラスに殺られて、
巣が半分破壊され、
以来、それきり 燕の姿 は見なくなりました。
 
 
 
燕の巣3.jpg
 
 
でも、今年は・・・・・
朝夕見るたんびに・・・・・

「 オゥ!よしよし。。。順調、順調。」

「 はやく、おっきくなれよ。。」

と、心ん中で、応援してた甲斐あってか。。。。? 燕たち ?

ご覧の通り、

もう巣立ちの直前にまで、

無事成長できたみたいです。
 
 
 
巣立ち4.jpg
 
 
去年は、

カラスに殺られて、

ガックシだった・・・・ 「 麻耶 」 のマスター。

しかし、

今年も、

去年と変わらず、

毎日、

開店前には、

入り口正面の縁石に

山と落ちている? 燕たち ? の 糞 の後始末を、

いそいそと綺麗に掃除してた・・・マスター。


その 「 麻耶 」 のマスターが、

この? 燕たち ?の巣立ちを、

間違いなく、一番に、

喜んでいることは、想像するに難くありません。。。。エガッタ、エガッタ。


2007年6月19日

「 胡桃 」、さぁ何て読むんざましょ。。。

[テーマ:徒然なる日常]

ダルメシアン 「 もも 」 を飼って、
今に至っては、 「 凛 」 もおりますが・・・

ともかく、
スポーツ系 ドッグを飼ったら、
毎日、日に2回、朝と夕、
トイレのこともありますが、
ストレス発散のため、
最低でも都合1時間、できれば2時間、
お散歩をしなくちゃなんないわけです。

今の時期の・・・
このくそ暑い炎天の中を
汗だくになって、
屋外をうろつきまわっている自分は・・・

犬を飼う前の、
まぁ、歩かなかった、
いやぁ、動かなかった、
当時のアタクシからすれば。。。ですね

今の自分は、もう? 奇跡 ? としか言いようがありません。。。。

で、
犬たちのお陰さまで、
否が応でも・・・日々
屋外をうろついておりますてぇ〜と、

実は、いろいろと良いこともあるわけでありまして・・・

健康になるなんてことは、申すまでもないことで・・・

季節の移り変わりを、
肌で感じるようになった自分に気付かされます。

まっ、春なら桜。。。もう6回も愛でさせて頂きました。

そうして、この季節・・・です。

下の写真の木は、何の木だと思われます。

 

胡桃の木遠.jpg
 


私は、犬を飼うまで、この木を、知りませんでした。


胡桃の木近.jpg
 
 

いや、初めて、この木の? たわわな果実 ?を見つけたときは・・・
 
「これは、すもも か?」
 
 
胡桃の実1.jpg
 
 
 

「 びわ とは、違うよな。。。」

「 梅 か。。。ウ・ウ〜ん。。」
 
 

胡桃の実3.jpg
 
 
しっかし、こんな たわわ になってるのに、

「 カラス も、喰わっねぇって、のは、どゆうこと?」 
 
 
 
胡桃実2.jpg
 
 
後日、近所のお年寄りから、

「 あぁ、あれぇ。あれは、胡桃 ( くるみ ) ですよ。」

「 この先 ( 多摩川の下流 ) に、胡桃公園っていう公園もありますよ。」

って、教えて戴きました。

犬たちとお散歩することで、

バカ が、ひとつ賢くさせてもらいました。。。。


2007年6月16日

多摩川の風物詩

[テーマ:徒然なる日常]

昨日の東京は、
今年、初めての真夏日だったとか。。。

でも、昨日の朝 am7:30 頃の多摩川の土手、
犬たちの散歩コースは、
写真でもわかる通り、
今にも雨が降ってきそうな・・・曇り空でした。
 

昨日のダム.jpg
 
そして、今朝の、
昨日と同時刻の多摩川の土手。

雲ひとつありません・・・天晴れな晴天。

更に更に、土手の脇を覆い尽くすかのように、
青々と茂っていた雑草というか、様々な種類の草木が、
昨日のうちに、綺麗に散髪されていました。
 
散髪ダム.jpg
 
 
下の写真は、先週の日曜日の朝の多摩川の土手。
 
多摩川.jpg
 

そして、今朝。
 
散髪4.jpg
 
 
上の写真の反対側。。。 
 
散髪2.jpg
 
 
この季節の多摩川の土手っぷちの・・・散髪は、
犬を散歩させる人なら、どなたもが、
きっと待ち望んでいる ? 風物詩 ? のひとつです。


2007年6月10日

子離れ・・・

[テーマ:徒然なる日常]

長男が、
家をでて、
会社の寮に移って・・・・はや半年。

中2の次男は・・・と言えば、
こちらも、今日は、
朝の早から家を出て、
友達と映画の鑑賞ですと。。。。

パイレーツなんちゃらとかを、ご鑑賞なさるそうな・・・。

当たりまえっちゃぁ、当たり前ですが・・・
いつまでも、くっつきまとわれてちゃぁ、迷惑。。。。
そう、迷惑っちゃぁ、迷惑なんだけど・・・

自立してもらわなきゃぁ、困るんです・けん・・ども・・・
いっつも一緒に居るもんだ状態のものが、いなく・・なる

最近、ポツンと夫婦二人になることが、ある。。。

こうして、だんだん、子離れに慣らされていくのか・な・・・って。

だから、今日の朝のお散歩は、夫婦二人。。。

いつもと、おんなじ・・・まずは多摩川。。。。

「 凛 」 ちゃん、? しっこ ?で、

シャッターチャ〜ンス!。。。カシャリ♪

ママ、3頭曳きも、お手の物。


多摩川.jpg
 
 
多摩川から下りて、
JR南武線の中野島駅界隈、
気の向くままに、お散歩です。

こうしてカメラで撮ってみると・・・
中野島界隈って、田舎くせぇ〜。。。

右手前方の緑は、梨畑でございやす。


梨.jpg
 
 
キャバリアの 「 イヴ 」 は、
この10月で・・・・・・ 7歳。
最近では、
気が向かないと、
お散歩の途中で歩かなくなることも、ままある・・とか。

でも、
「 もも 」 や 「 凛 」 と一緒なら、
ピッチ走法復活で、
楽しそうにお散歩してます。。。。ルンルン・ルン♪

? 群れの動物 ?犬の犬たる所以でしょうか。。。
 

カリタス.jpg


2007年6月 7日

汗だくです。

[テーマ:徒然なる日常]

今日も今日とて、
「 もも 」 & 「 凛 」
二頭引き連れての朝の散歩。

am7:30〜 
多摩川っぷちで、
トイレを済ませたら・・・

am8:00〜8:45
土手から下りて、
JR中野島駅を中心にして、
およそ1時間。

ほぼ、毎朝1時間。

通勤の人ごみ
通学の子供たちの列
車の往来
南武線の踏切り
   ・
   ・
人との共生に慣らすため・・・
一人と二頭のお散歩
今朝も、歩いて参りました。
 
 
ここ6月に入るや、

気温も25℃前後

二頭合せて約40kg

そんなんを、・・・そう、そんなんを

引き連れましての毎朝恒例の散歩。
 
 
今週に入ってからは・・・・・

散歩から帰ってきましたら、

もう汗びっしょり。
 
 
で、

もう丸々5年。

こんな犬たちとの生活で、

改めて、

メタボ寸前・・・否、メタボだった この私 が、

すっかり、健康に自信を

取り戻すことができるようになったのは、

毎朝の、犬の散歩のお陰だなぁ〜と実感しながら、

汗だくのシャツを着替えているのでありました。


2007年5月23日

kurinさん、私の名前は?二酸化マンガン?

[テーマ:徒然なる日常]

そう、
何で犬って牛の爪なんか好きなんでしょうか・・・
わが弟は、牛の爪切りを生業としています。
削剃師(さくていし・多分こんな字)という国家資格なんだとか。

牛は、常に爪先立ちのような物なので、
爪を上手に切って貰うと搾乳量が違ってくるそうです。

そのため、
弟が行くと牛も気持ち良くなって喜び、
その家の飼い犬は、
削った爪をもらって大喜びなんだとか。

kurin (2007年05月22日 23:10)
 
 
kurinさん、
コメントありがとうございます。
削剃師というお仕事があるということ、
こんな拙いブログでも書いているからこその
いい勉強をひとつさせてもらいました。
 
? 知らないより、知っている方が豊かである ?
という言霊が想い浮かんできました。
 
そして、やっぱし、なにより、
あぁ〜、こんな私のブログでも、
読んでくれる方がいるんだなぁ〜と思うと、

「 有難い 」 を通り越して、

「 忝い 」(かたじけない) 気持ちになります。。。合掌。
 

で、
真面目な本性を顕わに曝してしまうと、
も一人のテレ屋さんの自分が出現してきて、
オチャラカしたくなる。

この生来の性分で、
よく母や、親戚の叔母たちに、
「 なんで、素直に、喜べへんの。 」 って、
子供ん頃から、お叱りのお言葉を頂戴したもんでございます。
 

で、
ここからは、
テレ屋のも一人の私、登場。。。テケ、チャンリン、チャンリン、デンデン。
 
えぇー。
私としては、
ところで、
? ももパパ ? という苦し紛れで、
私がつけた、コメントを頂戴した方に、
返信コメントする際使う、私のペンネーム?

「 ダッサ! 」 と思いません?
 
? ももちち ? っていいかな? でも、ちょこっとHっぽいか?ブヘヘヘ。
? ちちもも ? は、それ以上か。。。ハハハ。
 
? ヒンマガール ? は、女性に間違えられそうだし。。。。
? チンマガール ? は、顰蹙(ひんしゅく)ものだし。
 
? ガングリオン ? ってぇ、面白いんじゃないねぇの、
って思ってんのは、俺一人。。。。。。。○×△□?

そんじゃぁ、ママに

? ガングリーナ ? あげるって言って、
ペアルックみたくして使わないって、
もし言ったら.....間違いなく、絶ってぇ、嫌がる!
 
 
? 二酸化マンガン ?

? チベタン ?

いっそ、? リチャード ?
 
 
辛口コメントの時は、

? 豆板醤 ?

? XO醤 ?
 

ちょっと、おちょけたコメントのときは、

? チポン ?

? 珍太 ? って使ったら、

また家族に...イ〜や、親類にも、

怒られるナ。

 である。。。。。。ならば、

? オコラネーナ ?

? イカリターナ ?

? ワラワシーナ ?
 
 

書いてて・・・・・・・・自分でも、アキレた。

で、

とどのつまりの

? ももパパ ?

で、ブログの後仕舞いをするのでありました。


2007年5月16日

凛バカ

[テーマ:徒然なる日常]

凛棚1.jpg

凛ちゃん、いないと思ったら・・・


凛棚2.jpg

スチール製の移動棚の下、潜り込んで・・・


凛棚3.jpg

やたら、ジィーッと、おとなしいのは・・・


凛棚4.jpg

実は、出られなかったんだ。。。凛のバ〜カ!


2007年5月 7日

ドッグデイ(犬の日)の続き

[テーマ:徒然なる日常]

5月4日(みどりの日)は、
ダルメシアン 「もも」 と 「凛」
二頭のシャワーデイ。

キャバリアの 「イヴ」 は、
前日の駒沢公園。
長男とたまたま出会えた際、
「カフェでもしよう!」と私が長男を誘い、
犬連れの入店OKそうな、
駒沢通り沿いのカフェへとび込んだ際、
そのお店では、
ありがたいことに、
犬のシャンプーサービスまでやっていて、
偶然予約の空き時間に遭遇したみたいで、
そんなら・・・つうことで、
私と家内と長男、
それにダルメシアン二頭は、
くつろいでソファーに座って、
お茶している間、

キャバリア 「イヴ」、
ガラス貼りのトリミングルームで、
大きな男性トリマーによる、
シャンプーリンスタ〜イム。

だもんで、
「イヴ 」は、すでに綺麗キレイにしてもらっていたので、
シャワーの必要がなかったのと、
加えて、
「イヴ」 は、連日連夜のGW恒例の、
会社お泊りというか、
ダルメシアン姉妹との強化合宿で、
ホトホトお疲れのご様子だったので、
その日は、のんびり会社で休息を兼ね、
ひとり、ゆっくりとお留守番。

一匹欠けたとは言うものの、
我が家の犬どもの
強力なお世話係りの次男が
前述通り、部活で不在。

家内と二人きりによる、
初の 「もも」 & 「凛」 のシャワーデイ。

いつもの京王多摩センターの 『わんニャンワールド』。
そこのセルフシャワー1頭/30分/¥500を有効利用しての、
本日は、前日とうって変わっての
我々夫婦による、「もも」 & 「凛」 自力シャワータ〜イム。

「もも」担当、ママ。
私、「凛」。

「もも」 は、シャワー慣れしているとは言えども、
ママとしては、初めての大型犬担当。
となりの浴槽には、先客のスピッツ。
そのスピッツが気になる模様の 「もも」。

そんな状況下でのママ。
孤軍奮闘を祈るしかない私。
いつもなら、次男のアシストに期待がもてるのだが・・・・。
ともかくその日は、
ぜ〜んぶ、ママ、勝手にやってチョンマゲ状態。

だって、私はと言えば、
シャワー慣れなんて、ほど遠い、
浴槽から隙あらば大脱走の、「凛」 担当。

そも 「凛」 は、生まれてから、
その日で、シャワーは、3回目っかなぁ〜。

雨の日の散歩で、
ウンチ出ないこと、しばしばの、
濡れるのダイダイダ〜イ!キライッ!!の 「凛ちゃん」。

脇目もふらずの30分一本勝負。
私は、無我夢中、一所懸命、悪戦苦闘で、
となりのママチームに、当初予定の通り、
全く余裕なく、ケアするどころか、言葉ひとつかけられないまま、
終了のゴ〜ング。

でも、「凛」 綺麗になった、綺麗になったと
なんども自画自賛する私。

そして、

帰りの車中、ゲロッピーした 「凛」。

てんやわんやのドッグデイ。
これも今年のGWの、忘れられない一日になりました。


2007年5月 6日

ドッグデイ(犬の日)

[テーマ:徒然なる日常]

一昨昨日(5月3日)、一昨日(5月4日)と、
久しぶりの二日続きのドッグデイ。

我が家で言う、ドッグデイとは、
犬達に思いっきり時間を費やす日のこと。

殊に、この二日間は、
中学生の次男が部活のため、
少し前から、
家内と
ドッグデイにしようと決めていたもの。
 

まずは、初日の5月3日の憲法記念日。
ダルメシアンの 「もも」 & 「凛」、キャバリアの 「イブ」
都合3匹を引き連れて、駒沢公園へ。

いるわ、いるわ。
さすが駒沢。
世界各国の珍らしい犬が・・・うじゃうじゃと。
まるで、犬種図鑑のライブバージョンの様相。

ビズラ
ワイマラナー
サルーキ
グレートピレネーズ

ジャーマンシェパード
スタンダードプードル
オッターハウンド
バセットハウンド
ラフコリー

アイリッシュセッター
ゴールデン
ラブラドール
フラッティ

フレンチブル
ボストンテリア
ブルテリア
ノーフォークテリア
ベドリントン
ジャックラッセル
ヨークシャー

イングリッシュスプリンガースパニエル
キャバリア
パピヨン
チワワ
トイプードル
バセンジ

コーギー
ビーグル
柴犬
イタリアングレーハウンド

ざぁ〜っと、出会って憶えているだけでも、こ〜んなに。

殊に、よく躾の行き届いた若い♂のビズラに会えて、
更にその飼主が、30前半の若い男性であったのには、
少なからず驚きと感動をおぼえましたし、
ボストンテリアは、最近ブームなんでしょうか、
一度に複数頭見せてもらいました。

そして、なんと言っても感激したのは、
近くの環八を走行中の仕事帰りの長男と、
たまたま偶然運よく連絡がとれ、
駒沢公園に立ち寄ってくれて、
久々に会えたこと。

わずかな時間ではありましたが、
元気そうに働いている様子が垣間見れ、
犬達、中でも、幼犬時にやさしく世話してもらった 「もも」 は、
殊のほか、喜んでシッポをふりまくっての大歓迎でしたが、
それ以上にこの私、
こみ上げてくる微笑からして、一番喜んでいたのかも・・・。

「うれしかったぁ〜。」

今年のGWの一番の思い出になりました。


2007年5月 3日

凛・ちゃんどぇ〜す。

[テーマ:徒然なる日常]

凛ですよ.jpg
こんにちわ、凛です。

実はイスの上.jpg
実は、イスの上。

寝よっかなぁ.jpg
寝よっかなぁ〜。

寝〜よ.jpg
寝〜よ。。

おやすみ〜.jpg
おやすみ〜。。。。。

爆睡中.jpg
爆睡中。

ふぁ〜.jpg
ふふぁ〜。

ボッケ〜.jpg
ボッケ〜。。。

凛ちゃんでした.jpg
凛ちゃんでした〜。


2007年4月29日

まぶしいな、ティンティン君

[テーマ:徒然なる日常]

先述の通り、

まだ、会社に 「もも」 のいない、

今から5年ほど前の、

当時の私の体型を端的に解説すれば、

お風呂に入って、

お風呂のイスに座って、

私のも一人の倅?、息子?、・・・ティンティン君?

そのティンティン君は、

小高く突き出た山のような、

私のお腹のでっぱりに遮られ、

彼の頭の先が、

かろうじて、

チョ、チョ、チョコっと

見えるかぁ〜、

見えないかぁ〜、といった状態でした。
 
ですから、

「お〜い、倅や〜い!」

と声かければ,

     ・
     ・
     ・

しばら〜く間をおいてから、

「ハァ〜イ!、お父さ〜ん!!」

っていう状況でありました。

しかし、

アウトドアーの運動大好きダルメシアンを飼ってしまったことで、

毎朝毎夕、

ブログを更新しない日はあっても、

犬達の散歩に始まる、

犬達の世話をしない日はない毎日。

しかも、

犬達のお住まいは、

自宅から車で10分の会社。

ここ、特に 「凛」 が来てからというもの・・・・・・

自宅でテレビを見ながら、

ゴロ〜ン、ゴロンと、

チョ〜超、リラックスしてぇ〜の、

食っちゃ寝ぇ〜、食っちゃ寝ぇ〜の、

「あなたは、まるで、土左衛門(水死人)。」

と女房が言ったのを、

「お父さんは、ドラエモン。」

と子供が聞き間違えた・・・・みたいなぁ〜。。。。。

自堕落と言われるのか、

自分流には、

実に、まったりとした至福の時間というものを

とんと味わった記憶が、全くもって、ござんせん。

朝に、夕に、

晴天、曇天、雨天に関らず、

強風、台風、雷ものともせず、

一回の散歩で、平均3〜4km。

ときにチャリンコで、7〜8km。

今の私の至福の時間と言えるものは、

犬どもと一緒くた、

ごっちゃごちゃ〜の、ゴッチャゴチャ。

くんつ、ほぐれつになっての、

会社の机の下での、うたた寝。

こんなちょっと視点を変えれば、

ホームレスのような生活を送っておりやしたら・・・・

気がつけば、

 ・汗をかくことが苦にならない人種へ変身。
 ・身長173cmは変わりませんが、体重は、7kg減の75kg
 ・ウエストトも、5cm減の83〜85cm
 ・頭囲60cm、股下76cm、足26.5cmは、遺憾ともしがたく、まんまなれど
 ・首周りが、45cmから、おそらく43cmへダウン
 ・メタボリックシンドロームからは、少なからず、遠ざかった実感あり。

今では、

お風呂のイスに座って、

直下のティンティン君に

「オイ、ティンティンくん!」と声かければ、

まぶしいくらい、

明るい笑顔のティンティン君が、

「ハイッ!お父さん!!」 って・・・即座に、

返事が返ってくるようになりましたで、や〜んす。


2007年3月11日

お〜い、倅や〜い!

[テーマ:徒然なる日常]

まぁ、WEB検索であれ、書籍であれ、
ダルメシアンという犬について調べると、
共通項のように、必ず出てくる特徴としては・・・

 ・運動量大、又は膨大。 
 ・なによりも走ることが大好きな犬種。
 ・ストレスをためない為には、毎日2回の散歩は絶対。
 ・30分〜1時間程度の自転車による引き運動は効果有り。
 
ダルメシアンという犬の特徴が運動量膨大ですから、
必然的にペアとなってくる、その飼い主の資質、条件は・・・

 ・アウトドアーな生活スタイルの人。
 ・ウィークデイに、朝夕1時間程度のお散歩の時間が割ける人。
 ・週末、郊外の公園や河川敷で、スポーツ感覚で犬と遊んでやれる人。

以上のようなアウトドアー指向のライフスタイルの方には、
ダルメシアンという犬は、もう、ピッタリな犬種でございます、とあります。

ダルメシアン 「もも」 の飼い主となった、今から5年前当時の、
わたしという人間の特徴と、そのライフスタイルは、と言えば・・・

 ・なによりも歩くことが嫌だった人種。
 ・身長173cm/体重80〜82kg
 ・ウエストト88〜90cm/頭囲60cm/首周り45cm
 ・股下76cm/靴サイズ26.5cm
 ・完璧メタボリックシンドロームの一歩手前
 
まぁ、自慢じゃござんせんが、
まんま、ホルマリン漬けにして、
理科室かなんかにかざっちゃって、
2〜3世紀後の後世の子供たちに、
20世紀末の近代工業化社会の終焉に活動した、
我々日本人と言われる先祖の、
当時一般的に普通に見られた、
標準体形の中年のオス(♂)の標本・・・・になれたこと、

 ・・・・・想像するに難くない。

まっ、ともかく、私は、
20世紀のモータリゼーションの申し子。

どこへ行くにも、ヤレ車。
なにをするにも、ホレ車。

今から十数年前の、
長男の幼稚園の運動会、
久々の全力疾走。
大勢の親御さんが見守るコーナーで、
思っきり顔面から、すっ転んで以来、
走るなんてトンデモ、
歩くことすら忘れてしまいそな人間。

それが、当時の私という人間の資質だったんです。

だから、追って知るべしで、
わたしのライフスタイルはと言ったら・・・筋金入りのインドアー。

雨ニハ勝タナイ、風ニモ勝タナイ、
暑イ夏ハ、汗ナンゾ絶対カカナイ、
出来ルダケ冷房ノキイタ場所ニ居テ、
寒イ冬ハ、ヒタスラ暖ノミヲ求メ移動シ。。。。と言った生活スタイル。
 

下世話な話で申し訳けありませんが・・・

今から5年前当時、

お風呂に入って、

お風呂のイスに座って、

もう一人の倅?、息子?、・・・ティンティン君?は、

小高い山のようなお腹のでっぱりが邪魔をして、

彼の頭の先が、かろうじて、
チョコっと見えるか見えないかといった状態。
 

「お〜い、倅や〜い!」

  と声かければ,

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

  遠くの方から、

「ハ〜イ!、お父さ〜ん!!」

って状況でした。


2007年2月11日

そや、ブログやってたんや!

[テーマ:徒然なる日常]

次男が、中間試験前で、

午後から、学習塾へ。
 

それじゃぁ てぇんで、女房と二人。
 

我が家の犬ども引き連れて、

「今日は、ドッグデイ!」 つうことに決まりまして、
 
 
「・・・で、どこ行く?」 ってことになりまして、
 
 
朝夕の、犬の散歩の途中での、

井戸端ならぬ、道端会議。
 

随分以前の、そこでの会議で・・・・
 

深大寺のドッグランは、

この辺りでは、近いし、広い。
 

と聞いてたこと思い出し、
 
 
そいでもって、私と女房、二人とも。。
 
深大寺蕎麦は食べたことあるけど・・・

 
深大寺のそばも、車で通ったことあるけど・・・・

 
深大寺そのものには、まともに行ったことないから・・・・・
 

「そんなら、犬連れて、行ってみよ!」
 
うまいこと、意見が一致いたしました。

ほんでもって、その深大寺へ行って参りました。
 
 

まずは、深大寺のドッグランで、少し犬を遊ばせたら、

深大寺の植物園の周辺を、グルゥーと犬連れで、散策。
 

ま、散策と言いましたところで・・・
 

女房の方は・・・・
ま、スイッチが入らなければ、優しい、おとなしいキャバリアの 「イヴ」 を連れ、

私の方は・・・と言えば、
毎度、ビミョ〜にリズムのかみ会わない 「もも」と「凛」を引き連れましての、散策。
 

お天気そのものは、ひじょうに良かったのですが、

公園内を吹き抜ける風が、結構、冷たかったのと、

「もも」&「凛」二頭曳きのお陰で、私的には、体力消耗。
 

やぁ〜とのこと。

すこし落着けそうな芝生の丘を見つけ、

ようやくのこと、休憩タ〜イム。
 

・・んでぇ、休憩モードに入ろうとした瞬間。
 

「そや、俺、ブログやってたんや。」 を思い出し・・・・
 
 
 

えぇー、わたくし、ブログを始めてすね、

えぇ、・・・・思うんです。
 

ブログをやられておられる、皆さんにおかれては、

今日の私のような、こんな状況で、

「ホッ!」

とする瞬間、

「あっ!写真とっとかな!!」 が、

ついつい習い性になってきてませんか?
 

まま、そんなこって、

「ママ、こりゃ写真撮っとかなあかんわー。」 で、

撮りました写真が、こちら。
 
 

「お〜い、お前ら、ちゃんとせ〜よ。」 って私の声が聞こえてきますか?
 

深大寺1.jpg

 

君達、ようやぁ〜っと、まとまってきてくれましたかいな。。。
 

深大寺2.jpg


ハハ、ハハ、ハハ、ハイ!ポーズ!!
 

深大寺3.jpg


会社に帰って、「もも」と「凛」。

ハッハッハッハッハァー!大分、お疲れのご様子でぇ。
 

深大寺4.jpg


2007年2月 4日

みっちゃん!

[テーマ:徒然なる日常]

昨日の夕方のことでした。

ダルメシアンの 「もも」 と 自転車で散歩してた時のこと。

丁度、その日の散歩の折り返し地点あたり。

府中街道沿いの舗道。

私たちの進行方向右手。

舗道沿いに、停まっている白いワンボックス車。

その白いワンボックス車と舗道を挟んで動物病院。

病院前の駐車場、既に満車。

白いワンボックス車の脇に、男の人(私的には、オッサン)。

なにやら車のドア越し、運転手と立ち話。

決して広くはない舗道。

オッサンに、注意を払いつつ・・・・・・

駐車場の車の列にも、注意を払いながら・・・・・・

私たちは、その間をすり貫けて、通過した瞬間。

070204_163311.jpg

後ろから、

「オウ!みっちゃん。」

と呼ぶ声。

「みっちゃん。」

あのみっちゃん、みちみち、うんKたRてぇ〜の、 「みっちゃん。」

もう、かれこれ40年。

誰一人、私を、そう呼ぶことはなかった。

私の小学生時の呼び名、 「みっちゃん。」

まったく、不覚にも、この私を、条件反射の如く、反応させて、

私と 「もも」 の足をとめ、Uターンさせた、

070204_163323.jpg


なぁ〜んか、こう、なつかしいような、

むか〜しきいたことあるような、

その声がした方を振り返ったら・・・・・・

さっきの白いワンボックスの運転席。

ハンドルに腕を組んでのせて、

その腕の上の方、顔が笑ってる。

幼馴染(おさななじみ)のフルこと、古谷くん。

工務店の社長さんなんだが、

大工のフルの方が、私的には納まりがいい。

小、中学校同窓の古谷くん。

「オゥヨ!フル〜。久しぶり〜。」

「こんど一回、飲みいくかぁ。」

「だけぇ、オメェ、酒飲まねんだったよな。」 って、私。

「オネェちゃんがいるとこなら、俺、どっこでも、つき合うぜ。ハハハハ」 と、古谷くん。

立ち話のオッサンは・・・と言えば、

「オメェも、顔ひろいよなぁ。じゃぁ、またこんど。」 とかって言って、

車から離れて、病院の方へ歩いてく。

古谷くんとこも、工務店で、ミニチュアダックスフント♂を飼っている。

そのダックスの耳に、豆つぶ大のしこりができて、通院してるとのこと。

でも、悪性じゃなく、大事には至らないとのこと。

「夫婦で可愛がってるから、心配したろ。」

「よかったな。じゃぁ、またな〜。」

「オウ!」 と運転席で、軽く手をあげた、フル。

070204_163145.jpg

随分、長い年月、会わなかったのに、

餓鬼んちょ(子供)の頃の友達って、

50歳になっても、

あっという間に、

あのやんちゃな子供時代のまんまへと、

タイムスリップさせてくれるもんだよなぁ〜。

声かけてくれて、アリガトな!フル。


2007年1月26日

朝のご挨拶なのだ!

[テーマ:徒然なる日常]

毎朝の、犬の散歩。

「笑ゥせぇるすまん」
喪黒 福造に、

どうも、どっか似てるらしいという噂の、 この私目が・・・

forum_front.jpg
 

これまった、
ド派手な ネオンサインを、
点滅させて歩いてるぅ〜、
みたいな ダルメシアンを・・・・

それも、
1匹では飽き足らず、
2匹も連れて、
散歩しておりますてぇ〜と・・・・・

どなた様がご覧になっても、
やっぱしぃ、
とっても目立つようでございまして、

すれ違う人や
同じ犬連れの散歩している方達とは、

あっという間に、
顔見知りになってしまうわけでして・・・、

よって、

すれ違った翌朝から、
しっかり朝の挨拶を
交わすようになるわけでして・・・・・・。
 
 
 
その毎朝交わす挨拶で、

普通に、頭出しは、

「おはようございま〜す。」
 
今頃の季節なら、その後ろに
「寒いですねぇ。」
とか
「今日は、とくに冷えますねぇ。」
とか、

なんつぅのをつけて、
お仕舞いにするのが、
まぁ、自然なパターンとでもいいましょうか・・・・・・。
 
 
しっかしぃ、
1年365日、毎朝、毎朝、
喪黒福造が、ネオンチカチカの犬連れ散歩を
してめぇりやすてぇ〜と、
 
 
朝の挨拶にも、
ひとひねり工夫を凝らしたくなるってぇ〜のが、
私の良い所ちゃぁ、良い所・・・。
 
余計な所ちゃぁ、余計な所でもあるわけなんですが・・・・・・・・。
 

まぁ、私的には、
わかっちゃぁいるけど、やめられない、とまらない。
 
で、
 
どうせやるなら、
朝ッパラから、
挨拶を交わした者同士、

パァ〜ッと気持ちが明るくなるような、
そんな朝のご挨拶は、
ねぇもんでございましょうかぁーと、
考え出しましたのが  これ!


お天気のよい晴れた朝は、当然のこと。

曇りや、
少々の小雨なんか、

ヘッ!とも思わず、    わたしは・・・

 

「おはようございま〜す。」

「気持ちのいい朝ですねぇ。」

「今日も一日、よろしくお願いしま〜す。」
 

最近は、これで、

ズゥーと!押し通しているのダ。。。。。。。ダハハハハ


2007年1月 5日

「あ〜い!とぅいまてぇ〜ん」ですよ。

[テーマ:徒然なる日常]

犬を、自宅ではない、会社で飼うということは、
年末年始、ゴールデンウィークに、お盆は言うに及ばず、
雨風、台風に、大雪と言えど、一年365日
基本的に、飼主である私は、
朝に夕に、だいたい定刻には、会社にいて、
犬達の世話をしてやらねばいけないわけです。

そんな私の日常を聞いた方は、みな一様に、
「たいへんですねぇ〜」と、半ば呆れた反応を示されます。
そんな反応に、私は、「好きなもんですから」と、素直に回答します。

夜も明けやらぬ早朝に、
釣りやゴルフにイソイソと出かけられる方達と
わたし的には、おんなじ感覚なんです。。が。。。

純粋に、犬と一緒にいると楽しいんです。

そんな犬達と、二宮尊徳のような、実直で、真面目な
規則正しい日常を、5年近くも送って参りますと・・・・・

サラリーマン時代
あんなに、あんなに、あんなに好きだった、
煙草に、居酒屋、カラオケ、スナック。
スナックっていうか、スナックに勤めている
おねぇちゃん?おばさん??・・○×△□
それに、さんざんきこしめした後で、始発電車待ちに食べる、
あの、ホレ、まったく、実に、身体に良さそうな脂っこゆいラーメン。

そうした私の大々大好物から、いつの間にやら、
じぇ〜んぶ、足が遠のいちゃってるということは、
取りも直さず、あの頃の、仲のよかったチョイ悪おやじ連中には、
ひどいを通り越えたむごい、ご無沙汰と不義理の連続を、
ぶっこいてしまっているというわけで、
ブログを借りて、今ここで私は、みんなに謝りたい。

「あ〜い!とぅいまてぇ〜ん」


プロフィール
  • 「もも」と飼主の?コムデック社長/多羅尾光道
  • 「もも」は、(株)コムデックのマスコット犬(看板犬)
誕生日:2001年8月4日生
性別:雌(♀)避妊手術済
ペットショップにて衝動購入
四つ違いの妹分、凛(♀)とコムデック事務所に住まう
性格:まじめ
カレンダー
  • 2012年6月
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
テーマ
アーカイブ
コメント
トラックバック

盤屋さんの社長のブログ TARAKOのこんなところで活躍 犬が好き!人が好き!看板犬"もも"のブログ アイデアのタマゴを育てます。 TARACO